amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加
最近アクセス数の多い記事

すべて見る

2021.06.18Fri/金

東京女子医大、自閉スペクトラム発症を制御するFOXG1の仕組みを解明。マウスだと生後1週目までなら治療可能

↑BTW

これなんかえらくクリアなメカニズム。

本来は2コピーあるFOXG1遺伝子が1個に減っても3個に増えても自閉スペクトラムなどの症状を発症するらしい。
これは1個の遺伝子で説明出来るのか。

330遺伝子が乗っている染色体が2本→3本になるカオスな状況が原因のダウン症もけっこうゲノム編集マウスを使って原因遺伝子が明らかになりつつあるんだよね。早期に治療開始すれば、少なくとも知的障害を抑制出来る日も遠くないと感じている。

Category:知能改善・天才になる方法

 Keyword:ダウン症/12




2021.06.11Fri/金

臨床試験で笑気ガスの重度うつ病治療への効果が確認される

↑BTW

一度吸ってみたいね

Category:未分類

 Keyword:うつ病/16


業界最高峰の学術誌Nature Medicineで新型コロナの集団免疫獲得に必要な接種率に関する報告。20%でおk。日本はあと1か月程度で達成出来る見込み。

↑BTW

最近、いやおまえの人生、もとから自粛みたいなもんだろwww。とか言いたいことが頻繁に。実際に言わないだけ俺も大人だな。

Category:感染症



2021.06.04Fri/金

サーチュインタンパクSIRT6を過剰発現させたマウスで寿命を23%延ばすことに研究者が成功

↑BTW

SIRT1の過剰発現では寿命は延びなかったとのこと。通説と違いますな。

Category:未分類



2021.05.26Wed/水

働きアリの寿命を女王アリレベルまで伸ばす寄生虫が発見される

↑BTW


日本にもいる「ムネボソアリ(Temnothorax congruus)」の働きアリは寄生虫(サナダムシ、 tapeworm Anomotaenia brevis)に感染すると寿命が激しく伸びるらしい。

上記は論文中のグラフ。寄生虫に感染していないコロニーでは働きアリは200日間で50%が死んで、800日が経過する頃には生存しているアリはいなくなるのですが、寄生虫に感染したコロニーでは生後200日の生存率はほぼ100%、800日後でも50%以上が生きている結果です。この働きアリの生存率はちょうど女王アリの生存率と同じ程度です。女王アリは20年以上の寿命を示すものもいるとのこと。