amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数
アクセス数の多い記事

●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)18976access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)18721access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)13135access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)12984access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)12481access

すべて見る


2019.03.13Wed/水

死者からの子宮移植での出産に世界で初成功、生体子宮移植での出産はもう10例超え

↑BTW

すでに親族からの生体子宮移植では世界中で10例以上の出産が報告されているそうですが、死者からもらった子宮で出産に成功したのは世界初とのこと。今回は、3度の出産経験のある45歳の女性(脳死)を生まれつき子宮の無い32歳の女性に移植したところ5か月後に生理を確認、7か月後に受精卵1個を挿入し、出産に成功したそうです。

他人から移植された子宮は免疫拒絶を防ぐために免疫抑制剤の服用がずっと必要とのことで、この服用をやめるため(感染症などの危険もあるので)、この女性は出産と同時に移植した子宮も摘出しています。

男性に子宮を移植すると機能するんでしょうか?この漫画を思い出しました↓

Category:性・生殖

 Keyword:免疫抑制剤/12 妊娠/42 子宮/36
         記事ごとのページ・コメント欄




2019.03.04Mon/月

50歳以上の3662人を調査:学歴・財産量とは関係無くテレビを多く見る人ほど暗記力が低くスムーズに話せない

↑BTW


報告Diabet Med. 2014 Dec; 31(12): 1572?1576. Television viewing and cognitive decline in older age: findings from the English Longitudinal Study of Ageingより一部改変
ニワトリが先か、タマゴが先かの議論として知られていますが、テレビを見るほど馬鹿になるのか、バカがテレビをたくさん見るのかに関する研究結果です。50歳以上の3662人を調べた研究、上記表は一番上が単に平均値を示したもの。「暗記力(Verbal memory)、会話のスムーズさ(Sementic fluency)がテレビ視聴時間が増えるほど低下してくのが分かります。さらに、学歴などの影響を補正してもこの傾向は変わらず、さらに運動状況などを補正してもテレビ視聴時間増加につれてスコアが下がっています。


報告Diabet Med. 2014 Dec; 31(12): 1572?1576. Television viewing and cognitive decline in older age: findings from the English Longitudinal Study of Ageingより一部改変
この表は教育状況と資産状況の比較です。ミもフタも無い感じで、低学歴ほど長い時間テレビを見ており、資産が少ないほどテレビを長くみています。

結論として、テレビの長時間視聴は教育・資産などの影響を受けた結果(低学歴で貧困ほどテレビをたくさん見る)ではあるが、その影響を差し引いてもテレビ視聴により言語能力の低下が引き起こされている(テレビをたくさん見るほど馬鹿になる)、あるいは、言語能力に乏しい人がテレビを長時間見るということを示しています。

Category:生活習慣

         記事ごとのページ・コメント欄(12〜)



2019.02.26Tue/火

男兄弟が多いほど末の子がゲイになるメカニズムが解明、原因は母親の抗NLGN4Y抗体

↑BTW


報告:Male homosexuality and maternal immune responsivity to the Y-linked protein NLGN4Y | PNASより。シナプス接着因子であるNLGN4Y(ニューロリギン)とニューレキシンのバインディングを母体由来の抗NLGN4Y抗体がブロックしていると予想される。
メカニズムがクリアですね。解明されたメカニズムは下記
・男の子を妊娠

・胎児には母親の体内にないY染色体由来のタンパク「NLGN4Y」が存在、一部は母体へ

・母体で異物反応がおきてNLGN4Yに対する抗体が出来る。

・母体が次の男の子を妊娠した時に、抗体が胎児内に侵入して「男性的思考」に関して働いていると考えられるNLGN4Yタンパクの働きをブロック

これまでの研究でも兄が1人増えるごとにその弟は33%もゲイになる確率が高くなることが統計的に知られていましたが、そのメカニズムは不明でした。

子供がゲイになるのを好まない人は妊娠前に抗NLGN4Y抗体の濃度をチェックすると良いかもしれませんが、検索してみましたが今のところそういうサービスは無いみたい。ひと儲け出来そうだなー。逆に利用して子供をゲイにする確率を上げることも出来そうです。

母体の抗体のこういった作用は他のタンパク質に関しても色々ありそうですね。

Category:性・生殖

         記事ごとのページ・コメント欄(4〜)



2019.02.25Mon/月

デジタルヘルス時代の幕開け、Hygieia社の糖尿病患者向けインスリン投与量アドバイスアプリがアメリカFDAで承認、臨床試験で健康上のメリットがあることも確認される

↑BTW

クラウドまで使って個人ごとに最適なインスリン投与量を算出してくれるシステム「d-Nav」だそうです。臨床試験においては従来通りのインスリン自己投与を行ったいた人が1%±1%のHbA1c低下を達成したとのこと。あまり詳しくないのですが、最近では長時間持続型インスリンのランタスとかあるので最適な投与量が直観的に分かりにくいのでしょうか?

このまま進んで、血糖値測定→投与量算出→投与まで全自動におこなって、体内に埋め込めば、それは人工すい臓みたいなものになりますが、ちょっとハッキングが怖いですかね。
(省略されています。全文を読む

Category:生活習慣

 Keyword:インスリン/69 糖尿病/25
         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)



2019.02.22Fri/金

癌治療薬の最終兵器「オプジーボ」の効き方が筋肉量によって3倍異なることが判明

↑BTW

大阪大学の研究者らが発表。平均年齢70才ぐらの40名程度を比較。筋肉が衰えている(sarcopenia)の人はオプジーボの効きにくかったそうだけど、オプジーボは人体の免疫を利用して癌を直す「がん免疫治療薬」です。単純に体が衰えている人が効きにくくて、そういう人は筋肉も衰えているだけでは?

結論が
Screening for sarcopenia may help identify patients more likely to achieve a long-term response in routine clinical practice.
とのこと。製薬会社にはメリットあるけど、患者にはメリットが無さそうな話。

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:PD-1/13 筋肉/32
         記事ごとのページ・コメント欄(3〜)


細胞を投与して治療する時代の幕開け!ノバルティスの癌治療細胞医療「キムリア」日本承認。アメリカで1回5000万円の治療

↑BTW


ノバルティス社Webページ「Chimeric Antigen Receptor T Cell (CAR T) Therapy」に日本語を追加
3歳〜21歳以下のB-ALL(B細胞性急性リンパ芽球性白血病)の患者の対象とした試験では、75人に投与して全寛解率(骨髄中の癌細胞の割合が5%以下になる)は81.3%
18歳以上のDLBCL(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)患者を対象とした試験では81人投与して全奏効率(効果が見られた)は53.1%
小児がんに使うなら5000万の保険負担も、まあ許せるかなと思うパパであった。

治療用の細胞は患者から取り出したのち、神戸で処理して、体内に戻す感じかな?
同じメカニズムの第一三共のCAR-T細胞療法剤がもうすぐ承認になると思うんだけど

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:再生医療/56
         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)



2019.02.20Wed/水

2019年2月Nature Commun発表/アシタバの葉に含まれるポリフェノール(フラボノイド)にあらゆる生物に効く最強のアンチエイジング作用

↑BTW


報告「The flavonoid 4,4′-dimethoxychalcone promotes autophagy-dependent longevity across species」より左図:人間の細胞をアシタバ成分を入れて培養したものと、していないものの比較。紫色が細胞で、DMC処理した場合により多くの紫色が観察されている。右図はこれをグラフにしたもの
2019年2月19日のNature Communicationsで発表されています。発表したのはオーストリアの研究者ら。アシタバ(Angelica keiskei koidzumi)に含まれる4,4'-dimethoxychalcone(4,4'-ジメトキシカルコン、略語DMC)が酵母、線虫、ハエの寿命を延ばし、人間の細胞の老化現象を軽減すること、また実験的に心臓病を発症させたマウスにDMCを投与すると心臓細胞が保護されることを実験により報告しています。

この作用はオートファジー(Autophagy/自食作用)を活性化したためのようです。オートファジーとは細胞内の不要な組織を分解する作用で、老化によってその作用が弱まることが分かっていますが、これは細胞内に不要物がたまっていくことを意味します。

人間がアンチエイジングするためにどれぐらいアシタバの葉を食べないといけないかは、まだ実験されていないので不明ですが、人間の細胞を用いた上記画像の実験においては50μMの濃度でDMC(有効成分)を作用させています。この有効成分の分子量は268なのでこれは13.4 mg/L濃度であり、適当な計算ですが、人間の体積を60リットルとすると、全身の細胞をこの濃度にするために必要な量は800mg。食べたものが100%吸収されるわけではありませんが、一度に1g(有効成分の重さ)を食べれば効果あるかもしれません。

アシタバのサプリメントも売られています。
まあ、アシタバなんて雑草みたいなものなんで自分で栽培してモリモリ食べましょう。

Category:アンチエイジング・老化抑制

         記事ごとのページ・コメント欄(2〜)



2019.02.19Tue/火

ロタウイルスワクチンが子供の一型糖尿病発症を防ぐとの研究結果。2007年にワクチン導入したオーストラリアで発症率14%減少

↑BTW


GSK社Webページより
オーストラリアでの研究です。2000年〜2015年に生まれた16159人を調べたところ、ワクチン導入(2007年)後に生まれた0〜4歳において一型糖尿病の発症率が14%低下していたそうです。ロタウイルスの発症と一型糖尿病の関係は以前から報告されています。報告されているメカニズムとしては、ロタウイルスの表面構造(ペプチド)がすい臓β細胞のペプチドと似ているため、自然ロタウイルス感染時に生じる過度の免疫反応により、ロタウイルスと一緒にすい臓β細胞が破壊され一型糖尿病を発症しうるというものです。

  • ※すい臓β細胞・・・・・血糖値を下げるホルモン「インスリン」を分泌する細胞。
  • ※一型糖尿病。。。。。すい臓β細胞がなんらかの原因で死滅することにより生じるタイプの糖尿病。
今回の統計調査はこのメカニズム的な仮説と矛盾しない結果といえます。

しかし、うちの子も「ひどい下痢防止」な意味で打ったけど、ロタウイルスワクチン高いんだよねー。1回14000円の2回投与。一型糖尿病自体が発症率はそんなに高くないので医療経済的には割の合わない投資かもしれませんが、もう少し負担を減らして欲しいところです。

Category:感染症

 Keyword:GSK/6 β細胞/6 ワクチン/161
         記事ごとのページ・コメント欄(2〜)



2019.02.14Thu/木

老化した細胞のみを殺す「Senolytic薬」の開発とその効果

↑BTW

生体内のわずかな老化細胞の存在が体全体の老化現象を引き起こすことが報告されています。下図は

  • Senolytics improve physical function and increase lifespan in old age.Nat Med. 2018 Aug;24(8):1246-1256. doi: 10.1038/s41591-018-0092-9. Epub 2018 Jul 9.PMID:29988130
より抜粋した図です。実験的に少数の老化細胞を若いマウスに移植し、老化を促進せる実験を行っています。
Senolytics improve physical function and increase lifespan in old age.Nat Med. 2018 Aug;24(8):1246-1256. doi: 10.1038/s41591-018-0092-9. Epub 2018 Jul 9.PMID:29988130
具体的には17ヵ月齢の老化したネズミに50万個(0.5×10^6個)の老化した少量の細胞を移植し、その結果、グラフの赤字で示すように老化した細胞を投与されたネズミでは1年で50%が死亡したのに対し、細胞を投与されていないネズミや、若い細胞を投与されたネズミでは80%程度が生き残っている。すなわち少量の老化細胞が全身の老化をう誘導し死亡させていることを証明しています。

では老化した体から、老化した細胞を取り除くことが出来たら若返ることが出来るのでしょうか?

答えはイエスです。下記報告では肝臓内の老化した細胞のみを殺し除去することで脂肪肝の症状が改善することが報告されています。
  • Cellular senescence drives age-dependent hepatic steatosis.Nat Commun. 2017 Jun 13;8:15691. doi: 10.1038/ncomms15691.PMID:28608850
そしてこの報告でも使われていますが、既に販売されている薬とサプリメントの組み合わせで老化した細胞のみを殺すことが出来ることが分かっています。

★老化した細胞のみを殺すことが報告されている2つの薬の組み合わせ。
  • dasatinib(ダサチニブ)・・・・複数のチロシンキナーゼを標的とした分子ターゲッティングタイプの抗がん剤
  • quercetin(ケルセチン)・・・・玉ねぎ・柑橘類など含まれるフラボノイドの一種
知らなかったのですが、このような老化細胞のみを殺す作用を「Senolytic」というらしいです。

老化細胞除去の研究は実は2011年には既に報告されています。
既に様々な研究が進んでおり、AmazonのCEOらが出資するUNITY Biotehnologyという会社は老化細胞除去薬の臨床試験を行っています。

Category:アンチエイジング・老化抑制

 Keyword:脂肪/96
         記事ごとのページ・コメント欄(5〜)



2019.01.30Wed/水

朝起きられない事に関係する237の遺伝子を発見

↑BTW

これまでに24個知られていたが、さらに237個見つけたそうです。

年とると睡眠時間が短くなるよ、老人は早起きだよってよく聞くけど、最近、7時間寝ないと頭が冴えなくなってきたんだけど、どうなってるんだ?趣味の時間が全然取れないよ。。。。

Category:遺伝子診断・遺伝子多系

 Keyword:睡眠/143
         記事ごとのページ・コメント欄