脳の視覚処理がうまくいかないため起こる「弱視」を治療するビデオゲームをアサシンクリードなど開発のUbisoftが開発 (カテゴリー:目・視覚)


2015/03/04

脳の視覚処理がうまくいかないため起こる「弱視」を治療するビデオゲームをアサシンクリードなど開発のUbisoftが開発

 弱視(lazy eye、amblyopia)の原因は様々ですが、全体の3%ほどは眼球や視神経に顕著な障害があるわけではなく、目と脳の接続がうまくいっていないことが原因で起こっているそうです。このような状態は幼いうちに治療しないと大人になってから治療することは難しいとされてきました。

 多くは片方の目の有用性が他方に比べてはるかに低いことに伴って生じると考えられ、この治療方法は200年以上前から優位な方の目のみを隠すアイマスクなどを用いる方法でしたが、この方法では3D認識能力は回復しにくかったそうです。

 今回開発されたゲームは両目を使わないとうまくプレイ出来ないようになっており、これにより両目を同等に使うように脳をトレーニングするそうです。

Category:目・視覚



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=3

名前 ↑B
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
↑B [RSS]



■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)11759access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)10747access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)8715access
風邪薬に含まれるイブプロフェンは風邪を長引かせ悪化させる可能性があるとの研究結果(感染症)7536access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)7361access

すべて見る