6世代にも及ぶクローンマウスを作成した (カテゴリー:クローン(記事数:34))


2000/09/29

6世代にも及ぶクローンマウスを作成した

研究者らは前の世代の体細胞の核を用い、連続的に6世代に及ぶクローンマウスを作成するのに成功した。これまで、クローン動物は例えば20歳の人からのクローンは0歳の時点で20歳の人と同じだけテロメアが短くなっている(年をとっている)と推測されてきた。しかしこれらのマウスはテロメアの長さが少し長くなりこれまでの説と異なる結果が出た。これらのマウスは元気で5世代目も中年にあたる年まで生きている(現在も生きている)。しかしクローン作成は世代を重ねるごとに難しくなり、1匹だけの6世代目も養母に食べられ実験はとぎれた。しかしクローン化操作の成功率が1〜2%である為、たまたまテロメアの長いものが生き残ったのでは無いかという可能性は否定できない

マウスとヒトはテロメア調整機構がずいぶん違うのでヒトに当てはめるのは難しいのではないだろか。またクローンを続けるたびに次第にクローン化が難しくなっていることは前の世代に対してそのクローンが明らかに劣化していることの証拠ではないか。
クローンの成功率1〜2%もあるんだね。これってすごいと思う。100個の受精卵に核移植すれば1匹は生まれるってことじゃん。十分実用段階にあるっぽい
あの人のくろ〜んが欲しい。ぐふふっ

Category:クローン



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=7

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


テロメア

■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)16108access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16033access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)13027access

すべて見る