Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

母乳中



----------このキーワードを使っている記事----------
2012/08/21:幼児が頻繁に具合が悪くなる理由が解明される。TGFβの働き過ぎ

2012/08/21

幼児が頻繁に具合が悪くなる理由が解明される。TGFβの働き過ぎ
幼児が頻繁に具合が悪くなる理由が解明される。TGFβの働き過ぎ

 なぜ幼児・子どもは頻繁に具合が悪くなるのでしょうか。ミシガン医科大学の研究者らがそのメカニズムを解明して報告しています。これまで「歩くこと」「話すこと」と同様に単に「ウイルス・細菌と戦う能力」も大人にならないと身につかないためと考えてきましたが、この考えは少し違うようです。

 最新の研究によると、幼児の身体でもウイルス・細菌と戦う能力はすでに出来上がってはいるようです。ただ、その働きはブロックされていて、うまく機能しないようなのです。この妨害物質はTGFβと言う名前の物質です。TGFβは免疫を抑制する働きを持っており、特に細菌やウイルスを撃退するナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを妨害します。どうやら、幼児の身体ではTGFβが働きすぎるためにNK細胞がうまく増えて成熟することが出来ず、結果として細菌やウイルスに感染し頻繁に具合が悪くなるようなのです。

(省略されています。全文を読む

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患

↑B 1 Tweet
   記事ごとのページ