トラウマや恐怖の対象、嫌な出来事を「嫌な思いをせずに」脳を慣れさせて平気にするfMRIを用いた治療方法が開発される (カテゴリー:精神(記事数:19))


2018.04.06

トラウマや恐怖の対象、嫌な出来事を「嫌な思いをせずに」脳を慣れさせて平気にするfMRIを用いた治療方法が開発される


Towards an unconscious neural reinforcement intervention for common fears.Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Mar 27;115(13):3470-3475. doi: 10.1073/pnas.1721572115. Epub 2018 Mar 6. PMID:29511106
 トラウマや、怖い体験、嫌な出来事を克服する方法として、繰り返し同じ体験をして慣れていく方法があります。実際に病院で治療としても行われている方法ですが、嫌な経験を繰り返しする必要があり、非常に苦痛な治療方法です。このため多くの患者が治療を不十分なまま終えているそうです。

 今回、研究者らは脳内の活動をリアルタイムで確認出来るfMRIを利用して、嫌な思いをせずに、克服する方法を実証し報告しています。

 その方法を簡単に説明すると、fMRIで脳の活動をモニタリングしながら、様々な映像を見せます(この研究では3600枚の映像を1時間かけて見せています)。そして、それぞれの映像を見た時の脳の活動をマッピングし、克服したい嫌な経験をした時とどれぐらい似ているかを調べます。
 そして、その中から本人は嫌とは感じないけど、脳の活動としては、嫌な経験をした時にもっとも近い映像に近いものを決定します。そして、この決定した映像に繰り返し触れさせます。これだけで、いつの間にか、克服したい嫌な対象も平気になるそうです。

 今回はfMRIを使って効率的に行えることを示した報告ですが、類似の事で嫌な対象を克服出来るという事実は、個人的にも使えそうですね。

Category:精神




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=31
001 [04/06 20:14]ななしさそ★44:fMRIをモニタに使ったのね。今のガチ医療機器だとマシンタイムを使い過ぎて嫌がられるだろうけど、特化した機械を1千万位で作れたらいろいろな用途に使えそう。 …よからぬ事含め<恐怖心を意図的に抑えた存在とかおっかないでしょ。 (9)
002 [04/07 01:08]はすし@YahooBB:暴露療法だろ。w この記事は治療者の腕の悪さを機会に委ねるって話。www 出来る治療者は[閾値」は体験的に覚えてるよ。 (9)
003 [04/07 19:45]:>>002 研究ってそういうものですし、体験的に覚えたものは技術継承が難しいので幅広く普及できないよ。必要なのは1人のスーパードクターより100台の機械だよ。 (4)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18311access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)16364access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12515access

すべて見る