カテゴリー:ダイエット・メタボリックシンドローム TW↑B
前のページへ|3ページ目/3|(123・)



2007.02.27抗肥満薬「ゼニカル (XENICAL)」メモ
2007.02.26日本人は、むしろやせ過ぎが危険
2007.02.20アメリカで「やせ薬:Alli(アーライ)」が処方箋無しで販売可能に
2007.01.23森永乳業がアロエベラゲル1日100gで体脂肪が減少すると発表(business-i)
2007.01.11FDAがファイザー開発の犬用の抗肥満薬を初の認可(日経)
2006.10.27みかんは本当にダイエットに有効?
2006.10.02食欲を抑えるたんぱく質「nesfatin-1」 /41
2006.09.14油ものが美味しいのは食べた直後に脳内麻薬が出ているから
2005.03.06太ったお金持ちの女性はガンに強い(medlineplus)
2004.11.08白色脂肪細胞の血管を特異的に死滅させる新方式ダイエット法
2004.07.16「にがり」はダイエット効果も無いし、過剰にとると命が危険と厚生労働省が警告
2004.03.26リンゴに含まれるポリフェノールに脂肪蓄積抑制効果(asahi)
2003.09.27デブは怠け者じゃない!!!!
2003.09.23高濃度のカテキンはガンを引き起こす可能性がある(yomiuri)
2003.09.13やっぱり効果があるのは食事制限+適度の運動らしい


2007.02.27

抗肥満薬「ゼニカル (XENICAL)」メモ

↑BTW

・腸内で働き30%の脂肪吸収を妨げる
通常の脂肪(脂肪酸)は大きな塊で吸収されない。この塊はリパーゼで分解され小さくなることで吸収されるが、Xenicalはリパーゼの働きを阻害し吸収を抑制する。
・食欲抑制は行わない
・主成分:Orlistat(オーリスタット)
・脂溶性のβカロチン、ビタミンA,D,E,kの吸収を邪魔してしまうので注意
・大量の油が吸収されずに便として排泄されるので便器の汚れがすごいらしい

政府の発行する「医薬品安全性情報」によると
http://www.nihs.go.jp/dig/sireport/weekly/38031226.pdf
・青年期の使用にあたり、製品に複合ビタミンを入れることを強く検討すべきである。
・臨床試験時の結果では、orlistat使用者は対照群と比べ有意にBMI値を減らした
・orlistat使用者の血液中のビタミン濃度が有意に減少した。
2002/11/12時点、国内でP2らしい

 Keyword:XENICAL/3 Orlistat/3
         記事ごとのページ・コメント欄


2007.02.26

日本人は、むしろやせ過ぎが危険

↑BTW

国立がんセンターの津金昌一郎氏のページです。
40〜59歳の男女4万人の身長と体重を調査しBMI値(体重/身長^2)で分類して10年間にわたって生死を調査したところ、男性の理想と呼ばれるBMI22ではすでに死亡リスクが高まっていることがわかった。反対に高い方はBMI27まで死亡リスクは上昇していなかった。

日本人でBMIが27以上の人は10%しかいないのに対し、23未満の人は4割いる。すなわち肥満よりやせ過ぎを予防するほうが重要と言われてます。

その他、人種の違う日本とアメリカで同じBMIの基準はおかしいと書いています。

 Keyword:津金昌一郎/2
         記事ごとのページ・コメント欄


2007.02.20

アメリカで「やせ薬:Alli(アーライ)」が処方箋無しで販売可能に

↑BTW

FDAが認可、販売元はグラクソ・スミス・クラインで、処方箋が必要なやせ薬「ゼニカル(XENICAL)」の効き目を緩和させたもの。効果としては脂肪の吸収を妨げる働き、18歳以上あたり1〜2ドルらしい

すでに身体についた脂肪を落とす作用があるわけではないので運動との併用が良いらしい。ワシントンポスト紙によると、ダイエットとエクササイズで5ポンド(2.3キロ)減量した人がアーライの併用でさらに2ポンド減量可能とのこと

副作用としては下痢など

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.01.23

森永乳業がアロエベラゲル1日100gで体脂肪が減少すると発表(business-i)

↑BTW

2007年1月13日からの日本成人病学会で発表。

研究者らは血糖値が高めの男女33名にアロエベラゲルを12週間摂取してもらい、空腹時の血糖値と過去1〜2ヶ月の血糖値の状態を表す指標である糖化ヘモグロビン値を測定した。すると1日100グラムを摂取したグループで減少が見られた。1日50グラムのグループでは減少は見られなかった。

また、100グラム摂取したグループでは体脂肪率と体脂肪量の減少も見られた。

         記事ごとのページ・コメント欄


2007.01.11

FDAがファイザー開発の犬用の抗肥満薬を初の認可(日経)

↑BTW

FDAがファイザーの開発した犬の肥満薬「Slentrol(スレントロール」一般名:Dirlotapideを認可した。これは初めての犬用の肥満治療薬である。ラベルには人間が飲まないように様々な警告が書かれているそうだ。使用には獣医の処方が必要。

効果としては食欲を減退させ、脂肪の吸収を抑制する働きがある。

         記事ごとのページ・コメント欄


2006.10.27

みかんは本当にダイエットに有効?

↑BTW

あるある大辞典で紹介されたとかで、スーパーのみかんが高値に(涙)
紹介された内容は1日3回の食事の前にみかんを1つ食べるだけというもの。
その根拠となりそうな論文を探してみたが、あまり見つからないねぇ。しいてあげるならみかんに多く含まれるペクチンが消化管中の食物の移動速度を低下させ満腹状態を長持ちさせるという論文は見つかったが、番組中で紹介されていたようなペクチンが消化酵素の働きを邪魔するという話は見つからなかった。
まあ、普通に考えて食事前にみかん食ったら満腹中枢がすぐ働いたりしそうなもんだが、果たして番組で言われているような効果がみかん1つのペクチンで起こるもんなのかちょっと疑問

  • Gastroenterology. 1988 Nov;95(5):1211-5.PMID:3169489 .Pectin delays gastric emptying and increases satiety in obese subjects.
番組の根拠となった報道内容を紹介したページ
123

発表を行ったのは当時愛媛大学の韓立坤(Han_Li-Kun(Han_LK))さんかな?

 Keyword:ペクチン/1
         記事ごとのページ・コメント欄


2006.10.02

食欲を抑えるたんぱく質「nesfatin-1」

↑BTW

脳のある部分から出るたんぱく質が食欲をコントロールしていることがわかった。このたんぱく質を薬として脳に送り届けることが出来ればダイエット薬や、メタボリックシンドロームを防ぐ薬として使用できる可能性がある。

発見したのは群馬大学の森昌朋ら、脳の視床下部(hypothalamus)は摂食活動にかかわる放出製の分子を含んでいるが今回、研究者らはnesfatin-1というたんぱく質を発見した。これはNEFA/nucleobindin2(NUCB2)に関連した機能のわからない放出性のたんぱく質であり、視床下部の摂食をコントロールする部分に見られる。NUCB2を脳内投与すると食事が減少し、ラットの脳脊髄(cerebrospinal)液にはNUCB2のアミノ末端断片であるnesfatin-1が含まれており、この量は飢餓状態で減少する。

nesfatin-1を脳内投与すると濃度依存的に食事の量が減り、nesfatin-1の中和抗体の投与は食欲を増進する。
NUCB2の中でもnesfatin-1以外の他の断片はこのような機能を持たず、NUCB2そのものも効果がない。

持続的にnesfatin-1を10日間投与すると食事の量は2/3に減少し体重が減少し皮下脂肪が20%減少する一方、筋肉は減少していなかった。一方、NUCB2遺伝子に対するアンチセンスを持続的に投与すると体重が増加する。nesfatin-1による食欲不振(anorexia)はleptin受容体に変異のあるZuckerラットでも起こり、またnesfatin-1抗体はレプチンにより誘導した食欲抑制を抑制しない。

しかし、α-melanocyte刺激ホルモンはNUCB2遺伝子の発現を増やし、nesfatin-1による食欲抑制はmelanocortin-3/4レセプターのアンタゴニストで回復する。すなわち、nesfatin-1は食欲を満たすホルモンであり。視床下部のmelanocortinシグナルにかかわる分子であるといえる。

  • Nature, advance online publication 2006/10/1. Identification of nesfatin-1 as a satiety molecule in the hypothalamus

 Keyword:nesfatin-1/1 NUCB2/1 脊髄/6
         記事ごとのページ・コメント欄(41〜)


2006.09.14

油ものが美味しいのは食べた直後に脳内麻薬が出ているから

↑BTW

京都大学の伏木亨(ふしきとおる)らの研究グループにより発表。

Preference for dietary fat induced by release of beta-endorphin in rats. Life Sci. 2009 May 22;84(21-22):760-5. Epub 2009 Mar 16.PMID:19296904

人間は、食事や性行為の時に脳内でβエンドルフィンという脳内麻薬と呼ばれるホルモンが分泌され快感を感じるといわれているが、今回このことを動物を用いて実証している。

研究者らは、生後9週のオスラットに濃度5%のコーン油を食べさせると脳内でβエンドルフィンの前駆体の量が1.7倍になっていることを確認した。

また、5日間コーン油を食べさせたラットでは、油を飲み口に近づけただけで脳内のβエンドルフィンの濃度が2.5倍に上昇しており、飲めると期待しただけで分泌が盛んになっていた。

         記事ごとのページ・コメント欄


2005.03.06

太ったお金持ちの女性はガンに強い(medlineplus)

↑BTW

食道ガンや消化管のガンの生存率は20%程度だが、女性であり、太っていて、年間の収入が1500ドル以上の場合は生存率が高いことが調査により判明した。
この調査は1142名の患者を過去7年間に渡って調べたものである。
この調査はjournal Clinical Gastroenterology and Hepatology に報告された。

         記事ごとのページ・コメント欄


2004.11.08

白色脂肪細胞の血管を特異的に死滅させる新方式ダイエット法

Reversal of obesity by targeted ablation of adipose tissue.
Nat Med vol.10 no.6,625-32(2004/06)
Mikhail G Kolonin, Wadih Arap.

肥満は近代社会でとても流行っている疾病である。肥満にいたる分子的なメカニズムが詳細に研究されているにも関わらず安全で効果的な治療法は未だ見つかっていない。
今回、テキサス大学の研究者らは脂肪細胞の血管のみを死滅させ、脂肪細胞だけを死に追いやることで肥満動物をダイエットさせる方法を報告した。
研究者らはファージディスプレイ法を用いて白色脂肪細胞の血管にのみ存在する物質「プロヒビチン(prohibitin)」にくっつくペプチド配列「CKGGRAKDC」を発見した。このペプチド配列を細胞を殺すことの出来るペプチド配列「KLAKLAK」と連結しC57BL/6という平均体重50グラムのネズミに毎日150μgずつ皮下注射したところ4週間後、ペプチドを注射したネズミは体重が平均30グラムまで減少した。
この方法は肥満患者の治療のために活用できるかもしれない。

 Keyword:ファージディスプレイ法/1 プロヒビチン/1


2004.07.16

「にがり」はダイエット効果も無いし、過剰にとると命が危険と厚生労働省が警告

 Keyword:にがり/1


2004.03.26

リンゴに含まれるポリフェノールに脂肪蓄積抑制効果(asahi)

弘前大学とアサヒビールの研究グループらによると
リンゴに含まれるポリフェノールに体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ働きがあるそうだ

研究グループはラット6匹ずつに高脂肪のエサ、または高脂肪のエサとリンゴポリフェノールを10週間与えた。その後、内臓脂肪の重さを調べたところ、高脂肪のエサを与えたラットは普通のエサを食べたラットに比べ脂肪が9割増えたのに対し、リンゴポリフェノールを与えられたラットは5割しか増加しなかった。

 Keyword:ポリフェノール/11


2003.09.27

デブは怠け者じゃない!!!!


2003.09.23

高濃度のカテキンはガンを引き起こす可能性がある(yomiuri)(ヘルシア販売元の反論(花王))

カテキンは腫瘍を抑えるなど健康によい物質としてもてはやされ高濃度のカテキン入りの飲料などが販売されているが、三重大学の川西正祐らの研究によるとカテキンはその反面、ガンを引き起こす可能性もあるらしい、以前にもラットの大腸ガンをカテキンが促進することが報告されている。
今回、研究者らはカテキンがガンを促進する仕組みを調べるためヒト由来の細胞HL-60にカテキンを投与した。すると8-oxodGというDNAにダメージを与える活性酸素の一種が作り出されていた。またこの物質はHL-60を活性酸素に対して抵抗性を持つように変異させた細胞HP100では作られなかった。

また、細胞からDNAを取り出して直接カテキンと接触させたところ、カテキンは銅と結びつくことで8-oxodGを発生しDNAを損傷させている事もわかった。
また、カテキンにもいろいろあるが、緑茶に含まれるカテキンの1つ、(-)-epigallocatechin gallate(EGCG)が特によくDNAを損傷させる事がわかった。

なお、この件に関して花王が反論を発表しており、実験で使われている濃度はヘルシアを飲んだ場合の血中濃度より遙かに高く安全だと主張しています。

濃度を比較すると
ヘルシアを飲んだ場合の血液中のカテキン濃度を1とした場合
実験でDNAが損傷した濃度は1000。カテキンの中でもEGCGのみを加えた場合は濃度20だそうです。

ちなみにヘルシアのカテキン濃度は普通の緑茶の2倍だそうです。
緑茶2倍飲んでも同じか?(^^;

血中濃度は上記の通りだが、肝臓などカテキンが濃縮される可能性もあるだろうから、カテキンに関しては少し注意した方が良いですね。

さっき、隣の人が言っていたが、魚釣りする時にミミズにお茶っ葉かけて赤みを強くして使うことがあるそうですが、たくさんお茶っ葉入れたらミミズが死んだそうです(^^;。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしっすね☆

Catechins induce oxidative damage to cellular and isolated DNA through the generation of reactive oxygen species.(Free Radic Res. 2003 37(8) p.881-90)

(-)-Epigallocatechin gallate causes oxidative damage to isolated and cellular DNA(Biochem Phamacol 2003 66(9) p.1769-78

 Keyword:カテキン/4 活性酸素/42


2003.09.13

やっぱり効果があるのは食事制限+適度の運動らしい



[123・]



Cation!!注意:このページには動物実験などで得られた研究段階の情報が含まれています。これらはなんら、人間に適用した時の効果を保証するものではなく、これらの情報を元にとった行動によりいかなる不利益を被っても管理人は一切責任を負いません。このページの話はあくまで「情報」としてとらえてください。