放射線応答リガンドペプチドのクリックケミストリーによる修飾とパクリタキセル吸着性ナノゲルを使った抗腫瘍DDS製剤 (カテゴリー:ガン・腫瘍)


2010/06/18

放射線応答リガンドペプチドのクリックケミストリーによる修飾とパクリタキセル吸着性ナノゲルを使った抗腫瘍DDS製剤

発表したのは米Vanderbilt大学の研究者ら。Cancer Resの6月1日号に発表。

使用したのはバレロラクトン-エポキシの架橋ゲルナノ粒子。このナノ粒子の調製に関する論文は

Polym. Chem., 2010, 1, 93 - 96に書いてある、粒子形成後にクリックケミストリー(thiol-ene reaction)により任意のペプチドリガンドを修飾可能。また、後からパクリタキセルなどの薬を高効率で封入することができ、初期バースト無しに直線的な除法を実現出来る。また薬を内包した後もナノ粒子の粒子サイズや粒子の特性が変化しないのが特徴。

今回はこの粒子に腫瘍細胞を放射線処理(XRT)した時に細胞表面に出現するGRP78のリガンドペプチド(GIRLRGA)を修飾(このペプチドはファージディスプレイで見出した)。修飾量は1粒子あたりペプチド37個?、粒子サイズは50nm

  • Targeted Nanoparticles That Deliver a Sustained, Specific Release of Paclitaxel to Irradiated Tumors. Cancer Res June 1, 2010 70; 4550

Category:ガン・腫瘍



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2010/06/28ミニ細胞によるsiRNAまたは抗ガン剤デリバリー
2010/10/28生活習慣の修正で直腸ガンになる確率を23%下げることができる
2010/10/26中年以降に放射線を浴びて癌になる確率は、これまで考えられていたより高い
2009/04/02久留米大学の国内初の「がんワクチン外来」、申し込み殺到で受付1時間で受け付け終了
2008/07/03白血球を使用した癌治療が臨床試験段階に
2008/08/06ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所
2006/11/30がん転移、防御システムに便乗…東京女子医大が解明
2008/02/15精子と腫瘍は同じメカニズムで免疫細胞からの攻撃を回避している?


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)4808access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4791access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4172access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)3785access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3290access

すべて見る