喫煙すると、精子のDNAの損傷が起こり、この突然変異は子孫に永遠に残る (カテゴリー:生活習慣(記事数:20))


2007/06/04

喫煙すると、精子のDNAの損傷が起こり、この突然変異は子孫に永遠に残る

発表先はCancer Research。カナダの研究者が発表した研究によると、マウスを使った実験でタバコの主流煙により精子のDNAが突然変異を起こすことが分かった。変異の確率は1.4〜1.7倍増加しており、変異した精子で生まれた子供は起こった突然変異を引き継いでいることになる。

Category:生活習慣

 Keyword:【タバコ/10】



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=7

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


精子
タバコ

■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)16108access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16033access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)13027access

すべて見る