Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

褐色脂肪



----------このキーワードを使っている記事----------
2012/12/14:医学分野の最も有名な学術雑誌「Nature Medicine」が選ぶ2012年の重要な研究成果
2007/06/21:体温が低い人は肥満になりやすい?

2012/12/14

医学分野の最も有名な学術雑誌「Nature Medicine」が選ぶ2012年の重要な研究成果
医学分野の最も有名な学術雑誌「Nature Medicine」が選ぶ2012年の重要な研究成果

 医学分野の最も有名な学術雑誌Nature Medicineが2012年に発表された重要な研究成果として8つの研究フィールドに分けて紹介しています。

★神経科学
 自閉症の原因遺伝子についての発見があった。自閉症患者の遺伝子を1000人分調べ共通点を探したところ、変異すると自閉症になりうる共通変異が100以上見つかった。自閉症は父親の年齢が高いほど確率が高いが、高齢の男性の精子が遺伝子変異を起こしやすいことと関係していると思われる。


(省略されています。全文を読む

Category:1年間のまとめ記事

↑BTW


   記事ごとのページ



2007/06/21

体温が低い人は肥満になりやすい?
体温が低い人は肥満になりやすい?

 褐色脂肪細胞は、体温が低い時に白色脂肪細胞からエネルギーを受け取り熱エネルギーを生み出すことで体温を上昇させる働きを持っています。

 研究者らは、遺伝子操作により褐色細胞細胞のみでジフテリア毒素が出来るようにし、結果として褐色細胞細胞が死んでしまい、褐色脂肪細胞を持たなくなるマウスを作り出しました。

 このマウスでは平均体温が0.9℃低く肥満の傾向が見られた。これらの結果は平均体温が低いことがエネルギー燃焼効率の低さを表し、これが肥満の原因になることを証明していると言えます。

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム

↑BTW


   記事ごとのページ