老化細胞除去薬の表現としてのSenolytics(セノリティクス)とSenomodifiers(セノモディファイアー)
カテゴリー:老化細胞除去(記事数:13)

↑B

2021.03.17

老化細胞除去薬の表現としてのSenolytics(セノリティクス)とSenomodifiers(セノモディファイアー)

この記事ではRepurposed drug(当初の目的以外の薬効を目的に既存の薬を使用すること、ドラッグ・リポジショニング)としてrapamycin(ラパマイシン)とmetformin(メトホルミン)を紹介しています。

老化細胞除去薬としてSenolyticsとSenomodifiersと紹介されています。Senomodifiersって単語は初めて聞いた。紹介されているのはdasatinib(ダサチニブ、抗がん剤)とnavitoclax(ナビトクラックス、抗がん剤、Bcl-2阻害剤)、quercetin(ケルセチン、玉ねぎ成分)、fisetin(フィセチン、イチゴなど)。

Category:老化細胞除去

 Keyword:dasatinib/3 メトホルミン/18 metformin/10 ラパマイシン/16 rapamycin/4 ナビトクラックス/3 navitoclax/3 ケルセチン/36 quercetin/3 fisetin/3 フィセチン/13




コメント

いいっすね!=2

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
quercetin
ケルセチン
メトホルミン
ナビトクラックス
metformin
経口血糖降下薬の一つで「BG剤(ビグアナイド剤)」という分類の薬。肝臓に作用して糖新生を抑え、筋肉に作用して糖の取り込みを促進することによりインスリンを分泌させることなく血糖値を下げることが出来る。

.経口血糖降下薬(wikipedia) navitoclax
rapamycin
fisetin
ラパマイシン
ラパマイシン(Rapamycin)は別名シロリムス(Sirolimus)と呼ばれ、ファイザー社よりラパミューン(Rapamune)という名前で販売されている。元々は免疫抑制剤として開発された薬だが、最近ではガン治療作用や、寿命延長効果などが知られる注目の薬となっている。

.ラパマイシン - Wikipedia 2 users 7いいね
dasatinib
フィセチン


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る