「同性愛者を生み出す特定の遺伝子は存在しない」という研究結果 (カテゴリー:性・生殖(記事数:54))


2019.09.02

「同性愛者を生み出す特定の遺伝子は存在しない」という研究結果

また、キャッチ―だからってメタ解析ぐらいで非存在を証明したような事書いてるな。この前、めちゃめちゃクリアなゲイになるメカニズムの報告あったじゃん
別に同性愛否定派じゃないけど、子供がゲイになるのを防ぐ医薬品の開発は始まってるのかな?
発売されたらけっこう儲かりそうだけど、会社を焼き討ちされそうでもあるね。ハイリスクハイリターン。
子供をゲイにする可能性を高める薬も開発出来るね。ニーズあるのかな?

Category:性・生殖




■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=5
001 [09/02 19:50]:両刀の方が人生色々楽しいかもしれない。 (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)19842access
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)19350access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)15013access

すべて見る