父親に似ている赤ちゃん(FCR)ほど健康だという研究結果 (カテゴリー:子育て(記事数:22))


2018.03.09

父親に似ている赤ちゃん(FCR)ほど健康だという研究結果

研究者が合計456人の赤ちゃんを調べたところ、生まれた時に父親似だと、1年後により健康に育っていることが分かりました。もちろん言葉通りの意味ではなく、父親似の子供ほど、父親が育児に参加しており、結果として子供が健康に育つことになると研究者らは考えています。

If looks could heal: Child health and paternal investment. Journal of Health Economics
Volume 57, January 2018, Pages 179-190


上記のグラフは報告の中の結果の一部ですが、FCR(father-child resemblance/子供が父親似)だと、健康度が上昇し、喘息が減り、病気で病院に行く頻度が減り、救急治療室に入る割合が減り、入院日数が減っています。

今回の結果は、父親の育児参加が子供健康に影響していることをちょっと変わった切り口で証明した面白い研究といえます。

Category:子育て




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=25

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18260access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)16248access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12481access

すべて見る