amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加
最近アクセス数の多い記事

すべて見る

2020.11.30Mon/月

書籍「ライフスパン(LIFESPAN)老いなき世界」(デビッド・A・シンクレア)(2020年コンテンツ36)

↑BTW


いかがわしい本になりがちなタイトルですが、書いているのが生涯を老化研究に費やしているハーバード大学医学部教授のデビッド・A・シンクレア。ものすごい超大作です。1日1時間読んで2週間ぐらいかかった。「老化」に必然などなく、「老化」を病気として認識すべきとの考え。現在の場当たり的な医療に費やしているお金を研究に費やせば多くの疾患を予防出来るのにとの考え。

著者は、現在の延長でも現在アラフォーな著者が120歳まで生きる確率はかなり高いと考えています。アンチエイジングの最新研究の内容としては俺にとっては80%ぐらいは知っている内容ではありましたが、その膨大な引用元情報(引用情報数100件(汗)学術論文の総説かよ!)の中にはあとで確認してみようと思うものが多数ありました。内容は細胞内のシグナルトランスダクションの理解がキーになっている部分が多く学士ぐらいのバイオ・生物の知識がないと完全には理解出来ないかな?でも非常にうまいたとえ話で説明されており聞きかじりの知識があれば楽しめるかと思います。

そしてこの本のすごいところは最先端の技術に関して本の前半で語った後は、後半でひたすら不老長寿が実現した後の社会について述べている点。確かに、そんな事が実現した日には医療の問題じゃなく社会的な超問題だね。年金制度の崩壊どころじゃなく盤石の陣営を誇る老害政治家が100年にわたって君臨することがあり得ることを意味します。

俺も70やそこらで退職を強要され、うっかり技術の進歩で120歳まで生きることになったら金銭的にヤバいなw。人間120歳まで生きるようになったら、20歳やそこらで人類はパートナーと永久の愛を誓うべきかという議論もあるようです(^^;

長い時間かけて読んだので色々と忘れてしまった点も多いけど印象に残った話をピックアップすると、この著者も俺も同じサプリメント飲んでいるんだけど、俺が1日125mgしか飲んで無いのに、この著者は1日1000mgも飲んでいる点とか(1日1000円かぁ・・・・・)、そのサプリでで50代女性の月経が再開した話とか、Senolyticsへの言及があまり無い点とか。iPS細胞を作るリプログラミング技術をin vivoで行い根本的若返りを行える可能性を示唆する報告がされている点とか。

↓本の値段は2500円と高いけど、Amazon Kindleだとポイント1300円付くので実質1200円だよ。

Amazonめ、こんな形で販売価格維持制度を崩壊させやがって。

Category:統計(寿命・その他)

 Keyword:iPS細胞/25
         記事ごとのページ・コメント欄




2020.11.24Tue/火

長寿遺伝子活性化サプリメントはどれが良いのか?:NMN vs NaR vs Nam(ビタミンB3)

↑BTW

いったいどれが良いんでしょうか?

今飲んでいるのはNMNなんですが、本当にNMNで良いのか。

目指すべきは老化に伴い低下するNAD+の濃度上昇です。

この目的のために現在主に3種類の周辺代謝産物がサプリメントとして販売されています。※NAD+そのものは摂取しても体内に吸収される前に消化管で分解されてしまうので服用しても無駄です。

一番右の「ビタミンB3(ニコチンアミド、ニコチン酸)」はまわりまわってNAD+濃度を高めうるかもしれませんが、それ以上にサーチュイン(老化抑制遺伝子)の抑制効果が報告されていると理解しているんのですが名前が似ているせいか、アンチエイジングサプリメントとして同じように販売されていますね?勘違いあったら教えてください。

(省略されています。全文を読む

Category:サプリメント

 Keyword:ビタミンB/6 ビタミン/12
         記事ごとのページ・コメント欄(2〜)



2020.11.18Wed/水

老化・アンチエイジングを実現しそうな薬を開発している企業リスト(2020年11月17日版)

↑BTW

  • Unity Biotechnology60イイネp53/MDM2阻害剤のUBX0101(開発失敗?)、Bcl-xL阻害剤のUBX1325や、複数メカニズムのUBX1967など
  • Frequency Therapeutics33イイネ複数既存薬のミックスを用いたPCA(progenitor cell activation) approchによる聴覚細胞の再生を目指す臨床試験FX322を実施中。
  • Navitor - Navitor Pharmaceuticals, Inc.3イイネmTOR阻害剤のNV-20494とかNV-5138とか
  • CohBar, Inc. (CWBR)1イイネミトコンドリア由来のペプチドミックスを薬として使う?
  • Takeda Oncology 1 users910イイネ。元Millennium Pharmaceuticals。TORC1/TORC2阻害剤(SAPANISERTIB/MLN0128)が癌(NSCL)用途でPhase-II。
  • Pfizer 3 users8218イイネ。PI3K/mTOR阻害剤であるGedatolisib (PF-05212384)を開発中。
まったく網羅させてないと思いますが個人的メモ
mTOR阻害剤は癌には効いても得られる効果を臨床試験で確認するには微妙すぎるのかな?やはりSenolyticsに期待だな。

Category:リンク

 Keyword:ミトコンドリア/34 p53/57
         記事ごとのページ・コメント欄



2020.11.17Tue/火

日本にも供給される米モデルナ社、臨床試験でコロナワクチンの有効性94.5%と発表

↑BTW

米国では数週間以内に承認申請予定。我が国に提供されるワクチンのスケジュールは河野太郎がTwitterでまとめて昨日Tweetしてた
上記のTweetに「絶対打ちません!」ってキチガイはたくさん湧いていて面白いw。ワクチンじゃキチガイは治らないから安心して良いのに。
どうにか今年中に接種開始出来ないものかね?どこかの金持ちが1万人分自腹で購入入手して個人輸入して抽選とかやらないかね?協力してくれる医師がいれば別に投与したって良いはず。

Category:感染症

 Keyword:ワクチン/188
         記事ごとのページ・コメント欄(5〜)



2020.11.11Wed/水

米ユニティーバイオテクノロジーが同社2種類目となる老化細胞除去薬UBX1325の臨床試験スタートを発表

↑BTW

10株ほど買い増した!同社は8月に最初の老化細胞除去薬UBX0101(作用メカニズムはp53/MDM2結合阻害剤)のPhase2試験で期待する効果が確認出来なかったと発表していました。
しかしその1か月前の7月にUBX1325という同社2種類目の老化細胞除去薬(Senolytic)の米国臨床試験申請(IND)提出していたそうです。この薬はBcl-xL阻害剤。老化細胞の中で働いている自殺抑制タンパク質を邪魔します。すなわち老化した細胞にはさっさと自殺してもらうことが出来ます。

臨床試験では10月に最初の患者への投与が始まったそうです。最初の結果は2021年のQ1(1〜6月)に得られるそうです。

この臨床試験の投与対象患者は目の加齢性疾患。来年前半にも薬効を確認する実験を確認するとのこと。

Category:老化細胞除去

         記事ごとのページ・コメント欄



2020.11.08Sun/日

失明した人に視覚を取り戻す、人工視覚システム「Gennaris」が治験準備中

↑BTW

まだ電極たった43個かよ。

Category:目・視覚

         記事ごとのページ・コメント欄



2020.11.06Fri/金

ワクチンで老化細胞を減らす世界初の成果。CD153を標的としたペプチドワクチンでの老化T細胞除去に阪大研究者がマウスで成功

↑BTW

老化するとPD-1陽性&CD153陽性の老化T細胞が内臓脂肪で増えてくるそうです。これをCD153を標的とするペプチドワクチンで除去することに成功したとのこと。論文のDiscussionでは最終パラグラフで「Toward clinical application(臨床試験に向けて)」と2回も言ってるので、、、、臨床試験やるんだろうな?

報告ではマウスCD153の部分ペプチド
  • (A) 116-TKLSWNEDGT-125
  • (B) 182-CESGVQSK-189
  • (C) 101-KKSWAYLQ-108
  • (D) 76-TTEKAPLKGG-85
  • (E) 234-LYSSSD-239
をワクチンとして試しています。いずれのペプチドでも免疫原性を確認。実際のマウス実験ではより強力なアジュバントとしてCpGを使用しています。細胞除去が目的ならAlumよりもCpGの方が細胞性免疫を惹起しやすいとの方向性なのかもしれません。
またヒトの配列では(D)はVVQRTDSIPN 71-SPDNVPLKGG-80 NCSEDLLCIになるとのこと。ワクチンとして使えるカスタペプチドはBIOMATIKで購入可能ですので個人でDIYワクチンを作って使用可能ですね。やろうと思えば。
CpGはどうやって手に入れるかね。
こんなのベンチャー作って臨床試験目指せばお金集められないのかね?「脂肪細胞内の老化T細胞量」ってのをプライマリーエンドポイントには出来ないだろうから見せかけての適用疾患とか設定しないといけなくて色々と難しいか。。。。

ヒトのCD153の全配列情報はここ
        10         20         30         40         50
MDPGLQQALN GMAPPGDTAM HVPAGSVASH LGTTSRSYFY LTTATLALCL
60 70 80 90 100
VFTVATIMVL VVQRTDSIPN SPDNVPLKGG NCSEDLLCIL KRAPFKKSWA
110 120 130 140 150
YLQVAKHLNK TKLSWNKDGI LHGVRYQDGN LVIQFPGLYF IICQLQFLVQ
160 170 180 190 200
CPNNSVDLKL ELLINKHIKK QALVTVCESG MQTKHVYQNL SQFLLDYLQV
210 220 230
NTTISVNVDT FQYIDTSTFP LENVLSIFLY SNSD


研究者の中神啓徳氏がここで語ってますね。
中神氏は私と同じ考えのようで適用疾患どうするか。。。と悩んでいるようですが、対談している順天堂大学の南野氏はSAGP(Senescence-associated Glycoprotein)という老化抗原に対するワクチンの臨床試験を1年以内に始めたいと言及していますね。
PD-1陽性/CD153陽性細胞は「おなかぽっこり」の原因でもあるとのこと

Category:老化細胞除去

 Keyword:PD-1/17 脂肪/116 糖尿病/79
         記事ごとのページ・コメント欄



2020.10.30Fri/金

玉ねぎスゴ!少ないケルセチンでも飲み続ければマウスで老化細胞が除去されるとの研究結果

↑BTW


やはりケルセチンは神か!これまで50mg/kgのケルセチンと抗がん剤の組み合わせで体内の老化細胞が除去される研究を報告してきましたが、今回の研究はそれよりもはるかに少ない0.125mg/kg、週に1回をずっと飲み続けても同様に老化細胞が、骨格筋、脂肪細胞で減少することが報告されています。


出典:Low-dose quercetin positively regulates mouse healthspan | SpringerLinkから抜粋

また下記の報告では
10mg/kgのケルセチンを毎日4週間飲ませて糖尿病性腎臓病(diabetic nephropathy)を治療しています。
最近下記のケルセチンサプリメントを毎日飲んでいます。ずっと飲み続けるならこんな大量に飲む必要無いのか?


↓3個セットの方がずいぶん安い

Category:サプリメント

 Keyword:ケルセチン/19
         記事ごとのページ・コメント欄(8〜)



2020.10.26Mon/月

最新型第4世代ダヴィンチシステムの発売から見る、ロボット手術の現状について

↑BTW

現在までに世界で2000台以上が販売されているそうです。

腹腔鏡手術と比べるとコスト的にはメリットは無く、治療効果的にもメリットは小さい?

Category:治療技術

         記事ごとのページ・コメント欄(2〜)



2020.10.22Thu/木

プラスチックボトルを加熱するとミルクにマイクロプラスチックが大量に溶けだす

↑BTW


出典:Microplastic release from the degradation of polypropylene feeding bottles during infant formula preparation, Nature food
イヤラシイ研究だねぇ。出てくる量は商品によって大きく異なり多いもので1リットルあたり100万個、少ない物で4万個ぐらい。マイクロプラスチックの大きさとしては小さいものほど多く、1?m以下が一番多い感じ。日本はプラスチックボトルのミルクは普及してないので幼児への影響はかなり少ない。中国はもっと少ない。普及している北米、オーストラリア、スペインなどが影響大。

まあマイクロプラスチックがカラダに悪いって証拠はあったっけ?

Category:子育て

         記事ごとのページ・コメント欄(2〜)