最近1か月
●2021.08.20:NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)サプリメントの服用量を1日250mgに増やしました。(ニコチンアミド・NMN)650access
●2021.08.22:人間の脳のオルガノイド培養したら「目」ができた、光にも反応も意識無いから大丈夫(幹細胞)326access
●2021.09.13:新型コロナで死んだ人の25%はIFN-α2に対する自己抗体を持っており18%は自己抗体が中和活性を持っていた。これにより免疫がうまく働かず死に至った可能性(感染症)311access
●2021.09.14:マウスに一つの遺伝子(VEGF)を導入することで癌が生じにくくなり平均寿命が50%、最大寿命が30%延びることが報告される(アンチエイジング・老化抑制)310access
●2021.09.10:なぜ新型コロナワクチンの11歳以下への承認がこんなに遅れているのか(感染症)280access
●2021.09.02:ASCII.jp:永遠の命は20年以内に実現?――ふぇちゅいん/Amrit不老不死研究所(未分類)262access
●2021.08.27:筋トレが無酸素運動なのに脂肪燃焼するメカニズムが解明。筋肉より放出されたマイクロRNA(miR-1)が脂肪細胞に吸収され脂肪燃焼開始(ダイエット・メタボリックシンドローム)209access
●2021.08.17:これは悲惨。コロナ禍中に生まれた子供は、コロナ感染関係無く平均知能指標が20%低いとの研究結果(感染症)182access
●2021.07.06:1日250mgのNMNサプリメントを毎日服用する高齢女性の臨床試験でメタボ機能の改善が確認された(ニコチンアミド・NMN)172access
●2021.08.18:コロナに感染して症状が重かった人、平均してIQが7低下。(感染症)165access
●2020.08.19:米ユニティー・バイオテクノロジー(UNITY Biotechnology)社の老化細胞除去薬UBX0101が変形関節症治療の臨床試験で薬効を示せず、株価が半分以下に(#アンチエイジングを目指す企業)160access
●2021.03.26:難聴治療薬FX-322を開発しているフリークエンシー・セラピューティクスが一部の臨床試験失敗で株価がジェットコースター(#アンチエイジングを目指す企業)137access
●2021.08.27:紫外線は皮膚細胞のp53を刺激して、生殖に関わるホルモン量を増加させ性的活動を高めるとの研究結果(性・生殖)127access
●2017.05.12:ほどほどの運動では効果はなく、週に1000kcal以上の運動を続けることで細胞レベル(テロメアの長さ)として年齢より9歳下くらいまで若さを維持出来るとの報告(運動・エクササイズ)114access
●2021.04.19:JarrowブランドのNMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)タブレットに乗り換え(ニコチンアミド・NMN)112access
●2021.01.19:iPS細胞を作るのと同じ方法を用いて網膜細胞をリプログラムにより若返らせて視力回復にマウスで成功(アンチエイジング・老化抑制)111access
●2012.05.23:筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)111access
●2021.03.05:老化防止で人気のNMNサプリを中華Aliepxressで買ってみて質量分析器で測定してみたらタウリンだった(寄稿記事)(ニコチンアミド・NMN)110access
●2020.07.22:アメリカにおける8つのアンチエイジング関連ベンチャー企業株リスト。うち2社の株購入。(#アンチエイジングを目指す企業)107access
●2021.09.17:Natureでコロナウイルスワクチンで初めて実用化されたmRNAワクチンの歴史!(感染症)106access
●2021.09.08:Amazonの元CEOのジェフ・ベゾス氏、細胞リプログラミングによる細胞若返り技術を開発するAltos Labsに投資(#アンチエイジングを目指す企業)104access
●2021.07.08:ファイザーワクチン接種後の戦闘力の変化(感染症)104access
●2016.01.21:がんになった人の10年後の生存率、部位別、ステージ別一覧(ガン・腫瘍)104access
●2021.07.05:老化は9つの原因から構成される(The hallmarks of aging)(未分類)102access
●2021.07.02:睡眠不足による健康への悪影響は適度な運動で相殺できるとする研究結果(未分類)102access
●2021.03.17:老化細胞除去薬の表現としてのSenolytics(セノリティクス)とSenomodifiers(セノモディファイアー)(老化細胞除去)102access
●2020.11.11:米ユニティーバイオテクノロジーが同社2種類目となる老化細胞除去薬UBX1325の臨床試験スタートを発表(老化細胞除去)102access
●2017.05.11:世界で最も医療費の高い薬ランキング10(2017年4月版)(製薬会社・ビジネス)102access
●2016.12.08:「ひきこもり」は病気だった。京大の研究者ら原因タンパク質「mDia-ROCK」を発見し、治療薬が開発可能に(精神)102access
●2013.10.07:健康な人の腸内細菌を移入し腸炎を治す方法が実用間近(治療技術)102access
●2018.03.19:悲報:シングルファーザーは統計的に既婚のパパより3倍死にやすい。シングルマザーはそうでもない。(子育て)101access
●2016.04.11:中国の研究グループ、またうまいこと理由をつけてヒトの受精卵でゲノム編集実験(ゲノム編集・デザイナーズベイビー)101access
●2014.11.21:アメリカFDAの提唱する子供を病院に連れて行くタイミングのアドバイス(子育て)101access
●2014.06.13:歯周病はバクテリア「P. gingivalis」が口の中の免疫システムを自分に都合良く制御する事で起こる(歯・歯周病・口の中の健康)101access
●2012.06.01:腸内バクテリアの種類で太りやすさが変化する。(ダイエット・メタボリックシンドローム)101access
●2011.07.29:内閣府、食品安全委員会が「食品に含まれる放射性物質」のリスクに関するまとめを発表(未分類)101access
●2007.06.21:体温が低い人は肥満になりやすい?(ダイエット・メタボリックシンドローム)101access
●2020.03.13:色覚異常の人がより多くの色を見分けられるようになるコンタクトレンズが開発される(目・視覚)100access
●2017.11.10:今日の収穫:アシュワガンダの3年物の根っこ(サプリメント)100access
●2017.09.05:理研、ハエ専用VR装置を開発、脳に電極差してマトリックスにぶちこみ脳信号を解読(生物ー機械インターフェイス)100access
●2016.06.17:統計的に高身長の男性は収入が多く太りすぎな女性は収入が低いが、男性は太っていても収入には影響は無い(統計(寿命・その他))100access
●2016.05.26:アクセスランキング(TOPページ素材)100access
●2014.09.17:少なくともマウスでは、幼児期の一時的な抗生物質投与で腸内細菌を介して永続的に太りやすい体質になる(子育て)100access
●2009.04.02:久留米大学の国内初の「がんワクチン外来」、申し込み殺到で受付1時間で受け付け終了(ガン・腫瘍)100access
●2008.09.29:エストロゲンクリームは光に当たらない部分の皮膚に限ってコラーゲン産生量を増加させるようだ(皮膚)100access
●2006.09.06:膵がん、血液で早期診断へ 1滴で精度90%以上(ガン・腫瘍)100access
●2006.09.03:長寿にミトコンドリアDNAが影響? 日本人の8割G型(遺伝子診断・遺伝子多系)100access
●2020.03.13:アルツハイマー病治療薬の副作用を利用して歯を自然再生させる臨床試験の結果報告(歯・歯周病・口の中の健康)99access
●2019.07.23:塩野義製薬が米国Akili社開発のADHD治療ビデオゲーム「AKL-T01」を日本で臨床試験開始、自閉症治療ゲーム「AKL-T02」の権利も取得(子育て)99access
●2017.09.22:衰えて増殖しなくなった細胞において、核から細胞質に漏れ出したゲノムDNAが細胞の老化を引き起こす原因の一つのようだ(アンチエイジング・老化抑制)99access
●2016.09.07:定期的運動により認知機能が向上・維持される理由(知能改善・天才になる方法)99access
●2008.08.06:ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所(ガン・腫瘍)99access
●2007.12.07:iPS細胞での治療に一歩 米チーム、マウスの貧血改善(幹細胞)99access
●2020.01.29:飲酒量が多いほどコロナウイルス(新型でない)などへの感染が起きにくいことを示したイギリスの学術論文のデータ(感染症)98access
●2017.10.25:文部科学省、ブタなどの動物を使い人間の臓器を作る基礎研究を2018年度から容認の方向へ(臓器移植)98access
●2015.02.06:富裕層の子供が近視になる確率は貧困層より格段に高いことが判明。また算数が得意な子供ほど近視な確率が高いことも判明。(目・視覚)98access
●2019.12.06:ピルを飲んでいる女性は脳の視床下部が小さい傾向(性・生殖)97access
●2017.08.18:アレルギー・自己免疫疾患緩和用に寄生虫サプリメントが開発され、ドイツで販売して良いかどうか当局の審査中(サプリメント)97access
●2017.02.09:関節炎緩和のサプリメント「グルコサミン」に寿命延長効果ありとの研究結果。どれだけ摂取する必要があるか(サプリメント)97access
●2016.11.28:減量後リバウンドするメカニズムは腸内細菌が変化し吸収されるフラボノイド量が減少するのが原因でサプリメントで回避可能(ダイエット・メタボリックシンドローム)97access
●2015.02.19:放射線被爆の影響を大幅に緩和する薬物「DBIBB」が発見される。マウス実験で20%生存→93%生存(未分類)97access
●2014.10.27:エボラ出血熱の治療方法に関する報告。1日10リットルの輸血を3日行えば峠は越え通常の集中治療室治療で治せる。(感染症)97access
●2012.12.14:医学分野の最も有名な学術雑誌「Nature Medicine」が選ぶ2012年の重要な研究成果(1年間のまとめ記事)97access
●2020.10.13:現在知られている9種類の老化細胞除去薬(Senolytics)(老化細胞除去)96access
●2019.08.19:自分で出来る延命ライフハック?健康なう〇この移植でマウスの寿命と健康寿命を延ばす実験結果。Verrucomicrobia(細菌の名前)の多さが健康のポイント。(腸内細菌)96access
●2013.06.14:他人が運動している映像をビデオで見ることが脳梗塞(脳卒中)の良いリハビリになる(脳・中枢神経・神経)96access
●2012.08.15:起きている時に学んだ事は睡眠中(特に寝た直後のレム睡眠中)に脳に定着する(睡眠)96access
●2011.07.15:ワインに含まれる老化抑制物質「レスベラトロール(Resveratrol)」これまでの研究まとめ(1)(アンチエイジング・老化抑制)96access
●2011.06.15:世界初の母から娘への子宮移植手術がスウェーデンで来年実施(臓器移植)96access
●2008.11.17:骨髄移植でHIV治療が可能(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)96access
●2019.04.09:老化してもケガをしてもツルツルの肌までもう少し?生体内リプログラミングで皮膚を綺麗に直せる4遺伝子(DGTM)の決定研究(皮膚)95access
●2008.11.13:花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)95access
●2008.09.29:ヒト皮膚細胞から作ったiPS細胞からインスリン産生細胞を作り出した(人工すい臓・糖尿病)95access
●2008.02.15:精子と腫瘍は同じメカニズムで免疫細胞からの攻撃を回避している?(ガン・腫瘍)95access
●2020.02.21:「風邪をひかなくなるワクチン」を目指す研究(感染症)94access
●2008.09.04:子どもの脳に悪影響か ビスフェノールAで米報告(知能改善・天才になる方法)94access
●2019.11.22:重篤な外傷を負った患者に10〜15℃の冷却食塩水を流し込んで急速冷却し、治療後に組成する治療が世界で初めて実施へ(冬眠・凍結保存・クライオニクス)93access
●2015.05.26:眼球埋め込み型コンタクトレンズOcumetic Bionic Lensレンズ発表。視力3.0を一生継続可能(目・視覚)93access
●2010.11.09:脳に微弱な電流を流すことで、オーバークロック出来る(知能改善・天才になる方法)93access
●2009.07.24:オメガ6油を多く含むエサを2週間与えたマウスはオメガ3油を与えたマウスよりも速い速度で走った(サプリメント)93access
●2008.03.12:“睡眠不足は肥満のもと”5時間未満だと1・4倍に(yomiuri)(睡眠)93access
●2003.01.30:酒の弱い人はアルツハイマーになる可能性が1.6倍(asahi)(遺伝子診断・遺伝子多系)93access
●2001.04.10:脂肪から筋肉や骨が出来る(成体幹細胞)93access
●2017.02.22:iPhoneに接続して使える自分で精子の量・動きをチェック出来るキット「Seem(シーム)」7538円送料込み(性・生殖)92access
●2013.07.16:母乳の量が十分でない女性が増えている理由が解明される。(子育て)92access
Generate at2021.09.18 14:45