Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

アトピー



----------このキーワードを使っている記事----------
2012/07/03:「アトピー」発症メカニズムが解明され、このメカニズムの遮断薬が開発予定。ぜんそく治療薬として開発中の薬がアトピー性皮膚炎に効く可能性も。
2006/12/26:「視力1・0未満」の近視の小学生は全体の3割、中学生は5割超す(yomiuri)

2012/07/03

「アトピー」発症メカニズムが解明され、このメカニズムの遮断薬が開発予定。ぜんそく治療薬として開発中の薬がアトピー性皮膚炎に効く可能性も。
「アトピー」発症メカニズムが解明され、このメカニズムの遮断薬が開発予定。ぜんそく治療薬として開発中の薬が[[アトピー]]性皮膚炎に効く可能性も。

 アトピー性皮膚炎(Astopic Dermatitis)は「かゆみ」を伴った皮膚疾患で、普通のアレルギーと異なり、炎症の元になる物質に触れなくても持続的に炎症が続くことを特徴とする。似た症状を起こす疾患として他にぜんそく(Bronchial Asthma)が知られるが、これらの疾患で炎症が長く続いてしまうメカニズムは分かっていなかった。

 今回、日本の佐賀医科大学の研究者らはアレルギーを起こす物質「アレルゲン」により起こった炎症が、アレルゲンが無くなった後も皮膚で持続的に炎症を起こす仕組みを解明し発表した。以下に解明されたメカニズムの概要を示す。


(省略されています。全文を読む

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患

↑BTW
   記事ごとのページ



2006/12/26

「視力1・0未満」の近視の小学生は全体の3割、中学生は5割超す(yomiuri)
「視力1・0未満」の[[近視]]の小学生は全体の3割、中学生は5割超す(yomiuri)

 文部科学省の発表した今年の学校保健統計より、同省ではテレビゲームやパソコンの影響ではないかと言っています。ちなみに子供の頃から画面を眺め続けた俺は、ずっと2.0な視力なので別の要因があるのではないかと考えてしまいます。

視力
1.0未満の子供の割合0.3未満
幼稚園24.0%
小学生27.2%(0.7%↑)6.1%
中学生50.1%(2.3%↑)20.4%(0.7%↑)
高校生58.7%
※1979年の小学生17.9%2.7%

ぜんそくの子供
幼稚園2.4%(0.8%↑)
小学校3.8%(0.5%↑)
中学校3.0%(0.3%↑)

アトピー性皮膚炎の子供
幼稚園3.8%
小学校3.6%
中学校2.8%
高校2.2%

Category:統計(寿命・その他)

↑B 1 Tweet
   記事ごとのページ