カテゴリー:未分類 TW↑B
|1ページ目/4|次のページへ(1234・)



2021.06.11臨床試験で笑気ガスの重度うつ病治療への効果が確認される /15
2021.06.04サーチュインタンパクSIRT6を過剰発現させたマウスで寿命を23%延ばすことに研究者が成功 /2
2021.05.26働きアリの寿命を女王アリレベルまで伸ばす寄生虫が発見される /1
2021.04.19マウスで老化細胞を減らしているのはフィセチンとクルクミン /10
2021.03.23老化における革命(Innovation in Aging)という学術雑誌 /12
2021.02.26NMNを食品から大量にとるのは困難そう /6
2021.02.222021年1月にNature Aging創刊 /4
2021.02.10ファイザーの新コロワクチン「Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine」の含まれている液量と使用期限 /33
2021.01.26過敏性腸疾患の一部は花粉症と同じIgEにより起こる局所的アレルギーな可能性 /6
2021.01.081年に1冊発行の老化のトランスレーション研究の学術雑誌「Translational Medicine of Aging」 /6
2020.09.20老いなき世界「人生のゴール」は無意味になる 「成長」から「持続」へと変化する人生の価値観 /13
2020.09.02たった40分のビデオ撮影で、本人のAIが生成できる「Deep AI Copy」「Shallow Copy」新しい「終活」のかたち /3
2020.05.22カリフォルニアの住民でさえ半分の人は新型コロナウイルスに反応する抗体を保有している /210
2019.09.06ベジタリアンは心臓疾患のリスクが低下するが、脳卒中のリスクが20%アップ、最強なのは・・・・ /2
2019.09.04心臓マッサージの最適条件は深さ4.7cm、毎分107回 /16
2019.08.02子供を作る前に父親が運動すると子供がメタボになりにくい体質になるというシンプルなマウスを使った実験結果 /3
2019.08.02ハーバード大学教授George Church氏の考える超人類を生み出すために書き換える7つの遺伝子リスト /1
2019.07.26Googleのコンピューター科学者はなぜ我が子をオープンソース化したのか? /3
2018.07.09最先端の人体改造技術!カフェインをトリガーにしてインスリン分泌を促すホルモンを作り出す細胞を作成可能 /6
2018.04.17大気汚染のせい?中国で10人に1人が治療方法が無く死に至ることもある肺の病気「COPD」にかかっている可能性 /8
2018.03.12「光心拍センサー」と「圧力センサー」を重ねて設置すればスマホで血圧が測定可能 /58
2017.10.25政府、高額医薬品の価格の基準を示す「1年の延命の価値は500万円まで」 /18
2017.05.23高齢の町医者は危険?米国で7万件の入院記録を調べたところ高齢の医師が対応したほど死亡率が高いことが判明 /502
2017.05.16重要ファイルを人質にお金を要求するランサムウェアが病院をターゲットにすると効果的 /551
2017.02.24「睡眠時無呼吸症候群」実は2種類、閉塞性・中枢性で違い /12
2016.12.08「ひきこもり」は病気だった。京大の研究者ら原因タンパク質「mDia-ROCK」を発見し、治療薬が開発可能に /120
2016.09.05アメリカ、政府自ら病院を5つ星でランキングしたデータを提供 /5
2016.08.24サーモフィッシャーのラボ川柳2016優秀作品 /7
2016.04.014月8日からNHK地上波でディスカバリーチャネル製作の「モーガン・フリーマン時空を超えて」第1回は「不老不死は実現するのか」放送開始 /78
2015.12.31ニューズウィーク日本語版の「健康寿命の先端科学」20ページの特集電子書籍270円 /74


2021.06.11

臨床試験で笑気ガスの重度うつ病治療への効果が確認される

↑BTW

一度吸ってみたいね

 Keyword:うつ病/16


2021.06.04

サーチュインタンパクSIRT6を過剰発現させたマウスで寿命を23%延ばすことに研究者が成功

↑BTW

SIRT1の過剰発現では寿命は延びなかったとのこと。通説と違いますな。


2021.05.26

働きアリの寿命を女王アリレベルまで伸ばす寄生虫が発見される

↑BTW


日本にもいる「ムネボソアリ(Temnothorax congruus)」の働きアリは寄生虫(サナダムシ、 tapeworm Anomotaenia brevis)に感染すると寿命が激しく伸びるらしい。

上記は論文中のグラフ。寄生虫に感染していないコロニーでは働きアリは200日間で50%が死んで、800日が経過する頃には生存しているアリはいなくなるのですが、寄生虫に感染したコロニーでは生後200日の生存率はほぼ100%、800日後でも50%以上が生きている結果です。この働きアリの生存率はちょうど女王アリの生存率と同じ程度です。女王アリは20年以上の寿命を示すものもいるとのこと。