Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

バクテリアなど



----------このキーワードを使っている記事----------
2012/03/31:前立腺ガンの原因の一部が「感染」である証拠が揃いつつある。包茎手術が前立腺ガンのリスクを減らす可能性と理由。

2012/03/31

前立腺ガンの原因の一部が「感染」である証拠が揃いつつある。包茎手術が前立腺ガンのリスクを減らす可能性と理由。
前立腺ガンの原因の一部が「感染」である証拠が揃いつつある。包茎手術が前立腺ガンのリスクを減らす可能性と理由。

 これまで実施された様々な研究で前立腺ガンの原因の一部が細菌・ウイルス・バクテリアなどの「感染」である可能性が指摘されている。例えば、若いうちに初めてのSEXをした人や、多くのパートナーとSEXをした人は前立腺ガンの指標であるPSAの値が高い事が報告されている。(下図)

各グループの男性のPSA値平均(文献2より引用)
パートナー数:20人以下20人以上
初めてのSEXが16歳より前0.441.2
初めてのSEXが16歳より後、0.510.45

PSA:prostate specific antigen(前立腺特異抗原)


 他にも、性感染症にかかったことがある人は前立腺ガンになりやすい事。また。途上国の一部などで行われている割礼(若いうちにペニスの余剰皮(foreskin)を切除すること)によりHIVやクラミジアなどの感染症になるリスクが減ることが報告されています。

(省略されています。全文を読む

Category:感染による腫瘍形成

↑BTW 1 Tweet
   記事ごとのページ