ベイラー(Baylor)大学の研究者がマイクロバブルでインスリン遺伝子をすい臓細胞に導入する技術を開発 (人工すい臓・糖尿病のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2006/07/24

ベイラー(Baylor)大学の研究者がマイクロバブルでインスリン遺伝子をすい臓細胞に導入する技術を開発

一般的にグルコースは細胞内に入るとヘキソキナーゼによりグルコース6リン酸に変換されるというが、この変換がインスリンの産生促進に必要なのか?
これらの技術を利用すれば、糖尿病患者が血糖値を確認しつつインスリンを投与することなく、体内のインスリン産生を回復させることが出来る可能性がある。

Category:人工すい臓・糖尿病 / 25

 Keyword:【インスリン(49)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2005/10/13インスリンの分泌抑制物質を発見、糖尿病の新しい治療法の可能性(1)
2005/10/03キトサンスポンジを使って膵臓を再生する
2005/09/27インスリン注射不要に? 膵臓細胞量産、岡山大など開発(asahi)
2003/04/23肝臓でインスリンを作らせる方法


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6340access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2071access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2047access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1860access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1594access

すべて見る


インスリン

(insulin)
.wikipedia