Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

飲酒



----------このキーワードを使っている記事----------
2006/12/26:風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)
2009/08/17:ロシア人の飲酒量、純アルコール換算で1人あたり年間18リットル
2003/01/09:アルコール好きは心臓発作になりにくい(MSN)
2008/09/08:妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる
2010/10/28:生活習慣の修正で直腸ガンになる確率を23%下げることができる

2006/12/26

風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)(FDA)
風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)

アメリカFDAが、風邪薬によく入っているアセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、アセトアミノフェンを多量に服用すると肝臓障害を起こす危険性が高く、注意書きをするようにメーカーに求めたそうです。

これらを過剰に摂取したり、飲酒とともに服用したりした場合、肝臓障害や、胃の出血など重大な副作用を起こす危険性があるとのこと。

Category:未分類

↑BTW
   記事ごとのページ



2009/08/17

ロシア人の飲酒量、純アルコール換算で1人あたり年間18リットル
ロシア人の[[飲酒]]量、純アルコール換算で1人あたり年間18リットル

ビール(5%)換算で1日あたり1リットル程度か

Category:未分類

↑BTW
   記事ごとのページ



2003/01/09

アルコール好きは心臓発作になりにくい(MSN)
[[アルコール]]好きは心臓発作になりにくい(MSN)

New England J. Medicineの最新号で発表された報告によれば週3,4回飲酒する人は週1回以下しか飲酒しない人よりも心臓発作にかかる危険性が68%も低いことが12年間にわたり4万人を対象にした調査の結果で分かった。

Category:生活習慣

↑BTW
   記事ごとのページ



2008/09/08

妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる
妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる

新生児1000人に1人の割合で見られる胎児性アルコール症候群(FAS)の特徴は顔面奇形である。研究者らはどの段階での妊婦のアルコール摂取が胎児に影響をもたらすのかを調べた。

結果、妊娠2〜3週目に1時間にわたりワイン2〜3杯に相当するアルコールを摂取すると細胞死が増大することが分かった。研究者らは母親が受けるアルコールの影響は数時間で終わるが、胎児は不可逆的なダメージを受ける可能性があると警告しており、CDCでは妊婦や有効な避妊方法を用いずに性行為を行っている女性に飲酒を控えることを勧めている。

Category:生活習慣

↑BTW
   記事ごとのページ



2010/10/28

生活習慣の修正で直腸ガンになる確率を23%下げることができる
生活習慣の修正で直腸ガンになる確率を23%下げることができる

デンマークの研究者らがコペンハーゲンやオルフスに住むデンマーク人のうち、ガンと健康の研究に参加した160725人のうち50−64才の男女55487人を平均9.9年間追跡調査した。

この期間で678人が直腸ガンと診断されていた。これらの内訳を調べたところ、(1)1日少なくとも30分の運動か、運動を伴う仕事につく、(2)腹周りが女性は88cm以下、男性は102cm以下(3)喫煙、(4)過度のアルコール飲酒を控える(女性は週7杯、男性は週14杯以下)(5)健康的な食生活。の5つを守ることで、直腸ガンになる確率を23%下げることが出来ると言える。

Association of adherence to lifestyle recommendations and risk of colorectal cancer: a prospective Danish cohort study
BMJ 2010;341:c5504 doi:10.1136/bmj.c5504 (Published 26 October 2010)(リンク)

Category:ガン・腫瘍

↑BTW
   記事ごとのページ