amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数
アクセス数の多い記事

●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18163access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)16031access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12418access
●2013.10.25:嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)11018access
●2012.08.02:遺伝子「ACTN3」を調べることで上達する見込みの高いスポーツを選ぶことが可能に(遺伝子診断・遺伝子多系)9349access

すべて見る


2018.01.23Tue/火

ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を用いて中国ではすでに86人の遺伝子改変が行われたことが判明

↑BTW

中国でコレなら、北朝鮮がバイオに目覚めたら、どんな人造人間が登場するんだか。。。。

Category:ゲノム編集・デザイナーズベイビー

 Keyword:CRISPR/Cas9/10
         記事ごとのページ・コメント欄




2018.01.19Fri/金

インフルエンザに効く?明治ヨーグルトR1に関するこれまでの12研究論文を疑いの目でチェック

↑BTW

ツマが明治ヨーグルトR1を買いまくっているので調べてみました。何このヨーグルト?あるある的番組で人気なの?含まれている乳酸菌はWikipediaによると「OLL1073R-1」

この乳酸菌に関する論文をPubmedで検索すると出てくるのはたった12の論文。極めて限られた研究しかしてない乳酸菌であり、この時点で十分注意すべき情況であると感じます。長々と書いているので、めんどうな人は一番下の結論を見て下さい。

(1).全ての始まりの論文
発表:2002年1月、発表者:明治の中央研究所の研究者のみ?
タイトル:R1ヨーグルトを与えたネズミは関節炎(リウマチ)の症状が緩和する(Oral intake of Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus OLL1073R-1 prevents collagen-induced arthritis in mice. PMID:11808787
  • 別の乳酸菌(OLL1102)との比較実験を行い、R1株が優れていることを示している。
  • スキムミルクを使わず研究用の培地で培養しても同じ効果が得られる。
  • リンパ節細胞のIFNγ産生が減少させる作用がR1株の出す多糖にあるようだ。
(2).1番目の論文の詳細メカニズムを分析
発表:2002年10月、発表者:明治乳業の研究者のみ
タイトル:R1乳酸菌ヨーグルトをネズミに与えると、炎症誘導性サイトカインが出来るのを抑制する(Oral administration of milk fermented with Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1 to DBA/1 mice inhibits secretion of proinflammatory cytokines. PMID:19003106
  • IFNγ、IL-6、TNFα、MCP-1などの分泌を抑制するがIL-2、IL-4は減らさない。作用はT細胞ではなく、その他の免疫補助細胞(accessory cells)を介して起こる。
(3).★ヨーグルト中のどの分子が効いているか
発表:2006年、発表者:明治乳業と東北大学
タイトル:R1乳酸菌の多糖の免疫調製作用を分析(Immunomodulatory effects of polysaccharides produced by Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1. PMID:16840603
  • R1乳酸菌の出す多糖の中で、高分子の酸性多糖が脾臓細胞からのIFNγ産生を促進し、経口投与するとNK細胞の機能を促進する。

(省略されています。全文を読む

Category:サプリメント

 Keyword:ブタ/16 インフルエンザ/7 乳酸菌/9 牛乳/7 風邪/46
         記事ごとのページ・コメント欄(4〜)



2017.12.13Wed/水

子宮頸ガン(HPVワクチン)の男性、女性への臨床効果、科学的エビデンスまとめ

↑BTW

Category:感染による腫瘍形成

 Keyword:子宮頸ガン/11 子宮/24 妊娠/34 子ども/10 GSK/4 HPV/61 ワクチン/106
         記事ごとのページ・コメント欄



2017.12.01Fri/金

ジョンソン&ジョンソンのHIVワクチンのPh2b試験がゲイツ財団の助成などを受けてアフリカの女性2600人参加でスタート

↑BTW

HIVワクチンの開発は以前から数社で進められていますが、今回の試験ほど大規模で得られる結果が信頼出来るだろう試験は初めてと言えます。

今回は、アフリカ南部の5つの国に住む2600人の女性ボランティアを2グループに分け、片方にはHIVワクチンを、片方には偽のワクチンを投与し、数年後にHIVに感染した人の割合を分析することで開発中のHIVワクチンの真の効果を確認します。

日本は先進国で唯一HIV感染者が増加し続けている国と言われ、2016年に1000人程度の感染者が発見、年間500人弱がエイズを発症しているそうです。

Category:感染症

 Keyword:HIV/57
         記事ごとのページ・コメント欄



2017.11.29Wed/水

世界初!イギリスでバイアグラが処方箋無しで薬局で購入可能に

↑BTW

興味で一度飲んでみたい!俺の息子もアラフォーになりかつての勢いが無いのは確か、こんなんで老人ホームでぶいぶい言わせるとか出来るのかと心配w

あれ?10年ぐらい前にグアムのお土産ショップで売ってた気がしたんだが、勘違い?

Category:性・生殖

         記事ごとのページ・コメント欄(3〜)



2017.11.15Wed/水

大塚製薬の3mmの超小型センサーの入った「デジタル錠剤」が世界初承認

↑BTW

抗精神病薬は乱用されたり、指定通りに飲まれた無かったりと服薬コンプライアンスが保てず問題になっていますが、この錠剤は中に3mmの超小型センサーが入っており、本当に飲んだかどうかを医師がチェックすることが可能とのこと。飲むのを忘れた時にスマホなどでリマインダーを出したりも可能とのこと。

便利だろうけど、製薬会社はあの手、この手で医薬医療のコストを上げようとしますね。

Category:薬・ビジネス

         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)



2017.11.10Fri/金

今日の収穫:アシュワガンダの3年物の根っこ

↑BTW


インドのアーユルベーダの不老長寿の秘薬、精●剤として有名なアシュワガンダ(Withania somnifera、インド人参、ウィンターチェリー)を庭に放置していたら大きく成りすぎたので引っこ抜きました。水洗いして、最初は室内に干して乾燥させていたのですが凄まじい薬臭、家中のダニが絶滅しそうな感じw。で、1週間ぐらい屋外に干したのですが、全然臭いが抜けてない。何かが揮発してます。もったいない成分が飛んでるかも。

これって、さっさっと粉末にして密閉するとかした方が良いかねぇ。

Category:サプリメント

         記事ごとのページ・コメント欄(5〜)



2017.11.08Wed/水

赤ワインに含まれる「レスベラトロール(resveratrol)」の老化抑制効果に関する研究まとめ、新たに遺伝子のスプライシング因子の制御機構が報告される。

↑BTW

赤ワインに含まれるポリフェノールの1つ「レスベラトロール(resveratrol)」はSIRTやAMPKなどの経路を介して老化抑制効果を果たすと考えられていましたが、今回、アメリカ・エクセター大学の研究者がレスベラトロールがこれまで知られている経路とは別に遺伝子から転写されたmRNAのスプライシング関連経路を介してテロメアを伸ばし、老化した細胞の増殖性を回復させていることを報告しています。

 研究者はレスベラトロールに加えて、ちょっと構造の異なる5種類のレスベラトロールそっくりさんをつくり、合計6種の薬物の細胞に対する反応を比較検討することでこの結論を導き出しています。

図1ではSIRT1の活性、図2では炎症性タンパクの量、図3ではスプライシング因子の量、図4では細胞老化マーカーの比較、図5ではテロメアの長さと、細胞増殖性を評価しています。

レスベラトロールに関しては当サイトではこれまでにも色々と紹介しています。

Category:アンチエイジング・老化抑制

 Keyword:テロメア/19 Resveratrol/10
         記事ごとのページ・コメント欄



2017.11.01Wed/水

不老長寿技術を開発するベンチャーにのみに投資するファンド「Longevity Fund」

↑BTW

この投資ファンドを立ち上げたのは14歳でMITに入学するなどの経歴を持つ現在23歳のLaura Deming氏。現在のオフィシャルページには以下の3つに投資すると書かれています。
(1)単一の処置により老化を改変しうる仮説をテストしている会社
(2)生命システムを制御する新技術を開発している会社
(3)Things which don’t fall into either bucket above, or combine the two. We try to be non-dogmatic, so if you can make a good case for it, we’ll take a look.(訳せない。。。。)

現在の投資先は

とのこと。いずれも興味深い会社ばかりです。

Category:企業活動・大学

         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)



2017.10.31Tue/火

脳スキャン情報のディープラーニングで自殺しそうな人を高精度で判別可能

↑BTW

6つの単語「死、残酷、問題、気楽、善行、称賛」を見せながら脳をfMRI(機能的核磁気共鳴画像装置)スキャンしたところ、自殺を試みたことのある人と、普通の人で反応の明確に異なる5つの脳の部位が見つかったそうです。

この判別法の有用性を検証する実験として、自殺を試みたことのある17人の脳をスキャンしたところ、16名を自殺の可能性有りと判別でき、また、普通の人17人をスキャンしたところ17人中15名を普通の人と判断出来たとのこと。

自殺の予兆を検知出来る本判別法は、自殺者を減らすのにたいへん役立つ可能性があります。。。。
ホントか?

Category:精神

         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)