アポリポタンパクEとアルツハイマー 天才になる方法

Amrit不老不死研究所


2009/05/21
アポリポタンパクEとアルツハイマー天才になる方法(54)】
APOEタンパクは肝臓で作られ、コレステロールや脂肪を運搬する働きがある。
APOE遺伝子には3つのアイソフォームがあり、これらは112番目と158番目のアミノ酸が違う。
APOE3型は正常型と言われ、APOE4型はアルツハイマー病の危険因子であり、この遺伝子を持つと3倍アルツハイマーになりやすくなることが知られている。APOE2型の人は受容体との結合力が低く、高脂血症の原因となるそうだ。

APOE4を持つとアルツハイマーに成りやすくなる理由としては、APOEタンパクの中でAPOE4が最も抗酸化能が低いこと、APOE4がアミロイドβと高い親和性を持つことが挙げられている。

このエントリーを含むはてなブックマーク 関連記事:【アルツハイマー(36)】 【コレステロール(6)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ 以前の記事■■■
2009/01/13オキシトシン(wikipedia)
2008/12/16脳を増強する薬」合法化を主張するNatureの記事(wired vision)
2008/12/12脳の伝達スピードのピークは39歳
1970/01/01
2008/11/19妊娠中の軽いストレス→子供の学習能力向上(yomiuri)
2008/11/06長期学習者は短期学習者に比べ英語を使う時に文法野が省エネモードになっている(asahi)
2008/10/31記憶の再固定に関わる因子「GSK-3β」を発見(理化学研究所プレスリリース)
2008/10/07赤ちゃんにとって最初の1年間の母親の影響は非常に大きい
2008/10/02計算能力に対するカフェインの作用 : 二重盲検法による学生実習での検討


コレステロール

アルツハイマー

アルツハイマー(アルツハイマー型認知症)
Alzheimer's disease; AD
wikipedia説明記事

2011年6月の時点で最も売れているのはエーザイの開発したアセチルコリン分会酵素阻害剤である塩酸ドネペジル(製品名:アリセプト)。ただ、この薬は治療薬というよりは脳の機能を全体的に上昇させることにより、相対的に認知症症状を緩和するものである。