脳スキャン情報のディープラーニングで自殺しそうな人を高精度で判別可能 (カテゴリー:精神(記事数:18))


2017.10.31

脳スキャン情報のディープラーニングで自殺しそうな人を高精度で判別可能

6つの単語「死、残酷、問題、気楽、善行、称賛」を見せながら脳をfMRI(機能的核磁気共鳴画像装置)スキャンしたところ、自殺を試みたことのある人と、普通の人で反応の明確に異なる5つの脳の部位が見つかったそうです。

この判別法の有用性を検証する実験として、自殺を試みたことのある17人の脳をスキャンしたところ、16名を自殺の可能性有りと判別でき、また、普通の人17人をスキャンしたところ17人中15名を普通の人と判断出来たとのこと。

自殺の予兆を検知出来る本判別法は、自殺者を減らすのにたいへん役立つ可能性があります。。。。
ホントか?

Category:精神




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=11
001 [11/01 00:34]ウム:自分がどっちになるのか、知りたい。人生はつまらないんだけど。 (4)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)17988access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)15708access
ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12282access

すべて見る