最近1か月
●2021.02.10:ファイザーの新コロワクチン「Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine」の含まれている液量と使用期限(未分類)353access
●2021.01.22:新しい老化細胞除去薬(Senolytics)候補「GLS(グルタミナーゼ)1阻害剤」(老化細胞除去)227access
●2021.02.16:新種の老化細胞除去薬(Senolytics)候補「GLS1阻害剤」の臨床開発を進めるCalithera社の株を購入(2021年財テク6)(アンチエイジングを目指す企業)195access
●2020.12.07:うっかり120歳まで生きる事になっても金銭的に困らないように株価がこれから数百倍になりそうな老化治療薬を開発している米国企業の株を購入(アンチエイジングを目指す企業)188access
●2021.02.03:脳表面への電流刺激で利き腕とは逆の腕の使用頻度を向上させることに早大が成功(生物ー機械インターフェイス)176access
●2021.02.08:母体が持っていると自閉症の発生確率を31倍高める脳のタンパクに対する抗体の組み合わせが同定される。(性・生殖)165access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)152access
●2020.12.18:2020年12月版:今飲んでいる老化抑制サプリ7つの種類と量と費用、今後追加したい薬3つ(サプリメント)151access
●2020.08.19:米ユニティー・バイオテクノロジー(UNITY Biotechnology)社の老化細胞除去薬UBX0101が変形関節症治療の臨床試験で薬効を示せず、株価が半分以下に(アンチエイジングを目指す企業)135access
●2020.11.24:長寿遺伝子活性化サプリメントはどれが良いのか?:NMN vs NaR vs Nam(ビタミンB3)(サプリメント)131access
●2021.01.19:iPS細胞を作るのと同じ方法を用いて網膜細胞をリプログラムにより若返らせて視力回復にマウスで成功(アンチエイジング・老化抑制)130access
●2021.01.26:過敏性腸疾患の一部は花粉症と同じIgEにより起こる局所的アレルギーな可能性(未分類)128access
●2021.02.15:vav2/waslb経路を活性化して魚のヒレに手を生やすことに成功(遺伝子・バイオインフォマティクス)126access
●2015.10.30:病院で処方されるアレルギー・ぜんそくの薬「モンテルカスト」で高齢ねずみの脳の若返りが起きると報告(知能改善・天才になる方法)124access
●2018.03.22:Amazon CEOらが出資するUNITY Biotechnology社が60億円調達し、今年中に老化細胞除去治療薬UBX0101の人間への投与試験を開始(アンチエイジングを目指す企業)117access
●2018.03.23:アステラスの2週間に一度注射するタイプのスギ花粉症治療DNAワクチン「ASP4070」が年内にも承認に向けた最終試験開始(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)114access
●2011.11.08:体内の老化細胞を取り除く技術を確立すれば高齢でも若々しく健康体になることが証明される。(老化細胞除去)113access
●2020.10.13:現在知られている9種類の老化細胞除去薬(Senolytics)(老化細胞除去)112access
●2012.11.06:瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)112access
●2017.01.26:1日おきに朝ご飯、晩ご飯を抜く「カロリーサイクリング」で8週間で4kg痩せる。その他は高脂肪な食事でもOK(ダイエット・メタボリックシンドローム)111access
●2020.09.15:玉ねぎスゲー。老化細胞除去薬(DasatinibとQuercetin)で処理した臓器は移植成功率が向上。原因は老化細胞の出す遊離ミトコンドリアDNA量の低下(老化細胞除去)107access
●2008.11.17:癌耐性遺伝子+テロメア延長酵素のダブル遺伝子導入改変マウスで全身の老化症状が遅延して、寿命が延長する(アンチエイジング・老化抑制)107access
●2020.02.05:目に良いとされる成分「ルテイン」は臨床試験でかなり明確な効果が実証されているが「ブルーベリーエキス」では必要量に足り無さそう。(目・視覚)106access
●2019.09.06:ベジタリアンは心臓疾患のリスクが低下するが、脳卒中のリスクが20%アップ、最強なのは・・・・(未分類)106access
●2017.05.18:1日おきに朝・晩抜く「カロリーサイクリング」ダイエットの効果は通常のダイエットと同程度(ダイエット・メタボリックシンドローム)106access
●2016.11.01:Amazon CEOらが投資したアンチイジングのスタートアップ企業「Unity Biotechnology」の中身(アンチエイジングを目指す企業)106access
●2017.07.31:「においだけで太っちゃう!!」は本当だった。嗅覚遮断で食事量を減らさなくても脂肪が減少するとの実験結果(ダイエット・メタボリックシンドローム)105access
●2016.03.15:模倣子(ミーム)も遺伝子の修飾を介して子孫に受け継がれることが動物実験で証明(遺伝子・バイオインフォマティクス)105access
●2013.07.22:空腹時に作られるホルモンFGF-21が常に出続ける遺伝子改変ネズミは寿命が30%以上長い(アンチエイジング・老化抑制)105access
●2017.10.31:脳スキャン情報のディープラーニングで自殺しそうな人を高精度で判別可能(精神)104access
●2016.06.20:女性CEO自らテロメア延長遺伝子導入治療を行う延命専門アメリカBioViva社(アンチエイジング・老化抑制)104access
●2016.04.22:「知性を高める」など各種ライフハック可能なサプリメント・薬の情報や服用管理Webアプリを提供するTrackMyStack.com(知能改善・天才になる方法)104access
●2016.01.13:Nature Medicineの選ぶ2015年に新しく開発された注目の新薬達まとめ(1年間のまとめ記事)104access
●2006.10.19:イチゴに含まれるフィセチンというポリフェノールで記憶力が増強した(mainichi)(知能改善・天才になる方法)104access
●2020.10.07:新型コロナでは肺がヒアルロン酸で埋め尽くされて呼吸が出来なくなって死んでいる(感染症)103access
●2017.09.28:偏頭痛患者が光を嫌がるのは当然だった。視神経は感情を司る部位に直接つながり感情を左右しうる。(精神)103access
●2017.01.27:草食系男子治療薬?脳に作用する性的興奮促進物質「キスペプチチン」の効果が男性ボランティアで実証される(性・生殖)103access
●2016.02.23:人間の抗体を作り出す遺伝子操作ウシ使って、新規感染症用のワクチンを短時間に作り出す実験に成功(感染症)103access
●2014.07.16:生体腎臓移植のドナーとなると、その後の生命保険や健康保険加入に困難がある(人工腎臓・腎臓の再生医療)103access
●2013.07.01:ラパマイシンの寿命延長効果は心臓機能の改善のおかげか?(心臓・人工心臓)103access
●2011.07.28:大塚製薬グループ、再生医療ベンチャーLiving Cell Technologies社に出資、ブタ細胞を用いた糖尿病治療用カプセルの販売を目指す(人工すい臓・糖尿病)103access
●2009.06.14:白髪は遺伝子の損傷が原因?(毛髪・毛、育毛)103access
●2013.07.24:アメリカで子宮頸ガン予防ワクチン(HPVワクチン)導入4年でティーンエイジャー女性のウイルス感染が56%減少(ガン・腫瘍)102access
●2012.10.03:タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)102access
●2020.07.16:生理痛を緩和する鎮痛薬入りタンポンがDaye社から登場(性・生殖)101access
●2018.09.06:アルコールで共感能力増 東大が発見、自閉スペクトラム症治療に期待(精神)101access
●2018.05.30:「ビタミンB6」サプリメントで夢の量を増やすことが出来るが、「ビタミンB類」ではダメとの研究結果。(サプリメント)101access
●2016.02.05:加齢により毛髪が薄くなる原因は「17型コラーゲン(COL17A1)」が減少するためとの研究報告(毛髪・毛、育毛)101access
●2015.07.09:ビタミンAサプリは遺伝子を修飾し、身体に免疫がつくのを長期間妨害する(感染症)101access
●2014.09.10:予防的に少量のアスピリン(バファリン)を毎日飲むことによるガン予防効果は副作用を上回る効果がある(サプリメント)101access
●2012.01.11:Nature Medicineの選ぶ2011年の主要な基礎医学の進歩8つ(1年間のまとめ記事)101access
●2010.06.17:レプチンはI型糖尿病の治療に使える。(ダイエット・メタボリックシンドローム)101access
●2019.11.15:米eGenesis社、ゲノム編集でヒトに近づけたブタ腎臓移植の臨床開発へ109億円調達(臓器移植)100access
●2017.05.12:HIV感染者の平均余命、1日1回薬を飲めば今では普通の人とほぼ変わらないレベルに(感染症)100access
●2015.06.19:へその緒を出産後3分遅らせて切る「遅延臍帯(ちえんさいたい)クランプ」で男の子の人格的社会的評価、運動能力が高まるとの研究結果(子育て)100access
●2014.11.11:発ガン性物質「アクリルアミド」を生じにくい遺伝子組み換えジャガイモがアメリカで販売承認(食物)100access
●2014.04.23:睡眠薬「マイスリー」(薬物名:ゾルピデム)を飲み昼寝をすると言語記憶が向上する(睡眠)100access
●2011.11.25:タバコは短期的には脳を活性化し有用な面があるが、長期的にはガンなどの悪影響がある。(生活習慣)100access
●2011.10.14:Knome社、ヒトの全ゲノム配列解析を1人あたり4998ドルで受付、詳しい分析結果付き(遺伝子・バイオインフォマティクス)100access
●2008.12.10:アルツハイマー症脳中の老人斑の90%にHSV?1ウイルスが含まれていた(ScienceDaily)(感染による腫瘍形成)100access
●2008.11.19:妊娠中の軽いストレス→子供の学習能力向上(知能改善・天才になる方法)100access
●2008.03.21:緑藻の遺伝子を使って、失明したラットの視力を回復(目・視覚)100access
●2007.06.18:マウスの背中に補助肝臓を作ることに成功(肝臓の治療・再生)100access
●2007.06.04:喫煙する母親から生まれてきた子供は平均知能指数が低い(生活習慣)100access
●2000.08.16:AGEs分解薬(ALT-711)により犬を若返らせる事に成功した(AGEs(糖化最終産物))100access
●2020.01.07:Nature Biotechnologyが選ぶ2019年のバイオテクノロジー的最新トピックス10(1年間のまとめ記事)99access
●2019.11.18:子供の近視を遅らせるマルチフォーカルコンタクトレンズ「MiSight」が米国で承認(目・視覚)99access
●2016.09.02:虫歯菌を減らす効果のあると言われるM18菌を含む歯磨き粉は効果があるのか、臨床試験結果(歯・歯周病・口の中の健康)99access
●2015.12.11:Nature Medicine誌の選ぶ2015年の医学の進歩まとめ(1年間のまとめ記事)99access
●2014.11.21:毎朝1グラムのウコンを摂れば前糖尿病患者の記憶力低下を防ぐ事が出来る(サプリメント)99access
●2008.08.05:運動しなくても持久力が向上する薬:マウスでは44%アップに成功(ダイエット・メタボリックシンドローム)99access
●2007.11.18:アメリカの研究チーム、サルのクローンES細胞の作成に成功(CNN)(クローン)99access
●2006.10.02:食欲を抑えるたんぱく質「nesfatin-1」(ダイエット・メタボリックシンドローム)99access
●2003.08.24:うつ病は新しい細胞で防げる(精神)99access
●2015.02.17:1日30gの食物繊維を食べるだけで医師の推奨する複雑なダイエットプランと同じぐらい体重は減少する(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2014.12.16:愛媛大が植物工場を使い健康に良いn-3オイルを含む高価な亜麻仁油(あまにゆ)の生産コストを20分の1に(食物)98access
●2011.02.18:ダイエットするには朝食を減らすのが良いとする研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2010.04.03:朝、高脂肪食を食べると平気だが、朝、炭水化物ばかりを食べて、夜脂肪をとると、肥満、糖尿病になる(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2008.01.10:CD4+CD25+Foxp3+制御性T細胞による急性/慢性移植拒絶の抑制(臓器移植)98access
●2019.04.17:不安が強いと意欲行動に集中出来ないメカニズムを慶応大医学部の研究者が科学的解明。海馬の一部をセロトニンで抑制するのがカギ(知能改善・天才になる方法)97access
●2010.01.21:最後に(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)97access
●2007.10.31:ブタのES細胞は免疫抑制剤無しで糖尿病のサルを治療しうる(人工すい臓・糖尿病)97access
●1998.01.16:ヒト正常細胞にテロメラーゼを遺伝子導入して細胞の寿命をのばした(アンチエイジング・老化抑制)97access
●2017.11.08:赤ワインに含まれる「レスベラトロール(resveratrol)」の老化抑制効果に関する研究まとめ、新たに遺伝子のスプライシング因子の制御機構が報告される。(アンチエイジング・老化抑制)96access
●2016.12.20:ついに若返りの医療が始まるか!?、絶妙にコントロール(2日やって5日休む)してマウスにiPS細胞誘導を行うことで、老化現象を抑制し、寿命を延ばすことに成功(アンチエイジング・老化抑制)96access
●2015.02.05:アステラス製薬が数回の投与でスギ花粉症を「根治」出来る「DNAワクチン」の日本発売を計画(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)96access
●2010.11.12:老化に伴い脳内の乳酸レベルが上昇しているようだ(知能改善・天才になる方法)96access
●2008.09.16:アトキンスダイエット(ダイエット・メタボリックシンドローム)96access
●2007.05.23:Toll-like receptor:TLR様受容体(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)96access
●2004.07.08:カビのニオイ、気が付いてなくてもα波が3割減少(生活習慣)96access
●2020.09.03:日本の平均余命が過去最高を更新‐男81.41歳、女87.45歳(統計(寿命・その他))95access
●2020.02.13:かなりガチな科学的男女産み分け方法が発見される。TLR7/TLR8アゴニスト薬物を膣内にちゅ〜っと入れていたせば男の子?(性・生殖)95access
●2018.05.22:国立がん研究センターがまとめる「日本では未承認で使えない抗がん剤65種類リスト(2018年4月版)」(ガン・腫瘍)95access
●2017.03.06:人体凍結保存の実現にまた1歩、ナノ金属を含む凍結液とマイクロ波を使い、大量の液体を均一に急速に加熱する技術(冬眠・凍結保存・クライオニクス)95access
●2016.08.19:1日にお茶1リットル飲めば、運動しなくても空腹時の脂肪燃焼量が1時間あたり約0.8グラム増加、年間2.5kgの脂肪燃焼に相当(ダイエット・メタボリックシンドローム)95access
●2016.04.13:人間が一夫一婦制になった理由は「真実の愛」でなく「性感染症」(性・生殖)95access
●2015.04.20:髪の毛を1本抜いたら平均1本以上生えてくるとのマウスの実験。200本→1300本に(毛髪・毛、育毛)95access
●2011.10.26:肥満はAd-36ウイルスによって感染する(ダイエット・メタボリックシンドローム)95access
●2009.11.01:証拠3:「カテキンを含む緑茶抽出物により体内のエネルギー消費量が増加した。」という報告(1999年発表)(カテキンがダイエット効果があるのか科学的に確認してみた)95access
●2009.10.19:BALB/cマウスとC57BL/6マウスの経粘膜感染防御の違い(感染症)95access
Generate at2021.02.26 18:13