最近3か月
●2021.11.02:人間は1日に750mgもマカを飲んでいいのか?(サプリメント)866access
●2021.12.08:世界初の「老眼治療薬」がアメリカで承認。緑内障治療薬と同じ成分で点眼後15分から効果で持続時間6時間(未分類)360access
●2021.11.18:寿命を延ばすかもしれないVEGFを発現誘導する天然由来成分としてヤグルマギク、アシタバ、ビャクジュツが効果ありそう(アンチエイジング・老化抑制)338access
●2021.12.02:モデルナ(Moderna)、ビオンテック(BioNTech)のmRNA創薬パイプライン(開発の進捗ラインナップ)にはどんなものがあるか?(製薬会社・ビジネス)323access
●2021.10.27:カップラ1つでカロリー、麺重量とは別に一時的に体重が0.3kg増え、水を1リットル飲むと体重は一時的に最低0.4kg減る。(ダイエット・メタボリックシンドローム)273access
●2021.07.09:70歳以上の高齢者にフィセチン、ダサチニブ、ケルセチンなどのセノリティクス(Senolytics/老化細胞除去薬)を投与する臨床試験が実施中(老化細胞除去)190access
●2021.09.14:マウスに一つの遺伝子(VEGF)を導入することで癌が生じにくくなり平均寿命が50%、最大寿命が30%延びることが報告される(アンチエイジング・老化抑制)165access
●2020.08.19:米ユニティー・バイオテクノロジー(UNITY Biotechnology)社の老化細胞除去薬UBX0101が変形関節症治療の臨床試験で薬効を示せず、株価が半分以下に(#アンチエイジングを目指す企業)160access
●2021.07.15:玉ねぎ成分「ケルセチン」のプラセボ対照二重盲目臨床試験で認知機能の改善効果を確認(未分類)157access
●2021.09.02:ASCII.jp:永遠の命は20年以内に実現?――ふぇちゅいん/Amrit不老不死研究所(未分類)145access
●2021.11.06:ファイザーのコロナ飲み薬「パクスロビド(Paxlovid)」、入院・死亡リスク9割減(感染症)141access
●2020.09.28:玉ねぎ成分ケルセチンのみでも血管の老化細胞除去は可能かも。(老化細胞除去)141access
●2021.07.06:1日250mgのNMNサプリメントを毎日服用する高齢女性の臨床試験でメタボ機能の改善が確認された(ニコチンアミド・NMN)140access
●2021.10.04:モデルナの新型コロナワクチン投与6か月後の戦闘力の変化。抗体価は100万→10万程度に低下(感染症)135access
●2020.12.07:うっかり120歳まで生きる事になっても金銭的に困らないように株価がこれから数百倍になりそうな老化治療薬を開発している米国企業の株を購入(#アンチエイジングを目指す企業)132access
●2020.09.24:玉ねぎ成分ケルセチンは単独でセノリティクスとしての(老化細胞除去)効果があるか?(老化細胞除去)132access
●2021.03.26:難聴治療薬FX-322を開発しているフリークエンシー・セラピューティクスが一部の臨床試験失敗で株価がジェットコースター(#アンチエイジングを目指す企業)130access
●2021.07.13:理化学研究所と筑波大学の研究グループが、脳内の「Q神経」を刺激し冬眠しないマウスを冬眠状態にすることに成功。人間での実現は2030年以降?(未分類)123access
●2021.06.25:BMI18.5の人はBMI23-25の人よりコロナで3倍死にやすく、BMI30以上の人は6倍死にやすい(未分類)123access
●2021.07.12:経済学:老化を医薬医療開発の標的にすることで数兆ドルの価値が見込める(未分類)121access
●2021.07.06:NMNサプリメントが少し値下がり、125mgタブレット1粒が64円〜78円程度に、ただ250mgタブレットが今後主流?1粒120円。(ニコチンアミド・NMN)120access
●2019.02.14:老化した細胞のみを殺す「セノリティクス(Senolytic)薬」の開発とその効果(老化細胞除去)119access
●2015.04.24:中国の研究者がヒト受精卵の遺伝子編集実験を発表。先天性疾患の治療を目指す(遺伝子・バイオインフォマティクス)119access
●2020.02.28:FOXO4ペプチドを1日おきに注射して老化した細胞のみを自殺させマウスを若返らせる(老化細胞除去)118access
●2020.01.21:BMIよりも腹囲を使った新指標「RFM」の方がメタボ度を正確に算出出来る(ダイエット・メタボリックシンドローム)118access
●2011.07.15:ワインに含まれる老化抑制物質「レスベラトロール(Resveratrol)」これまでの研究まとめ(1)(アンチエイジング・老化抑制)116access
●2012.08.02:遺伝子「ACTN3」を調べることで上達する見込みの高いスポーツを選ぶことが可能に(遺伝子診断・遺伝子多系)113access
●2020.11.30:書籍「ライフスパン(LIFESPAN)老いなき世界」(デビッド・A・シンクレア)(2020年コンテンツ36)(統計(寿命・その他))111access
●2012.12.14:医学分野の最も有名な学術雑誌「Nature Medicine」が選ぶ2012年の重要な研究成果(1年間のまとめ記事)111access
●2008.11.13:花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)110access
●2019.12.06:ピルを飲んでいる女性は脳の視床下部が小さい傾向(性・生殖)108access
●2021.02.15:vav2/waslb経路を活性化して魚のヒレに手を生やすことに成功(遺伝子・バイオインフォマティクス)107access
●2020.02.21:「風邪をひかなくなるワクチン」を目指す研究(感染症)107access
●2011.06.15:世界初の母から娘への子宮移植手術がスウェーデンで来年実施(臓器移植)107access
●2020.01.29:飲酒量が多いほどコロナウイルス(新型でない)などへの感染が起きにくいことを示したイギリスの学術論文のデータ(感染症)106access
●2019.08.19:自分で出来る延命ライフハック?健康なう〇この移植でマウスの寿命と健康寿命を延ばす実験結果。Verrucomicrobia(細菌の名前)の多さが健康のポイント。(腸内細菌)106access
●2016.11.28:減量後リバウンドするメカニズムは腸内細菌が変化し吸収されるフラボノイド量が減少するのが原因でサプリメントで回避可能(ダイエット・メタボリックシンドローム)106access
●2015.02.19:放射線被爆の影響を大幅に緩和する薬物「DBIBB」が発見される。マウス実験で20%生存→93%生存(未分類)106access
●2019.06.17:効果が実証されつつある他人の「うんこ」移植治療、研究過程で難病を治す「癒しのうんこ」、他人を殺す「殺人うんこ」を出す能力者の存在が明らかに(腸内細菌)105access
●2019.02.26:男兄弟が多いほど末の子がゲイになるメカニズムが解明、原因は母親の抗NLGN4Y抗体(性・生殖)105access
●2012.08.15:起きている時に学んだ事は睡眠中(特に寝た直後のレム睡眠中)に脳に定着する(睡眠)105access
●2017.10.25:文部科学省、ブタなどの動物を使い人間の臓器を作る基礎研究を2018年度から容認の方向へ(臓器移植)104access
●2010.11.09:脳に微弱な電流を流すことで、オーバークロック出来る(知能改善・天才になる方法)104access
●2008.09.29:ヒト皮膚細胞から作ったiPS細胞からインスリン産生細胞を作り出した(人工すい臓・糖尿病)104access
●2001.04.10:脂肪から筋肉や骨が出来る(成体幹細胞)104access
●2009.12.24:ゼニカルを個人輸入して実際に効果を試してみました。(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)103access
●2014.10.27:エボラ出血熱の治療方法に関する報告。1日10リットルの輸血を3日行えば峠は越え通常の集中治療室治療で治せる。(感染症)102access
●2013.06.14:他人が運動している映像をビデオで見ることが脳梗塞(脳卒中)の良いリハビリになる(脳・中枢神経・神経)102access
●2006.10.07:海藻からガンの放射線治療の効果を増強する成分を発見(nikkei)(ガン・腫瘍)102access
●2018.09.19:米国Intuitive Surgical社の「ダ・ヴィンチ」の特許が満了、手術支援ロボットは戦国時代に(治療技術)101access
Generate at2022.01.13 21:57