男兄弟が多いほど末の子がゲイになるメカニズムが解明、原因は母親の抗NLGN4Y抗体 (カテゴリー:性・生殖(記事数:51))


2019.02.26

男兄弟が多いほど末の子がゲイになるメカニズムが解明、原因は母親の抗NLGN4Y抗体


報告:Male homosexuality and maternal immune responsivity to the Y-linked protein NLGN4Y | PNASより。シナプス接着因子であるNLGN4Y(ニューロリギン)とニューレキシンのバインディングを母体由来の抗NLGN4Y抗体がブロックしていると予想される。
メカニズムがクリアですね。解明されたメカニズムは下記
・男の子を妊娠

・胎児には母親の体内にないY染色体由来のタンパク「NLGN4Y」が存在、一部は母体へ

・母体で異物反応がおきてNLGN4Yに対する抗体が出来る。

・母体が次の男の子を妊娠した時に、抗体が胎児内に侵入して「男性的思考」に関して働いていると考えられるNLGN4Yタンパクの働きをブロック

これまでの研究でも兄が1人増えるごとにその弟は33%もゲイになる確率が高くなることが統計的に知られていましたが、そのメカニズムは不明でした。

子供がゲイになるのを好まない人は妊娠前に抗NLGN4Y抗体の濃度をチェックすると良いかもしれませんが、検索してみましたが今のところそういうサービスは無いみたい。ひと儲け出来そうだなー。逆に利用して子供をゲイにする確率を上げることも出来そうです。

母体の抗体のこういった作用は他のタンパク質に関しても色々ありそうですね。

Category:性・生殖

 Keyword:妊娠/36




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=4
001 [02/26 16:09]ん〜@OCN:次男は優しい論に理論的根拠が!(←嘘w) (1)
002 [02/26 16:59]q@Plala:オカマになるってことなの?ホモになるってことなの?女々しい男のことをゲイって言うの?何を指して男らしさって言うの?よく分からん。 (1)
003 [02/26 20:09]:>>002 男らしさとかは後天的な環境や教育や文化によって変わる話じゃないかな。 男女を均等に産もうとする機構で次男が生成されると中身女性に近くなるのなら、姉妹が多い方はどうなんだろ。
004 [02/26 20:59]j:男女が均等なバランスになるための生物の機構なのかな?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
妊娠


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18894access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)18581access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12965access

すべて見る