運動する男性は大腸ガンのリスクが3割少ない (運動・エクササイズのカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2007/02/26

運動する男性は大腸ガンのリスクが3割少ない

発表したのは、厚生労働省研究班の津金昌一郎ら。平成7年〜14年の40〜69才の男女6万5千人の1日の運動量と大腸ガン発生率を調べた。
結果、肉体労働や激しいスポーツを日常的にしている人はほとんど運動していない人に比べ発症の危険度が30%少なかった。結腸に限定すると40%少なかった。(大腸は小腸側から結腸(colon)と直腸(rectum)に分かれる)。女性ではこのような差は見られなかったが、家事などに対する質問が不十分で運動量をうまく評価出来なかったためだと推定している。

Category:運動・エクササイズ / 13



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/04/07運動能力を測定することで、男性の死亡リスクを予測出来る


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6340access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2071access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2047access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1860access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1594access

すべて見る