amrit-lab.comRSS
健康食品から再生医療・アンチエイジング、バイオハッキングまで、健康情報の根拠となる最先端の研究を分かりやすく紹介します。
 この日記のはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加
最近アクセス数の多い記事

すべて見る

2023.09.20(水)

イーロン・マスクの脳に埋め込むNeuralinkが臨床試験の被験者募集開始、頚椎損傷or四肢麻痺の人が対象

↑BTW

インプラント(N1)および手術ロボット(R1)の安全性確認試験らしい。インプラントはワイヤレス方式で脳のシグナルを対外に送信。

手術のためのロボットも試験対象なのか、こっちが本命かもしれん。
そこまで危ないとは思わないかな。

Category:#生物ー機械インターフェイス




2023.09.17(日)

カレーのスパイスで有名なターメリック/クルクミン、臨床試験で市販の胃腸薬と同等の治療効果を示してしまう

↑BTW



↓胃腸に問題無いけど毎日飲んでる

(省略されています。全文を読む

Category:サプリメント

 Keyword:ウコン/8 糖尿病/98 フィセチン/211 ケルセチン/64 クルクミン/18



2023.09.08(金)

ブドウ種子に含まれるPCC1(プロシアニジンC1=カテキン3量体)が老化細胞を自殺させ凄まじく寿命を延ばすことがマウスで報告される(2021年12月Nature Metabolism)

↑BTW

さっそくサプリ注文しちゃった。


人間の75〜90歳に相当する24〜27か月齢の老齢マウスに2週間に一度20mg/kgの量のPCC1(プロシアニジン(procyanidin)C1)を飲ませています。その効果はすさまじく投与開始した時点から平均余命が1.6倍に

(省略されています。全文を読む

Category:#Senolytics #老化細胞除去薬



2023.09.05(火)

癌治療用として盛んに開発されている細胞療法「NKG2D CAR-T」で老化細胞も減らせることがマウスやサルで確認される

↑BTW


NKG2DはNK細胞のターゲット認識受容体で、NKG2Dリガンドは8種類知られ、MICA、MICB、ULBP1〜6が、間接リュウマチの原因細胞、一部のがん細胞、そして老化細胞に発現しているそうです。

NKG2D-CARは主に癌治療用途で多数の臨床試験が実施されています。
開発している会社は
他大学
下記の報告では別の老化細胞上の標的をターゲットしたCAR-T療法の成果が報告されています。

Category:#Senolytics #老化細胞除去薬

 Keyword:NKG2D/3 CAR-T/14



2023.08.18(金)

内皮細胞の転写因子FoxM1(Forkhead box M1)は再生に重要だが加齢により機能しなくなる。これは脱メチル化剤で回復する(SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE、2023年8月)

↑BTW

FoxM1の機能不全はCOVID-19で死んだ高齢者の肺でも観察されるとのこと。そして加齢に伴うこの変化は脱メチル化剤「decitabine(デシタビン)」の投与で若い状態に戻るそうです。

Decitabine(デシタビン)はDNAに取り込まれ、更なるメチル化を阻害する。Dacogenというブランド名で医薬品になっているとのこと。

下記の論文で「癌治療と老化誘導薬」の表でエピゲノム調整剤として紹介されている。

Category:未分類

 Keyword:エピゲノム/7 メチル化/25



2023.07.29(土)

耳の穴の中に挿入して脳の活動を正確にモニターするデバイスの研究が発表(Nature Communication 2023年7月)

↑BTW

確かにあの穴はずいぶん脳の奥まで入ってるな。

Category:#生物ー機械インターフェイス



2023.07.24(月)

新型コロナに感染して無症状で済む人(全体の20%)の特徴が判明、あるHLAアレル(遺伝子の種類)を有しており、以前に普通の風邪に感染して免疫がついていたことが条件(Nature 2023年7月報告)

↑BTW

統計的に20%の人々が新型コロナに感染して無症状らしいですが、今回科学者達は無症状に関連する遺伝子を見つけ出しました。

研究者は約3万人の患者のHLAアレルを調査、そのうち1400人がワクチン接種前に新型コロナウイルスに感染するも136人が無症状だったそうです。これらの人の遺伝子を分析したところ関連する遺伝子が発見されました。この遺伝子は以前に普通の風邪(普通風邪の一部はコロナウイルス)に感染した人の免疫細胞に新型コロナウイルスにも対応出来るようにし、新型コロナウイルスを感染症状が出る前に素早く殺すことが出来るそうです。

ちまたの新型コロナに関する議論は誰もが平等に感染すると見なして行われていますが、実際は個々人の持つ遺伝子の多様性を原因として「感染すると大変な事になる人」「ほどほどで済む人」「まったく症状も出ない人」は決まっているんでしょうね。


(省略されています。全文を読む

Category:#感染症 #新型コロナ

 Keyword:ワクチン/277 風邪/108



2023.07.19(水)

ダヴィンチ・ロボット手術システム開発の「Intuitive Surgical」の株価が劇上がり中。

↑BTW

ちょうどアメリカで初めてダヴィンチを使った肝臓移植が成功したというニュースが
でもこのロボット手術システム、AI活用の気配がしないんだよね・・・

基本的にダヴィンチシステムは手術を自動化するって目的ではなく、これまでは大きく開胸して行っていた手術を小さな穴だけあけて実施するのが目的として使わているみたい。日本では2022年9月にやっと使用が承認されたのかな?
この会社の立ち位置的にAIに力を入れるとか、医者の仕事を奪うような行動はしにくいんじゃないかな?
とはいえ1株350ドルほどか。

Category:未分類



2023.07.18(火)

ハーバード大のデビッド・Aシンクレアの研究チーム。1回使うだけで細胞を若返らせる低分子薬物カクテルの組み合わせを6パターン報告

↑BTW

また時代に火を付けそうな研究だな。


デビット・A・シンクレアとはNMNブームの火付け役の先生です。

今回の研究はNMN系のアンチエイジングじゃなくiPS細胞で起こること(山中4因子で起こること)を化学物質で引き起こすにはどうしたら良いかという観点の研究になります。


(省略されています。全文を読む

Category:#アンチエイジング・老化抑制技術

 Keyword:iPS細胞/30 NMN/24



2023.07.06(木)

抗老化ホルモンとして知られるKlotho(クロト―)を投与した老サルの記憶能力が1回の微量注射(10μg/kg)で2週間改善(2023年7月)

↑BTW


出典:Longevity factor klotho enhances cognition in aged nonhuman primates. Nature Aging (2023)

投与したホルモン自体は血液中濃度が上昇し若い時と同じレベルになるものの2〜3日で元のレベルに下がりますが、その効果は投与4時間後にはすぐ見られ、投与から2週間後でも見られています。

簡単な記憶テスト(NML)よりも複雑な記憶テスト(HML)の方が効果が大きく出ていますね。

サルに気分を聞くのは難しいですが人間に投与すると意識レベルが上がったような感覚があるのかな?

Category:#知能改善・天才になる方法

 Keyword:Klotho/4