分子細胞生物学系は、ここ10年ぐらいメッチャ衰退していた (カテゴリー:基礎研究(記事数:23))


2019.06.25

分子細胞生物学系は、ここ10年ぐらいメッチャ衰退していた

20年前は花形分野だったんだが、イナゴの群れのように研究者が集まり、クソみたいなの含めて論文が量産され、そして他の分野の基盤技術みたいな分野になってしまいましたねぇ。

Category:基礎研究




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=1
001 [06/25 15:12]まあね:しょうがないやね。でも花形じゃなくなっただけで昔もクソみたいな研究してる分子生物学者は多かったように思う。今は実学に結びつくのが評価されやすいし益々肩身が狭いね。まあパーマネントゲットしたなら俗世間のことは構わず己の道を進むのがいいよ。
002 [06/25 19:49]ごみ王@OCN:「セントールの悩み」の作者が、分子生物学の修士らしい。
003 [06/26 21:56]ななしさそ★49:その糞みたいな研究の蓄積で、代謝図の矢印が増えている訳で。ホント何が大化けするかなんてわからんも。薄給のパーマネントと年100万くらいの科研のばらまきは学問の裾野を広げるのに本当に有効だったと痛感。そういう海千山千をまた増やさないと。
004 [06/30 07:48].:STAP細胞はこの分野?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)19608access
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)19269access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)14313access

すべて見る