1億円かけて禁断の遺伝子治療を行い20歳若返った女性が今晩9時からTV出演 (カテゴリー:ゲノム編集・デザイナーズベイビー(記事数:5))


2018.12.18

1億円かけて禁断の遺伝子治療を行い20歳若返った女性が今晩9時からTV出演

この女性はたぶん騙されているだけだけど、すぐに現実になる話だな。「見た目は20歳若返るけど、癌になる確率5倍アップ」って事になるだろうけど。

自国では禁止されている方法で本当に若返ることが可能になった時、人はどんな行動を起こすのか?

Category:ゲノム編集・デザイナーズベイビー




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=5
001 [12/18 13:17]バランシェ@Au:脳の老化だけはどうにもならん (2)
002 [12/19 16:07]_@OCN:遺伝子治療で予期せぬ不幸に見舞われる可能性って説には何の科学的根拠はないですよね。遺伝子編集技術は目的の遺伝子しか操作しませんし、自然界で起きる変異となんら変わりません。「倫理」を振りかざして技術の進歩と重篤患者の救済を邪魔する連中はどうにかならないですかね (1)
003 [12/20 00:11]ななしさそ★47:その「目的の遺伝子『だけ』操作する」の「だけ」の部分の担保が全く取れていないのが現状。個人的見解ですが、遺伝子だけ弄っている研究者は他のいろいろな関係性に目をやらなさすぎ。 そもそも、遺伝子操作での若返り、て具体的にどういう事になるの?感。代謝が再度活発になって皮膚の再生更新が速くなってぴちぴちになる、とかそんな感じなの? (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18680access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)17725access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12860access

すべて見る