ブタのES細胞は免疫抑制剤無しで糖尿病のサルを治療しうる (人工すい臓・糖尿病のカテゴリーに関する別の記事)


2007/10/31

ブタのES細胞は免疫抑制剤無しで糖尿病のサルを治療しうる

発表したのはワシントンメディカルスクールの研究者

ヒトの糖尿病における移植医療はドナーの不足により限定的なものに留まっている。また移植した場合も免疫拒絶などの理由により細胞は徐々に死滅し効果が低下していく。

本発表の研究者らは以前より発生段階のブタE28由来のすい臓β細胞を移植することにより糖尿病ラットを治療する研究を行い成果を発表してきた。

今回の研究では、E28ブタ胚を糖尿病のサルに移植した。移植したブタのβ細胞は長期間にわたり肝臓、すい臓、リンパ節の中で生存しインスリンを産生した。そして移植後22ヶ月にわたって効果を示した。

Category:人工すい臓・糖尿病 / 24

 Keyword:【ブタ(4)】 【免疫抑制剤(7)】 【インスリン(48)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
1970/01/01
2007/09/12ヒトのES細胞からインスリンを分泌するすい島(すい臓)様の固まりを作ることが出来た
2007/08/10遺伝子操作した植物で糖尿病治療
2006/10/24次世代糖尿病治療薬「リラグルチド」のPhase IIデータ発表。良い感じ
2006/07/24ベイラー(Baylor)大学の研究者がマイクロバブルでインスリン遺伝子をすい臓細胞に導入する技術を開発
2005/10/13インスリンの分泌抑制物質を発見、糖尿病の新しい治療法の可能性(1)
2005/10/03キトサンスポンジを使って膵臓を再生する
2005/09/27インスリン注射不要に? 膵臓細胞量産、岡山大など開発(asahi)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)13993access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)5176access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)4153access
太りやすさは腸内細菌の種類で変化する(ダイエット・メタボリックシンドローム)3764access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)3728access

すべて見る


インスリン

(insulin)
.wikipedia
ブタ

免疫抑制剤