ヒトやブタの胎児細胞をマウスに移植し腎臓を作ることに成功(mainichi) (カテゴリー:人工腎臓・腎臓の再生医療)


2002/12/26

ヒトやブタの胎児細胞をマウスに移植し腎臓を作ることに成功(mainichi)

人工中絶された胎児から腎臓の元になる細胞を摘出し、免疫拒絶の少ないマウスの腎臓周辺に移植したところ8週間後に大きさはマウスサイズだが尿を作る機能など正常な腎臓に成長した。

ヌードマウスに当たるブタが出来たら使えそうだな。絶対、今頃、死にものぐるいで開発している企業があるはず

Category:人工腎臓・腎臓の再生医療

 Keyword:【ブタ/4】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)9057access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)6986access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)6046access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)5958access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)5421access

すべて見る


ブタ