最近3か月
●2022.07.22:男だけが夏に食欲が増している事実が見つかり理由が解明される。ヒフの脂肪細胞がグレリンを生成(ダイエット・メタボリックシンドローム)253access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)166access
●2022.06.20:京大、山中伸弥教授がAmazon元CEOのジェフ・ベゾス氏も投資する細胞若返りを目指す企業Altos Labsの科学アドバイザーに就任している(#アンチエイジングを目指す企業)155access
●2022.06.02:老齢サルにフィセチン(100mg/kg)とダサチニブ(5mg/kg)を2日間投与するだけで皮膚の老化細胞減少がする(#セノリティクス・老化細胞除去薬)153access
●2021.09.08:Amazonの元CEOのジェフ・ベゾス氏、細胞リプログラミングによる細胞若返り技術を開発するAltos Labsに投資(#アンチエイジングを目指す企業)151access
●2022.06.20:iPS細胞作製の際の脱分化条件にさらして全身や、皮膚の細胞を若返らせる実験が次々と報告されている。(#アンチエイジング・老化抑制技術)144access
●2021.01.22:新しいセノリティクス(老化細胞除去薬/Senolytics)候補「GLS(グルタミナーゼ)1阻害剤」(#セノリティクス・老化細胞除去薬)142access
●2020.07.22:アメリカにおける8つのアンチエイジング関連ベンチャー企業株リスト。うち2社の株購入。(#アンチエイジングを目指す企業)142access
●2013.01.18:男はダイエットの時に脂肪燃焼作用がある「褐色脂肪細胞」に期待しても無駄。女と違ってほとんど体内に無い(ダイエット・メタボリックシンドローム)138access
●2022.02.25:リプサのNMNのサプリメント(1日250mgで78円)を追加購入。成分表記ミスは直したぽい。(ニコチンアミド・NMN)136access
●2021.07.12:経済学:老化を医薬医療開発の標的にすることで数兆ドルの価値が見込める(未分類)135access
●2019.11.13:生物学的実年齢(DNAメチル化頻度)を若返らせることに成功。市販の3医薬を1年間投与して2.5年若返る(#アンチエイジング・老化抑制技術)133access
●2022.03.17:新型コロナの後遺症は老化の促進が原因のようだ、老化細胞除去薬「セノリティクス」投与で後遺症を回復させる動物実験(#感染症 #新型コロナ)130access
●2012.05.23:筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)130access
●2021.08.27:紫外線は皮膚細胞のp53を刺激して、生殖に関わるホルモン量を増加させ性的活動を高めるとの研究結果(性・生殖)128access
●2022.06.24:「子供の能力遺伝子検査」という魔窟(遺伝子診断・遺伝子多系)125access
●2022.05.10:週1回注射で食事を減らすことなく体重を20%以上減らす減量注射薬「Tirzepatide」がもうすぐ米国で承認(ダイエット・メタボリックシンドローム)125access
●2022.03.11:「歯を生やす」ことを目指す京大初のベンチャー「トレジェム・バイオファーマ」が臨床試験Ph-Iを開始に向け4.5億円資金調達。USAG-1中和抗体(#歯の健康テクノロジー)124access
●2022.05.31:米Overjet社の虫歯検出AI「Caries Assist」がFDAの臨床取得(#歯の健康テクノロジー)123access
●2012.08.02:遺伝子「ACTN3」を調べることで上達する見込みの高いスポーツを選ぶことが可能に(遺伝子診断・遺伝子多系)122access
●2021.07.29:Synchron社の血管ステント型の脳コンピューター接続デバイス「Stentrode」にFDAが臨床試験許可。重度の麻痺を持つ患者対象。(生物ー機械インターフェイス)121access
●2019.04.09:老化してもケガをしてもツルツルの肌までもう少し?生体内リプログラミングで皮膚を綺麗に直せる4遺伝子(DGTM)の決定研究(皮膚)121access
●2016.12.20:ついに若返りの医療が始まるか!?、絶妙にコントロール(2日やって5日休む)してマウスにiPS細胞誘導を行うことで、老化現象を抑制し、寿命を延ばすことに成功(#アンチエイジング・老化抑制技術)120access
●2020.09.24:玉ねぎ成分ケルセチンは単独でセノリティクスとしての(老化細胞除去)効果があるか?(#セノリティクス・老化細胞除去薬)119access
●2016.11.01:Amazon CEOらが投資したアンチイジングのスタートアップ企業「Unity Biotechnology」の中身(#アンチエイジングを目指す企業)119access
●2021.02.16:新種のセノリティクス(老化細胞除去薬/Senolytics)候補「GLS1阻害剤」の臨床開発を進めるCalithera社の株を購入(2021年財テク6)(#アンチエイジングを目指す企業)118access
●2016.01.07:癌治療薬として研究されている薬物「ABT263(Navitoclax)」は老化した血液細胞のみに自殺を誘導し、血液の状態を若返らせる事が出来る。(#アンチエイジング・老化抑制技術)118access
●2016.06.10:運動が脳に良いのも断食が身体に良いのも同じ仕組みかもしれない。脂肪を分解した時に出来る分解産物DBHB(βヒドロキシ酪酸)が作用(運動・エクササイズ)117access
●2015.12.04:大塚製薬とProteus社がデジタルチップ入りの躁うつ病治療薬をアメリカで承認申請(生物ー機械インターフェイス)117access
●2021.06.04:サーチュインタンパクSIRT6を過剰発現させたマウスで寿命を23%延ばすことに研究者が成功(未分類)116access
●2021.03.03:Amazonで含有量ゼロのNMNサプリメントが売られているっぽい(ニコチンアミド・NMN)115access
●2020.02.14:日本のHPV(子宮頸がん)ワクチンの「ためらい」により何人が死ぬか、今年再開したら何人救えるかを分析したオーストラリア研究者の報告(2020年2月10日発行)(感染による腫瘍形成)115access
●2021.06.25:BMI18.5の人はBMI23-25の人よりコロナで3倍死にやすく、BMI30以上の人は6倍死にやすい(未分類)114access
●2019.01.25:腹部に埋め込み、充電不要で電気刺激により空腹感を感じなくさせる減量を助ける小型インプラントデバイス(ダイエット・メタボリックシンドローム)114access
●2014.12.02:バイオと情報科学の融合による技術的特異点「シンギュラリティ」に関する講演会に参加(未分類)114access
●2012.03.21:妊娠中の携帯電話電磁波は子にADHD様症状を起こしうる(精神)113access
●2020.05.07:脳に電極を埋め込んだ失明者、四肢まひの患者、パーキンソン病患者を描くドキュメンタリー映画「I am Human」(生物ー機械インターフェイス)112access
●2020.07.16:生理痛を緩和する鎮痛薬入りタンポンがDaye社から登場(性・生殖)111access
●2001.05.22:ブタ肝細胞を使った人工肝臓の移植を承認((朝日新聞))(肝臓の治療・再生)111access
●2021.04.19:マウスで老化細胞を減らしているのはフィセチンとクルクミン(未分類)110access
●2019.09.11:女性が男性よりも勉学の能力が高いのは「能力の持続性」が原因?(性・生殖)110access
●2018.07.12:エーザイのアルツハイマー「治療」用アミロイドβ抗体「BAN2401」、Ph-II試験で効果確認、株価上昇!(脳・中枢神経・神経)110access
●2017.11.08:赤ワインに含まれる「レスベラトロール(resveratrol)」の老化抑制効果に関する研究まとめ、新たに遺伝子のスプライシング因子の制御機構が報告される。(#アンチエイジング・老化抑制技術)110access
●2014.11.06:肺ガンを早期発見するためにCT検査を行うコストパフォーマンス(診断技術)110access
●2010.10.26:中年以降に放射線を浴びて癌になる確率は、これまで考えられていたより高い(ガン・腫瘍)110access
●2021.06.25:データのメタ解析によると新型コロナの発生は恐らく11月17日で中国の違う場所ですでに広まっていた可能性。(未分類)109access
●2018.04.13:ケータイで使われている900MHz帯や1.9GHz帯の電波(GSM、CDMA)による癌発生率への影響を2年間にわたってマウス、ラットで分析した報告書が発表。いくつかの癌発生率の上昇が確認されたが、性別差などがあるようだ(ガン・腫瘍)109access
●2016.05.27:BMIは25を超えている方が死亡リスクが低い(ダイエット・メタボリックシンドローム)109access
●2021.09.13:新型コロナで死んだ人の25%はIFN-α2に対する自己抗体を持っており18%は自己抗体が中和活性を持っていた。これにより免疫がうまく働かず死に至った可能性(#感染症 #新型コロナ)108access
●2020.10.20:Google設立の老化研究を行う会社Calicoが癌治療薬「ABBV-CLS-579」の臨床試験を開始(#アンチエイジングを目指す企業)108access
●2018.04.06:トラウマや恐怖の対象、嫌な出来事を「嫌な思いをせずに」脳を慣れさせて平気にするfMRIを用いた治療方法が開発される(精神)108access
●2016.02.02:夜更かしを3日間しただけで体内の周期的な遺伝子発現がメチャクチャになる(睡眠)108access
●2020.11.06:ワクチンで老化細胞を減らす世界初の成果。CD153を標的としたペプチドワクチンでの老化T細胞除去に阪大研究者がマウスで成功(#セノリティクス・老化細胞除去薬)107access
●2018.03.13:健康寿命の男女差は小さい、男72.14歳、女74.79歳(統計(寿命・その他))107access
●2013.02.18:子供が健康を保つには毎日7分間の「激しい運動」が必要。「軽い運動」は効果無し。(子育て)107access
●2012.02.29:血液中のDHAやEPA量が低い高齢者は脳の縮小化が大きい(知能改善・天才になる方法)107access
●2009.12.24:確実に体重が減る事が実証されたダイエット薬「ゼニカル(Xenical)」(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)107access
●2020.06.01:ダニ・スギ花粉症の舌下免疫療法をやって2年目経過した人のレビュー(治療技術)106access
●2019.08.09:JINSが慶應大学ベンチャーと組んで「近視の進行を止める」眼鏡の開発に着手。2020年臨床試験開始。(目・視覚)106access
●2014.10.31:オレガノ、マジョラム、ローズマリーなどのハーブには糖尿病治療薬と同じ作用を持つ成分が含まれている(サプリメント)106access
●2008.03.21:Shank1遺伝子のノックアウトマウスで天才ネズミを作る(知能改善・天才になる方法)106access
●2007.04.24:花粉症緩和米の安全性評価試験結果が発表される(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)106access
●2015.01.28:花粉症根治が期待できる薬「シダトレン」を発売している鳥居薬品、同じメカニズムのダニアレルギー根治が期待出来る薬を日本で承認申請(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)105access
●2007.05.16:高脂血症薬、睡眠障害に効果? マウス、早寝早起きに(睡眠)105access
Generate at2022.09.30 23:00