最近3か月
●2021.06.25:データのメタ解析によると新型コロナの発生は恐らく11月17日で中国の違う場所ですでに広まっていた可能性。(未分類)350access
●2021.06.20:睡眠不足のカフェイン摂取は単純作業のパフォーマンス回復のみが見られ、複雑な仕事の能率が上がらない。との研究結果(未分類)286access
●2021.07.15:玉ねぎ成分「ケルセチン」のプラセボ対照二重盲目臨床試験で認知機能の改善効果を確認(未分類)285access
●2021.06.25:BMI18.5の人はBMI23-25の人よりコロナで3倍死にやすく、BMI30以上の人は6倍死にやすい(未分類)280access
●2021.07.06:NMNサプリメントが少し値下がり、125mgタブレット1粒が64円〜78円程度に、ただ250mgタブレットが今後主流?1粒120円。(ニコチンアミド・NMN)272access
●2021.07.09:70歳以上の高齢者にフィセチン、ダサチニブ、ケルセチンなどのSenolytics(老化細胞除去薬)を投与する臨床試験が実施中(老化細胞除去)242access
●2021.08.14:ついに2型糖尿病患者への週1回注射のGLP-1/GIP作動薬がインスリンによる治療効果を上回る(人工すい臓・糖尿病)228access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)191access
●2021.07.08:抗老化薬開発の米スタートアップ企業UNITY Bioの2つ目の開発薬UBX1325が、Phase I臨床試験で良好な治療効果を示す(#アンチエイジングを目指す企業)186access
●2021.07.13:理化学研究所と筑波大学の研究グループが、脳内の「Q神経」を刺激し冬眠しないマウスを冬眠状態にすることに成功。人間での実現は2030年以降?(未分類)169access
●2020.12.07:うっかり120歳まで生きる事になっても金銭的に困らないように株価がこれから数百倍になりそうな老化治療薬を開発している米国企業の株を購入(#アンチエイジングを目指す企業)167access
●2021.07.12:経済学:老化を医薬医療開発の標的にすることで数兆ドルの価値が見込める(未分類)164access
●2021.01.22:新しい老化細胞除去薬(Senolytics)候補「GLS(グルタミナーゼ)1阻害剤」(老化細胞除去)164access
●2020.11.24:長寿遺伝子活性化サプリメントはどれが良いのか?:NMN vs NaR vs Nam(ビタミンB3)(ニコチンアミド・NMN)152access
●2016.01.07:癌治療薬として研究されている薬物「ABT263(Navitoclax)」は老化した血液細胞のみに自殺を誘導し、血液の状態を若返らせる事が出来る。(アンチエイジング・老化抑制)145access
●2020.09.15:玉ねぎスゲー。老化細胞除去薬(DasatinibとQuercetin)で処理した臓器は移植成功率が向上。原因は老化細胞の出す遊離ミトコンドリアDNA量の低下(老化細胞除去)142access
●2021.05.21:DNA配列にATGC以外の塩基「Z」を持つウイルスが、多数存在した(感染症)133access
●2020.11.08:失明した人に視覚を取り戻す、人工視覚システム「Gennaris」が治験準備中(目・視覚)131access
●2011.09.27:1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)131access
●2021.07.29:Synchron社の血管ステント型の脳コンピューター接続デバイス「Stentrode」にFDAが臨床試験許可。重度の麻痺を持つ患者対象。(生物ー機械インターフェイス)126access
●2018.03.22:Amazon CEOらが出資するUNITY Biotechnology社が60億円調達し、今年中に老化細胞除去治療薬UBX0101の人間への投与試験を開始(#アンチエイジングを目指す企業)126access
●2021.03.28:イタリア「100歳以上」が多いサルデーニャ島の食事健康法 「ポリフェノール」が豊富に含まれる食品がカギ(サプリメント)125access
●2014.08.28:クロストリジウム属(Clostridia)の細菌が腸管で働き食物アレルギーを防いでいる。(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)125access
●2021.03.03:Amazonで含有量ゼロのNMNサプリメントが売られているっぽい(ニコチンアミド・NMN)124access
●2021.04.19:マウスで老化細胞を減らしているのはフィセチンとクルクミン(未分類)122access
●2021.02.16:新種の老化細胞除去薬(Senolytics)候補「GLS1阻害剤」の臨床開発を進めるCalithera社の株を購入(2021年財テク6)(#アンチエイジングを目指す企業)122access
●2016.11.01:Amazon CEOらが投資したアンチイジングのスタートアップ企業「Unity Biotechnology」の中身(#アンチエイジングを目指す企業)118access
●2012.08.15:嫌な事があった日は徹夜すると嫌な気分が緩和しトラウマになりにくい。という研究結果(睡眠)117access
●2020.12.09:人工視覚インプラントで飛躍的前進、1024の電極を脳の4か所に挿入し網膜を使用せず前例ない高解像度での脳の画像認識を実現(生物ー機械インターフェイス)116access
●2015.10.22:老眼(presbyopia)を治療する目薬の臨床試験がスタート(目・視覚)116access
●2014.05.30:振動するカプセルを1週間に2回飲む便秘治療方法が報告される(治療技術)115access
●2011.03.09:ドーパミンD4レセプターの遺伝子を調べれば浮気しやすいかどうか判別出来る。(遺伝子診断・遺伝子多系)115access
●2021.01.14:老齢マウスの注射によるゲノム編集によるKAT7(ヒストンアセチル化酵素7)除去で老化が遅延することを確認(ゲノム編集・デザイナーズベイビー)114access
●2020.09.25:善玉腸内細菌にエサあげて増やすぞ!ポリフェノールサプリメントの種類変えました。(サプリメント)114access
●2015.10.02:「インフルエンザワクチンなんて効かないし・・」と適当な発言をして社会に害をなす前に読む統計データ(感染症)114access
●2020.11.06:ワクチンで老化細胞を減らす世界初の成果。CD153を標的としたペプチドワクチンでの老化T細胞除去に阪大研究者がマウスで成功(老化細胞除去)113access
●2021.02.03:脳表面への電流刺激で利き腕とは逆の腕の使用頻度を向上させることに早大が成功(生物ー機械インターフェイス)112access
●2020.05.25:国内7大学、全ゲノム解析など実施し、新型コロナの重症化因子特定へ(感染症)111access
●2017.04.25:マウスで寿命延長効果が報告されているFGF-21が脂肪肝の薬(コードネームBMS-986036)として順調に開発中(アンチエイジング・老化抑制)111access
●2019.11.13:生物学的実年齢(DNAメチル化頻度)を若返らせることに成功。市販の3医薬を1年間投与して2.5年若返る(アンチエイジング・老化抑制)110access
●2018.05.09:コーヒーに発がん性の警告表示、カリフォルニア州でスタバなどに義務付け(ガン・腫瘍)110access
●2009.10.19:ガンの発症原因になることが明らかになっているウイルスまたは細菌の感染者数(日本)(感染による腫瘍形成)110access
●2020.11.17:日本にも供給される米モデルナ社、臨床試験でコロナワクチンの有効性94.5%と発表(感染症)109access
●2020.10.01:Natureで新型コロナの重篤化と関係する遺伝子群が報告、ネアンデルタール人由来(感染症)109access
●2013.01.18:男はダイエットの時に脂肪燃焼作用がある「褐色脂肪細胞」に期待しても無駄。女と違ってほとんど体内に無い(ダイエット・メタボリックシンドローム)109access
●2010.08.26:人工甘味料入りの炭酸飲料を飲むと早産の可能性が高まる(ダイエット・メタボリックシンドローム)109access
●2010.01.08:効果は低いけど、もっと手軽に食物中の脂肪吸収を抑える「サントリー黒烏龍茶」(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)109access
●2021.03.23:老化における革命(Innovation in Aging)という学術雑誌(未分類)108access
●2021.02.08:母体が持っていると自閉症の発生確率を31倍高める脳のタンパクに対する抗体の組み合わせが同定される。(性・生殖)107access
●2012.03.21:妊娠中の携帯電話電磁波は子にADHD様症状を起こしうる(精神)107access
●2010.06.07:単一細胞の直接映像化によるiPS細胞初期イベントの解明。(幹細胞)107access
●2020.05.22:カリフォルニアの住民でさえ半分の人は新型コロナウイルスに反応する抗体を保有している(未分類)106access
●2019.11.06:ショートスリーパー遺伝子「neuropeptide S receptor (NPSR1) 」変異の3つ目が見つかる(睡眠)106access
●2017.04.20:フルマラソンは「心臓手術」と同じくらい「腎臓」にダメージを与える。回復まで2〜3日(人工腎臓・腎臓の再生医療)106access
●2010.11.03:妊娠中に母親がピーナッツを食べると、生まれた子供がピーナッツアレルギーになる可能性が高まるという報告(CNN)(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)106access
●2007.03.07:シクロスポリンの投与が「うつ」の原因になる?(mainichi)(精神)106access
●2013.10.18:HPVワクチン(子宮頸ガンワクチン)の妊娠・出産・生まれてくる子どもへの影響(感染による腫瘍形成)105access
●2012.12.10:脳波を計りながらヘッドフォンで音を聞くだけの不眠症治療「HIRREM」(睡眠)105access
●2007.10.16:ホルモン:NPY(ニューロペプチドY)は直接脂肪細胞に働き、ストレスにより誘導される肥満とメタボリックシンドロームに関わっている。(ダイエット・メタボリックシンドローム)105access
Generate at2021.09.18 14:45