振動するカプセルを1週間に2回飲む便秘治療方法が報告される (カテゴリー:治療技術)


2014/05/30

振動するカプセルを1週間に2回飲む便秘治療方法が報告される

 アメリカ人の15%が慢性的な便秘に悩んでいると言われています。症状を改善する薬もありますが、長期的に使用することを考えると副作用を心配し、50%の人が治療方法に満足していないという調査結果があります。

 今回、イスラエルのTel-Aviv Sourasky医療センターのRon博士らが、振動するカプセルを使い、「薬」を使うことなく便秘症状を改善出来ることをアメリカで開催された研究会「米国消化器病週間(Digestive Disease Week(DDW))」で報告しています。

 博士らは慢性突発性便秘(chronic idiopathic constipation (CIC))などの腸に問題のある患者26人に週2回特殊な振動カプセルを飲んでもらいました。実際のカプセルは下記の1つめのリンク先で見ることが出来ますが、サイズは直径が10円玉と同じサイズで簡単に飲み込めるサイズです。

 このカプセルは服用後6〜8時間後、カプセルが腸に到達したタイミングで振動を開始するようにプログラムされており、便と一緒に排泄されるまでに腸を振動により刺激します。この結果、カプセルを飲んだ患者は腸の動きが2倍〜4倍活発になり、便秘を減らし、排便も容易にしました。副作用を訴える患者はいませんでした。

 このような物理刺激を与えるカプセルは薬物による副作用の心配もなく、新しい治療方法となりうるかもしれません。一つ気になるのはカプセルの値段でしょうか?

Category:治療技術

 Keyword:【便秘/4】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2013/10/07健康な人の腸内細菌を移入し腸炎を治す方法が実用間近
2010/06/14プラスチック抗体で血中の毒素除去に成功
2005/11/29大動脈瘤の原因はJNKが異常に活性化したため?(mainichi)
2005/09/13骨髄細胞が損傷組織に移行して治癒に関わる仕組みがわかった


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)8301access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)6251access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)5791access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)5491access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)5195access

すべて見る


便秘