Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

便秘



----------このキーワードを使っている記事----------
2012/04/11:ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果
2014/05/30:振動するカプセルを1週間に2回飲む便秘治療方法が報告される
2006/12/26:便秘と大腸がんは統計的に無関係

2012/04/11

ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果

現在、毎日食べているヨーグルト「ダノンBIO」について調べたので紹介します。このヨーグルトに含まれているのは「BE80ビフィズス菌」です。この菌はダノン社が見つけ出したビフィズス菌で、市販のヨーグルトの中では「最も腸に生きて届く菌」とのことです。効果としてはDANONE社説明ページによると

などが分かっているそうです。BE80菌の正式名称は
  • Bifidobacterium animals subspecies lactis DN-173 010
といい、学術論文がいくつか発表されています。一部を紹介すると文献1では36人の健康な女性ボランティアでの実験を紹介しています。1日おきに3パック(125g×3)のヨーグルトを食べてもらったところ「腸管の通過時間の短縮」が確認されました。排便量、便のpH、便のバクテリア量、含まれる胆汁酸の量などは変化しませんでした。
(省略されています。全文を読む

Category:サプリメント

↑BTW 1 Tweet
   記事ごとのページ



2014/05/30

振動するカプセルを1週間に2回飲む便秘治療方法が報告される
振動するカプセルを1週間に2回飲む[[便秘]]治療方法が報告される

 アメリカ人の15%が慢性的な便秘に悩んでいると言われています。症状を改善する薬もありますが、長期的に使用することを考えると副作用を心配し、50%の人が治療方法に満足していないという調査結果があります。

 今回、イスラエルのTel-Aviv Sourasky医療センターのRon博士らが、振動するカプセルを使い、「薬」を使うことなく便秘症状を改善出来ることをアメリカで開催された研究会「米国消化器病週間(Digestive Disease Week(DDW))」で報告しています。

 博士らは慢性突発性便秘(chronic idiopathic constipation (CIC))などの腸に問題のある患者26人に週2回特殊な振動カプセルを飲んでもらいました。実際のカプセルは下記の1つめのリンク先で見ることが出来ますが、サイズは直径が10円玉と同じサイズで簡単に飲み込めるサイズです。

 このカプセルは服用後6〜8時間後、カプセルが腸に到達したタイミングで振動を開始するようにプログラムされており、便と一緒に排泄されるまでに腸を振動により刺激します。この結果、カプセルを飲んだ患者は腸の動きが2倍〜4倍活発になり、便秘を減らし、排便も容易にしました。副作用を訴える患者はいませんでした。

 このような物理刺激を与えるカプセルは薬物による副作用の心配もなく、新しい治療方法となりうるかもしれません。一つ気になるのはカプセルの値段でしょうか?


(省略されています。全文を読む

Category:治療技術

↑BTW
   記事ごとのページ



2006/12/26

便秘と大腸がんは統計的に無関係
便秘と大腸がんは統計的に無関係

6万人規模の追跡調査をしたそうです。発表したのは群馬大学の大谷哲也らのグループ。これまでは便秘だと大腸がんになりやすいと言われていた。便秘だと腸内にたまった有害物質が体内に入りやすく他の病気にもなりやすいのではないかという話もありますが、他のガンや、平均寿命との関係などはどうなんでしょう?

Category:ガン・腫瘍

↑BTW 1 Tweet
   記事ごとのページ