アレルギー・自己免疫疾患緩和用に寄生虫サプリメントが開発され、ドイツで販売して良いかどうか当局の審査中 (カテゴリー:サプリメント(記事数:29))


2017.08.18

アレルギー・自己免疫疾患緩和用に寄生虫サプリメントが開発され、ドイツで販売して良いかどうか当局の審査中

 綺麗すぎる環境により通常存在するはずの適度の免疫刺激を無いことが、アレルギー、自己免疫疾患の原因の1つだとする「衛生仮説(The Hygiene Hypothesis)」として知られる考え方があります。似たような話で寄生虫に感染している人はアレルギー・自己免疫疾患になりにくいのと研究結果があり、このメカニズムを利用した治療を目的にタイのTanawisa Companyが人間には害の無いと言われている豚の寄生虫(鞭虫)Trichuris suisのタマゴ(TSO)を含むサプリメントを開発し、ドイツで販売承認を得ようとしています。

 NEWSWEEKの記事によると既に世界では6000〜7000人がこの薬を個人輸入して利用しているとのこと。効果に関してはかなり賛否両論ありますが、アレルギーなどの他に、クローン病や多発性硬化症などの免疫関連疾患への効果も報告されているようです。

 腸内細菌を薬にするという試みは研究段階ではかなり成功していて、一般販売が拡大していくと言われています。腸内細菌も寄生虫も害が無いなら同じかもしれません。

 同社では通信販売もしているようです。500匹の鞭虫が含まれたボトルが125ドル(14000円ぐらい)とのこと。

 効果に関しては今年に関して報告が多数出ています。
  • Immune responses and parasitological observations induced during probiotic treatment with medicinal Trichuris suis ova in a healthy volunteer.Immunol Lett. 2017 Aug;188:32-37. PMID:28602842(健康なボランティアにTSOを飲んでもらい免疫反応を分析した論文)
  • Trichuris suis secrete products that reduce disease severity in a multiple sclerosis model.Acta Parasitol. 2017 Mar 1;62(1):22-28. PMID:28030334(鞭虫の出す物質が多発性硬化症を緩和する)

Category:サプリメント

 Keyword:腸内細菌/107




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=2

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
腸内細菌


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)17762access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)15314access
ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12102access

すべて見る