「オキシトシン鼻スプレー」は連れがいる男性が他の女性と近付くのを防ぐ (カテゴリー:性・生殖)


2013/11/29

オキシトシン鼻スプレー」は連れがいる男性が他の女性と近付くのを防ぐ

 人間を含めいくつかの動物はオスとメスが1対のペア(一夫一婦制)を作る習性があります(一部、人間でも例外的な文化もありますが)。我々が一夫一婦制を維持するのは「倫理感」からと考えているかもしれませんが、倫理感など関係無い人間以外の動物で、どうして一夫一婦制の習性がある動物種と、無い動物種がいるのかはよく分かっていません。

 今回、ドイツのボン大学の研究者Dirk Scheeleらは別名「幸せホルモン」と呼ばれる「オキシトシン」というホルモンが一夫一婦制の維持に関与していることを報告しています。異性とペアを作ることにより男性の脳内で分泌されるオキシトシンは他の女性に近づくのを妨げているようなのです。

 研究者らは既婚・独身合わせて86人の健康な男性ボランティアを雇いました(平均年齢26歳)。そしてこの男性にオキシトシン鼻スプレーまたは、偽のスプレーを投与し、45分後に次のようなテストを行いました。(どちらのスプレーを誰に投与したかはボランティアの男性も研究者も、実験終了後まで分からなくしてあります(プラセボ対照ダブルブラインドテスト))

●実験1/現実の女性
ボランティアの男性と魅力的な女性(ボランティアで採用)を最初2mの距離をあけて立ってもらいます。その後、徐々に近づいてもらい、ボランティアの男性が「近すぎる」と感じる距離を測定しました。

●実験2/女性の写真
コンピューター画面に魅力的な女性の写真を表示し、ボランティア男性がどれぐらいのスピードで画面に近づくかの速度を測定しました。

★結果
 面白いことに、偽スプレーを投与された既婚男性は平均55cmの距離で「近すぎる」と感じたのに対し、オキシトシンスプレーを投与された既婚男性は、その距離が広がり平均70cmで「近すぎる」と感じました。

 面白いことに独身男性の場合、偽スプレーを投与された場合も、オキシトシンスプレーを投与された場合も「近すぎる」と感じる距離は同じでした。

 また同様の結果が写真を用いた実験2でも確認され、オキシトシンを投与された既婚男性は、魅力的な女性の写真に近づくスピードが遅くなっていました。

 オキシトシンは「幸せを感じさせるホルモン」として知られていますが、今回の報告は、オキシトシンが異性とペアを作った場合に「幸せ」を感じさせ、かつ、「他の異性と近づくのを妨げ、ペアを維持する」ように働いていることを示しています。

 これらの効果が独身男性では起こらなかった点は疑問として残りますが、今回観察された現象はオキシトシンのみで起きているのでは無く、既婚男性の体内にのみ存在する別のホルモンなどとの相乗効果が起こっているのかもしれません。

 ちなみにオキシトシン鼻スプレーは「媚薬」などとして市販されており、通販で購入することが出来ます。

 旦那さんの浮気が心配な女性の方はこのスプレーを購入して毎日旦那さんにスプレーしてみてはどうでしょうか?ただ、オキシトシンは「幸せ」を感じると脳内で作られるホルモンですので、旦那さんにより幸せを感じさせれば、こんなスプレーを使わなくても同じ効果が得られるはずです。

  • Oxytocin modulates social distance between males and females.J Neurosci. 2012 Nov 14;32(46):16074-9.PMID:23152592

Category:性・生殖

 Keyword:【オキシトシン/2】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2013/02/04晴れの日は曇りの日より2倍高い確率で道行く女性から電話番号を聞き出せる。ただしイケメンに限るかもしれない
2012/11/29男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。
2012/10/31アメリカにおける子宮頸ガン予防ワクチン投与状況と投与による10代少女の性活動変化
2012/11/06瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?
2013/01/08男性はストレスを受けると太り気味の女性でもOKになる。環境が好きなタイプに影響を与える。
2012/07/12自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する
2012/06/18高齢の父親から生まれた人ほど細胞分裂の回数券「テロメア」が長い傾向。長生き出来るかも
2012/01/01女性は低い声の男性に最も影響を受けやすく、言った事も記憶に残りやすい。
2011/09/12fMRIによる解析で、異なる女性器部位への刺激が脳で別刺激として認識され、乳首への刺激が性器への刺激として認識されていることが判明した


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4126access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)2350access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)2309access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)1664access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)1607access

すべて見る


オキシトシン