プラスチック抗体で血中の毒素除去に成功 (治療技術のカテゴリーに関する別の記事)


2010/06/14

プラスチック抗体で血中の毒素除去に成功

発表したのはカリフォルニア大学、スタンフォード大学、静岡大学の研究グループ、JACSで発表。

毒素「Melittin(NH-GIGAVLKVLTTGLPALOSWIKRKRQQ-COOH)」とアクリルアミドポリマー「NIPAm、TBAm、Bis、AAc(アクリルアミド)」を混ぜてMelittin含むナノ粒子を形成、その後、Mellitinを分解させると、Melittinを認識出来るporeを持つナノ粒子が出来る。ナノ粒子の大きさは54nm。

これを血中に投入(30mg/kg(1匹あたり600µgぐらい))したところ、毒素Melittin投与に耐性を示し、毒素の肝臓集積が速やかに進んだ(体内からの除去が促進した)。

ナノ粒子の攻勢主成分はBis、AA、NIPAm。ペプチドのporeではTBAmがマイナスチャージアミノ酸を、AAcがポジティブチャージアミノ酸を認識していると推測している。

Category:治療技術 / 10



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2005/11/29大動脈瘤の原因はJNKが異常に活性化したため?(mainichi)
2005/09/13骨髄細胞が損傷組織に移行して治癒に関わる仕組みがわかった(1)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)7817access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2489access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2112access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)2063access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1672access

すべて見る