カテゴリー:未分類 TW↑B



前のページへ|4ページ目/5|次のページへ(12345・)
2008.09.17菜食は肉食に比べて脳収縮を引き起こす可能性が高い(GIGAZINE)
2008.08.14ピル服用の女性、遺伝子的に合わない男性を選ぶ傾向 英研究
2008.07.10骨芽細胞を活性化するコラーゲン・トリペプチド 遺伝子レベルの作用機序が明らかに(nikkei) /84
2008.04.22週5回の自慰が前立腺ガンを防ぐかもしれません(GIGAZINE)
2008.04.18「1日1.5リットルの水が必要」はウソ?医学的根拠なし 米研究報告
2008.03.17脳卒中で3分以内に脳に損傷、最善策は予防 研究報告 /1
2008.03.07脳の動きで見ているものを当てる、脳解析で劇的な進歩 米研究報告
2008.03.04「酒飲んで嫌なこと忘れよう」は× 酒で嫌な記憶増幅(ameba) /1
2008.02.29シックハウス症候群は屋外のオゾン濃度と関わっている
2008.02.29ヒト培養軟骨で再生医療…JST委託、J-TECが開発成功(business-i)
2008.02.22いろんな値段の栄養ドリンク200円と4000円の違いは何?
2008.02.17過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅(asahi)
2008.02.15血液型物質
2008.01.30細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進(asahi)
2007.10.28婦喫煙で子の肥満率3倍 山梨大教授らが千人を調査(sankei)
2007.10.28国内初の遺伝子治療薬、血管潰瘍に効果 来春承認申請へ(asahi)
2007.05.30米FDAが月経を停止する避妊用ピルを認可
2007.05.17身長と寿命は負の相関があり、10cm違うと4歳平均寿命が異なるらしい
2007.03.21牛乳有害説は本当?
2007.03.07エリスロポエチンに関する情報
2006.12.26風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri) /2
2006.11.30記憶力向上酵素:関節リウマチなどに役立つ可能性
2006.11.30切断神経9センチ再生、京大が新治療技術
2006.11.16糖尿病患者向け血糖値によって色の変わるコンタクトレンズ(GIGAZINE)
2006.11.09飲んで使うカプセル型内視鏡、オリンパス子会社が承認申請へ
2006.06.22“使いっぱなし”状態の「がん未承認薬」、個人輸入生かす道を(nikkei)
2006.05.10軟骨を骨に変えるたんぱく質発見…変形関節症治療に光
2006.04.16文部科学省が素人にも分かる「ヒトゲノムマップ」のネットコンテンツ
2006.04.14ホスピス空きベッド待ち、1326人死亡…読売調査
2006.04.14腎結石の衝撃波治療、糖尿病リスク4倍に…米で追跡調査


2008.09.17

菜食は肉食に比べて脳収縮を引き起こす可能性が高い(GIGAZINE)

↑BTW


2008.08.14

ピル服用の女性、遺伝子的に合わない男性を選ぶ傾向 英研究

↑BTW


2008.07.10

骨芽細胞を活性化するコラーゲン・トリペプチド 遺伝子レベルの作用機序が明らかに(nikkei)

↑BTW


2008.04.22

週5回の自慰が前立腺ガンを防ぐかもしれません(GIGAZINE)

↑BTW


2008.04.18

「1日1.5リットルの水が必要」はウソ?医学的根拠なし 米研究報告

↑BTW

アメリカの成人は長い間、1日8杯の水を健康の為に飲むように言われてきたが、ペンシルベニア大学の研究者はこれは根拠が無いと語っている。

研究者は暑い地域や乾燥した地域の人、運動選手や特定の病気の人には水を飲むことは健康に良い証拠があるが、一般的な健康な人には根拠が無いそうだ。

確かに水を飲むと腎臓の機能が改善するが、これは臨床的にメリットがあるかどうかについて何も示されていない。またダイエットによいとする報告も根拠が無いそうだ。

また、頭痛の原因が水不足と結びつけられることがあるがこれも根拠が無い。また、肌の色合い(skin tone)を改善するというのも臨床的に意味があるか分からないそうだ


Just Add Water.
J Am Soc Nephrol. 2008 Apr 2,PMID: 18385417


2008.03.17

脳卒中で3分以内に脳に損傷、最善策は予防 研究報告

↑BTW


2008.03.07

脳の動きで見ているものを当てる、脳解析で劇的な進歩 米研究報告

↑BTW


2008.03.04

「酒飲んで嫌なこと忘れよう」は× 酒で嫌な記憶増幅(ameba)

↑BTW

アルコールは逆効果なようです

  • Ethanol Enhances Reactivated Fear Memories. PMID:18288094 ,Neuropsychopharmacology. 2008 Feb 20


2008.02.29

シックハウス症候群は屋外のオゾン濃度と関わっている

↑BTW

シックハウス症候群=building-related symptoms(BRS)


2008.02.29

ヒト培養軟骨で再生医療…JST委託、J-TECが開発成功(business-i)

↑BTW

 Keyword:J-TEC/2


2008.02.22

いろんな値段の栄養ドリンク200円と4000円の違いは何?

↑BTW


2008.02.17

過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅(asahi)

↑BTW

その他に徹夜続きは脳にダメージ 大阪市大がラットで実験


2008.02.15

血液型物質

↑BTW

ヒトの赤血球の表面に提示されている抗原の総称。ABO式血液型物質や、Rh式血液型物質、ルイス式血液型物質などを含む。いずれも糖鎖の違いが血液型を決める。

最も抗原性の強いABO型、Rh型の血液型は合わせて輸血される。


2008.01.30

細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進(asahi)

↑BTW


2007.10.28

婦喫煙で子の肥満率3倍 山梨大教授らが千人を調査(sankei)

↑BTW


2007.10.28

国内初の遺伝子治療薬、血管潰瘍に効果 来春承認申請へ(asahi)

↑BTW


2007.05.30

米FDAが月経を停止する避妊用ピルを認可

↑BTW

販売元はWyeth(ワイス)、製品名はLybrel(ライブレル)は、低用量のLevonorgestrel(レボノルゲストレル) とEthinyl Estradiol(エチニール・エストラディオール)を含有

日本での申請は未定

アメリカでは既にSeasonique(シーズナル)という月経の回数を年4回に減らす薬が2003年に発売されているらしい。またYAZという薬は生理を3日で終わらせるとか。

ほぇ〜、まあ男がどうこう言う話じゃ無いっすね


2007.05.17

身長と寿命は負の相関があり、10cm違うと4歳平均寿命が異なるらしい

↑BTW

Samaras, T. T. (1996) How body height and weight affect our performance, longevity, and survival. J Washington Academy of Science 84, 131-156.


2007.03.21

牛乳有害説は本当?

↑BTW

 Keyword:牛乳/9


2007.03.07

エリスロポエチンに関する情報

↑BTW

低用量エリスロポエチンは赤血球産生に影響せずに血管新生を誘導する
wikipedia
エリスロポエチン説明


2006.12.26

風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)(FDA)

↑BTW

アメリカFDAが、風邪薬によく入っているアセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、アセトアミノフェンを多量に服用すると肝臓障害を起こす危険性が高く、注意書きをするようにメーカーに求めたそうです。

これらを過剰に摂取したり、飲酒とともに服用したりした場合、肝臓障害や、胃の出血など重大な副作用を起こす危険性があるとのこと。


2006.11.30

記憶力向上酵素:関節リウマチなどに役立つ可能性

↑BTW


2006.11.30

切断神経9センチ再生、京大が新治療技術

↑BTW


2006.11.16

糖尿病患者向け血糖値によって色の変わるコンタクトレンズ(GIGAZINE)

↑BTW


2006.11.09

飲んで使うカプセル型内視鏡、オリンパス子会社が承認申請へ

↑BTW

 Keyword:オリンパス/7


2006.06.22

“使いっぱなし”状態の「がん未承認薬」、個人輸入生かす道を(nikkei)

↑BTW


2006.05.10

軟骨を骨に変えるたんぱく質発見…変形関節症治療に光

↑BTW


2006.04.16

文部科学省が素人にも分かる「ヒトゲノムマップ」のネットコンテンツ(/.jp)

↑BTW

すごい気合いの入り具合だ。制作は京大院の生命文化学研究所か?


2006.04.14

ホスピス空きベッド待ち、1326人死亡…読売調査

↑BTW


2006.04.14

腎結石の衝撃波治療、糖尿病リスク4倍に…米で追跡調査

↑BTW



次のページへ[12345・]



Cation!!注意:このページには動物実験などで得られた研究段階の情報が含まれています。これらはなんら、人間に適用した時の効果を保証するものではなく、これらの情報を元にとった行動によりいかなる不利益を被っても管理人は一切責任を負いません。このページの話はあくまで「情報」としてとらえてください。