amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数
アクセス数の多い記事

瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)17351access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)17026access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)14648access
ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)11719access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)10194access

すべて見る


最新ニュース
2017/03/24(金)

ザクロに含まれる物質「エラジタンニン(ellagitannin)/エラグ酸」が線虫の寿命を延ばし、ねずみの筋肉機能を向上させる。この物質の医薬も開発中

ザクロに含まれる物質「エラジタンニン(ellagitannin)/エラグ酸」が腸内細菌により分解されウロリチンA(urolithin A)を作り、この物質が細胞内のミトコンドリアの分解と再構築(マイトファジー)を促進し、結果として原始的な動物である線虫の寿命を延ばし、またネズミの筋肉機能を向上させるそうです。

ネズミを使った実験では一晩に飼育ケージに入れた回転するオモチャの中で走る距離が0.5km→0.75kmと1.5倍に上昇しています。この実験では1日あたり50mg/kgのurolithin Aを与えています。ザクロに含まれるエラジタンニンの全てがウロリチンAに変換され吸収されるわけではありませんが、人間に換算すると1日あたり3g食べていることになります。

↓の報告を見るとブラックベリーに88μg/g、ザクロに17μg/g、イチゴに17μg/g含まれているとのこと。イチゴの場合1日に176キログラム食べればよい計算です。。。。。。ちょっと無理ですね(笑)

ウロリチンA(urolithin A)はスイスのAmazentis社によりアンチエイジングの薬として開発されているとのことですのでそちらに期待しましょう。

Category:アンチエイジング・老化抑制

↑BTW


 Keyword:筋肉/25 ミトコンドリア/23 腸内細菌/105
           記事ごとのページ・コメント欄

子供の頃に「指しゃぶり」「爪かみ」をした子供は一部のアレルギーになりにくいとの統計分析結果

ニュージーランドにおいて1000人以上の5才、7才、9才、11才の子供の親に、指しゃぶり(Thunb-sucking)、爪かみ(nail-biting)をしているかどうかを報告させ、アレルギーテストの結果と比較しています。

全体の31%に「指しゃぶり」「爪かみ」が見られましたが、13才時点で35%、32才の時点で40%アレルギーテスト反応が低いことが分かりました。

ただしアレルギー反応テストは、直接「喘息」などのアレルギー疾患とイコールでは無いので臨床的に意味があるかは不明とのことです。

Category:子育て

↑BTW


 Keyword:アレルギー/16
           記事ごとのページ・コメント欄

アメリカ癌学会(ASCO)がHPVワクチン(ヒト子宮頸ガンワクチン)の推奨接種スケジュールを発表

アメリカ癌学会(ASCO)が国の医療経済状況ごとのHPVワクチン(ヒト子宮頸ガンワクチン)接種方法を発表しています。日本のように医療費が潤沢にある国で推奨されるのは下記となります。

  • 全ての国で9〜14才の少女に2回接種した方が良い(期間は少なくとも6ヶ月〜15ヶ月あける)。HIV陽性の人には3回接種した方が良い
  • 15才以前に最初の接種を終え、15才を超えた少女にはもう接種しなくて良い。
  • 15才以前に接種していなければ、3回の投与を行うべき。
  • 接種は26才までに接種すべき。
  • 少女の50%以上に接種を終えてさらに医療経済が許す場合、少年にも投与すると良い。少女の接種率が50%に達しない場合は、男性に投与するのは推奨しない。
海外では少女に加えて少年への接種も始まっていますが、まずは少女への接種率を上げるのが重要で、それが不十分な場合に少年に接種するのは効率が悪いとの結論になっています。

Category:感染による腫瘍形成

↑BTW


 Keyword:子宮/12 子宮頸ガン/9 HPV/13 HIV/27 ワクチン/40
           記事ごとのページ・コメント欄



2017/03/07(火)

最強のコンビネーション?がん免疫治療抗体抗PD-1抗体(オブジーボ・ニボルマブ)が抗CTLA-4抗体(ヤーボイ・イピリムマブ)と相乗して効く仕組み

 薬価が高くて問題になっているオブジーボに、別の薬価が高い薬を組み合わせることで相乗効果が得られることが報告されました。さあ厚生労働省はどうする!!!!?

 日本の小野薬品が開発した抗PD-1抗体(オブジーボ・一般名ニボルマブ)は「がん免疫治療薬(免疫チェックポイント阻害剤)」という新しいメカニズムの薬で、がんの根治が期待出来る薬として期待されています。一方、免疫チェックポイント阻害剤にはもう一つ、BMS社が発売しているCTLA-4阻害剤(ヤーボイ・イピリムマブ)というメカニズムの違う薬があります。今回、この2つの薬が相乗して効くメカニズムが報告されています。

2つの薬は以下のように効きます。

  • 抗PD-1抗体・・・・がん細胞が出す「私を攻撃しないでシグナル」をブロックして、T細胞に攻撃を再開させる。(攻撃開始させる)
  • 抗CTLA-4抗体・・・・・がん細胞が分泌する物質により、がん細胞を攻撃する免疫細胞(T細胞)が出来ないなっているのを解除する。(攻撃する細胞を作らせる)
報告によると、抗CLTA-4抗体を投与された患者は、多くの(他種類の)T細胞が出来ており、このT細胞が多いほど、抗PD-1抗体の効果が高まっていたとのことで想定されていた通りのコンビネーションによりお互いの薬効を高めているようです。

 今のところ、この2つの抗体を組み合わせて使う治療は日本では保険適用になっていません。抗PD-1抗体(オブジーボ)のみを使った場合の医療費が高すぎて問題になっている情況です。もう一つの抗体を組み合わせることは必要な医療費が2倍になることを意味しており厚生労働省は頭を悩ませているんじゃないかと想像します。

Category:ガン・腫瘍

↑BTW


 Keyword:PD-1/9
           記事ごとのページ・コメント欄(1〜)


2017/03/06(月)

人体凍結保存の実現にまた1歩、ナノ金属を含む凍結液とマイクロ波を使い、大量の液体を均一に急速に加熱する技術

 臓器を凍結保存することが出来れば臓器移植に大きな可能性が開けますし、人体凍結保存が可能になれば、一種の未来へのタイムマシンとして使うことが出来ます。今回、アメリカ・ミネソタ大学の研究者がこの生体組織の凍結保存に関する新しい方法を報告しています。

 生体組織は超低温で保存することにより活動を完全に停止させることは可能ですが、通常の状態で凍結すると水の結晶が出来て生体組織を破壊してしまいます。これを回避するために超低温でも凍らない「不凍液」や、水の結晶が出来ないように凍結させる「ガラス化」という技術が開発されています。この技術により生体組織を破壊せずに凍結は一瞬で出来るようになりましたが、まだ元の温度に素早く戻す技術には課題がありました。

 今回、研究者らはmsIONPと呼ばれる磁性ナノ粒子を開発しています。これは大きさ10nmの酸化鉄を不活性のシリカが覆い、表面をPEGやTMSでコートしてある直径50nm程度のナノ粒子です。このサイズのナノ粒子はあらゆる生体組織を通過することが出来ますが、これを凍結容器に混ぜることで、凍結させた溶液に、電子レンジのようにマイクロ波を当てた場合に、溶液全体を速やかに均一に加熱出来るとのことです。

 この技術により従来は1mL程度の溶液して凍結保存出来なかったのが、80mL程度まで保存出来るようになるとのことです。実験ではブタの血管の保存をデモンストレーションしています。

Category:冬眠・凍結保存・クライオニクス

↑BTW


 Keyword:ブタ/10
           記事ごとのページ・コメント欄(1〜)


2017/03/02(木)

放置して固くなったパンに含まれる結晶化デンプン「レジスタントスターチ」が腸内細菌に健康物質を作らせる

結晶化したデンプンは吸収されないのでノーカロリーな上、大腸までそのまま到達し、腸内細菌のエサとなるそうです。そしてこれを分解した腸内細菌は様々な健康に良いとされる物質を作り出すとか。作り出された物質は大腸から吸収されて私たちの身体に作用します。

報告によると常温よりも冷蔵庫の中で1週間保管した場合に最もレジスタントスターチが増えるそうです。カピカピごはんにも含まれているそうですよ。

Category:腸内細菌

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(8〜)


2017/03/01(水)

DNAをズタズタに砕く「CRISPR/Cas3」を抗生物質が効かない細菌退治に使う試み

Category:遺伝子・バイオインフォマティクス

↑BTW


 Keyword:抗生物質/8
           記事ごとのページ・コメント欄


2017/02/24(金)

「睡眠時無呼吸症候群」実は2種類、閉塞性・中枢性で違い

なるほど、気道が狭くなって起こる「閉塞性」の無呼吸の他に、「中枢性」があるそうです。これは呼吸のコントロールに問題があり、コントロールの反応が悪いなどの場合、「呼吸しすぎる」→「血中の二酸化炭素が減りすぎて呼吸ストップ」を繰り返すそうです。

昼間の眠気が主要な症状らしいけど、別にこの症状で死んだりするわけではないって事で良いかな?

Category:未分類

↑BTW


 Keyword:睡眠/123
           記事ごとのページ・コメント欄(1〜)


2017/02/23(木)

脳内に電極を埋め込むことで全身麻痺の人でも1分間に8単語の入力が可能に
Paralyzed Man Uses Brain Implant to Type Eight Words Per Minute

「What do you enjoy most about summer time?」を1分で入力出来たそうです。脳の一部に数センチ四方のチップを装着しています。このチップには100本の電極(長さ1mm)が付いていて、これで神経細胞の動きを読み取っています。

チップを装着する部分は運動野で、このチップを装着した本人は腕を動かしているつもりで入力しているそうです。

Category:生物ー機械インターフェイス

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄


2017/02/22(水)

iPhoneに接続して使える自分で精子の量・動きをチェック出来るキット「Seem(シーム)」7538円送料込み

男が自分で買うというよりも、カノジョが買ってきたパートナーにチェックを強要する情況の方が想像しやすいな。

ちなみに今まで知らなかったんだけど、精子は最初粘性のあるゼリー状で、15分程度で含まれている蛋白質分解酵素の働きにより液化し、精子が液から自由に泳ぎ出れるようになるらしい。なるほど。

Category:性・生殖

↑BTW


 Keyword:精子/17
           記事ごとのページ・コメント欄(1〜)