Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻るこのエントリーを含むはてなブックマーク

バイリンガル



----------このキーワードを使っている記事----------
2010/11/10:バイリンガルは統計上、アルツハイマーの発症が5年遅い(AFPBB)
2007/01/15:認知症発症 バイリンガルは4年遅いらしい(読売新聞)

2010/11/10
バイリンガルは統計上、アルツハイマーの発症が5年遅い(AFPBB)脳・中枢神経・神経(43)】
11月9日のNeurologyに発表。カナダの意志がアルツハイマー患者211人のカルテを調査。
バイリンガル能力を持つ人は記憶喪失、混乱、問題解決や計画立案の困難といった諸症状が遅れるそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク   記事ごとのページ



2007/01/15
認知症発症 バイリンガルは4年遅いらしい(読売新聞)脳・中枢神経・神経(43)】
カナダのヨーク大学の研究者らが、2ヶ国語を反す人は1ヶ国語を話さない人よりも認知症の発症が約4年遅いという分析結果を発表した。
発表先はニューロサイコロジア2007年2月号

研究者らは認知症の患者184名のデータを集めた。この中で2ヶ国語をずっと使ってきたバイリンガルは93名で平均発症年齢は75.5歳、これに対し1ヶ国語しか話さない人91名の平均発症年齢は71.4歳だった。

記事中の中に高学歴の人は、認知症の発症が遅い代わりに、いったん認知症になると症状の進行が早いことが知られているそうです。しかし今回の調査ではバイリンガルの人の方が平均学歴は低く、悪化の早さにも差は見られなかったと興味深いことが書かれています。

平均発症年齢
1ヶ国語しか話さない人75.5才
2ヶ国語を話す人71.4才

このエントリーを含むはてなブックマーク   記事ごとのページ




(since 1999/11/18)
今日 人。昨日

用語一覧表


fetuin-news4.02(120125)

Amrit不老不死研究所トップに戻る