amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数
アクセス数の多い記事

●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)20009access
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)19440access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)15479access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)14787access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)13099access

すべて見る


2019.12.06Fri/金

ピルを飲んでいる女性は脳の視床下部が小さい傾向

↑BTW

50人の健康な女性をMRIで調査。うち21名が経口避妊薬(ピル)を服用。結果、視床下部の大きさがピルを飲んでいる女性で有意に小さかったそうです。研究ではピル服用により視床下部の大きさに変化が生じたとの論調で語られていますが、因果が逆の可能性は無いのだろうか?

また、視床下部の大きさと認知能力テストの結果に相関関係は見られませんでしたが、激しい怒り(greater anger)と「うつ病」傾向との相関関係が見られたそうです。

視床下部は脳の0.3%、4グラム程度ですが、幸せホルモンとして知られる「オキシトシン」を分泌したりしている部位です。

この発表は2019年12月5日のRSNAという学会(Radiological society of North America)でMichael L. Lipton, MD, PhD bronx, NYらにより「Oral Contraceptive Use Is Associated with Smaller Hypothalamic Volumes in Healthy Women」というタイトルで発表されてます。

日本の新聞社は海外のサイエンスニュースをまったく流さなくなりましたねぇ。。。。俺の人生、今のところピルを飲んでいる女性とのご縁は無いなぁ

Category:性・生殖

 Keyword:オキシトシン/5 うつ病/14
         記事ごとのページ・コメント欄




2019.12.05Thu/木

コーヒーに含まれるカフェインの効き目を維持するには(1)熱いうちに飲む、(2)ほどほどの砂糖を入れる

↑BTW

カフェインは疎水度が高いので、温度低下と共に凝集してしまい効果が薄れる。砂糖を入れるとこれを抑制出来るが、砂糖は同時にカフェインの溶解度も下げるのでほどほどに入れるのが良い。

なかなか優雅な研究だね。イスラエルの研究者の論文です。

Category:サプリメント

 Keyword:カフェイン/9
         記事ごとのページ・コメント欄



2019.11.28Thu/木

飲酒しないのに脂肪肝になった患者(NAFLD)の61%の腸内からアルコール多産生細菌が発見される

↑BTW

健康な人の6%からしか発見されないアルコール多産生細菌「K. pneumoniae」がアルコール非依存性脂肪肝患者(Non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) )患者の61%から発見されるとのこと。この細菌を患者から取り出してマウスに移植するとマウスが脂肪肝になってしまうそうです。

どうやら人間は腸内細菌にいいようにヤラれている模様。

Category:腸内細菌

 Keyword:腸内細菌/117 飲酒/9 脂肪/105
         記事ごとのページ・コメント欄(2〜)



2019.11.26Tue/火

「低身長症の治療薬」が登場するも当事者からは賛否両論

↑BTW

臨床試験では5〜14歳の軟骨無形成症の子ども35人を対象とした臨床試験により、身長が伸びる速度が一般的な子どもとほとんど同じになるという目覚ましい効果を示したそうです。

低身長を「治療」する薬と定義すると抗議が来るので「軟骨無形成症に伴う合併症の予防」の薬として承認されているらしい。副作用として低身長が治っちゃうのは仕方ない作戦。

BioMarinかぁ。薬効成分は半減期を伸ばしたCNPペプチドアナログとのこと。

Category:治療技術

 Keyword:子ども/11
         記事ごとのページ・コメント欄



2019.11.22Fri/金

重篤な外傷を負った患者に10〜15℃の冷却食塩水を流し込んで急速冷却し、治療後に組成する治療が世界で初めて実施へ

↑BTW

冷食塩水注入で脳の活動は完全停止するとのこと。組成までの外科処置時間は2時間程度とのことです。先日、コハク酸生成を抑止することで臓器損傷を低減出来るという研究もありました。

単なる食塩水でなく、色々と工夫も出来るかもしれないですね。

Category:冬眠・凍結保存・クライオニクス

         記事ごとのページ・コメント欄



2019.11.18Mon/月

子供の近視を遅らせるマルチフォーカルコンタクトレンズ「MiSight」が米国で承認

↑BTW

英国では既に承認されているコンタクトレンズですMiSightが使っているテクノロジー「マルチフォーカル」に関しては下記が分かりやすいです。マルチフォーカルって要は「遠近両用」のことです
このコンタクトレンズは同心円状に近く用レンズ、遠く用レンズ、近く用レンズ、遠く用レンズと配置されているようです。

Category:目・視覚

 Keyword:近視/8
         記事ごとのページ・コメント欄



2019.11.15Fri/金

米eGenesis社、ゲノム編集でヒトに近づけたブタ腎臓移植の臨床開発へ109億円調達

↑BTW

2017年の40億円の第1回目の資金調達に続く2回目の資金調達(シリーズB)に成功。2017年に人間への移植時に問題となるブタのウイルスを除去したブタを作成しScienceで発表してます。

Category:臓器移植

 Keyword:ブタ/23
         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)



2019.11.13Wed/水

生物学的実年齢(DNAメチル化頻度)を若返らせることに成功。市販の3医薬を1年間投与して2.5年若返る

↑BTW

近年の研究によりDNAのメチル化度合の測定が実年齢よりも正確に生物学的年齢を測定出来ることが示されつつある。今回、研究者らはこのDNAメチル化(エピジェネティクス的年齢)を回復可能であることを世界で初めて報告したと言っています。

研究では51〜65歳の健康な男性を雇い、第1試験は7名、第2試験は3名で試験を行っています。試験ではヒト成長ホルモンを0.015 mg/kg+DHEA 50mg(糖尿病薬)+ 500mg メトホルミン(糖尿病薬)を毎日飲んでもらい、1年後に分析したところ、DNAメチル化の指標では1年間の治療後に1.5年若返らせることに成功した(2.5年若返ったことになる)とのことです。

Category:アンチエイジング・老化抑制

 Keyword:DHEA/4 エピジェネティクス/11 メチル化/15 メトホルミン/13 糖尿病/38
         記事ごとのページ・コメント欄



2019.11.11Mon/月

MRIの中でエロエロして断面撮影した素晴らしい研究(画像アリ)

↑BTW

奥まで入ってるなー。俺、こんな細長く無いんですけど・・・・・

Category:性・生殖

         記事ごとのページ・コメント欄(1〜)



2019.11.06Wed/水

ショートスリーパー遺伝子「neuropeptide S receptor (NPSR1) 」変異の3つ目が見つかる

↑BTW

この遺伝子変異は4.3〜5.5時間しか眠らない父親と息子の全ゲノムシークエンス研究から見つけたそうです。この遺伝子をネズミに導入すると活動時間が増え睡眠時間が減り、かつ睡眠を制限した時の脳障害が抑制出来たそうです。

これまでに見つかった2つのショートスリーパー遺伝子はDEC2変異とADRB1(β1アドレsなリン受容体遺伝子)変異とのこと。

Category:睡眠

 Keyword:睡眠/145 遺伝子変異/13
         記事ごとのページ・コメント欄