最近1か月
●2021.12.16:NMNサプリメントを激安の国内メーカー「リプサ」製に変更。1日250mg分が75円〜83円(サプリメント)558access
●2022.01.12:献血は身体によい?高齢者の血液を薄めるだけで若返り効果。老化は血中の必要な成分が減るのでは無く悪いものが溜まっていく?(血液・人工血液)339access
●2021.12.09:新型コロナワクチン3回目投与のブースト効果を7種類のワクチンで比較した研究結果が発表。1種類ダメなワクチンが発見される笑(感染症)300access
●2021.12.17:脳の若返り可能な分子メカニズムが発見される。Plagl2強制発現+Dyrk1aのノックダウンで老化神経幹細胞が若返り3か月以上増殖して多数のニューロンを産生(脳・中枢神経・神経)203access
●2021.12.24:老化細胞除去ワクチンの実証実験にマウスで成功。ターゲットはGPNMB(glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B)、老化した脂肪細胞、血管内皮細胞などに高発現(老化細胞除去)168access
●2021.01.22:新しいセノリティクス(老化細胞除去薬/Senolytics)候補「GLS(グルタミナーゼ)1阻害剤」(老化細胞除去)145access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)123access
●2017.01.17:若い血液に「若返り物質」が含まれているのではなく、年老いた血液に「老化促進物質」が含まれている(アンチエイジング・老化抑制)122access
●2020.11.24:長寿遺伝子活性化サプリメントはどれが良いのか?:NMN vs NaR vs Nam(ビタミンB3)(ニコチンアミド・NMN)114access
●2021.11.12:「うつ病の原因」となるウイルスの遺伝子を発見。ヒトヘルペスウイルス6が原因?(未分類)109access
●2021.07.08:ファイザーワクチン接種後の戦闘力の変化(感染症)109access
●2013.07.09:自閉症発症と腸内細菌の状態の密接な関係(腸内細菌)108access
●2012.07.03:「アトピー」発症メカニズムが解明され、このメカニズムの遮断薬が開発予定。ぜんそく治療薬として開発中の薬がアトピー性皮膚炎に効く可能性も。(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)105access
●2007.12.07:iPS細胞での治療に一歩 米チーム、マウスの貧血改善(幹細胞)105access
●2021.04.16:静岡大がNMNを生産する乳酸菌発見。無敵の不老長寿ヨーグルトまであと少し?(ニコチンアミド・NMN)104access
●2021.01.06:ケルセチンを従来より多く含む玉ねぎ「ケルたま」の種や苗が購入可能(サプリメント)103access
●2017.03.24:ザクロに含まれる物質「エラジタンニン(ellagitannin)/エラグ酸」が線虫の寿命を延ばし、ねずみの筋肉機能を向上させる。この物質の医薬も開発中(アンチエイジング・老化抑制)103access
●2016.07.11:ママの妊娠前のメタボな食生活は筋肉中ミトコンドリアにより3世代先の子孫まで「太りやすさ」として伝わる(ダイエット・メタボリックシンドローム)103access
●2015.02.23:赤ちゃんの「止まらない夜泣き」は腸の不調を訴えている可能性。夜泣きを4分の1に減らすロイテリ菌サプリメントがあかちゃん本舗で発売開始(子育て)103access
●2011.12.21:ガンにならず長い寿命を実現する進化を成し遂げたネズミ「ハダカデバネズミ」(ガン・腫瘍)103access
●2020.12.25:不老長寿サプリメントのスタートアップ「NOVOS社」が販売する2種類のサプリメントの中身。白髪回復成分も?(サプリメント)102access
●2019.04.18:米イェール大によるブタの全脳を死後4時間後に人工血液などを駆使して再動作せる実験(生命維持システム)102access
●2017.12.13:子宮頸ガン(HPVワクチン)の男性、女性への臨床効果、科学的エビデンスまとめ(感染による腫瘍形成)102access
●2011.09.27:1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)102access
●2008.11.17:骨髄移植でHIV治療が可能(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)102access
●2021.10.07:大阪大学の研究者、既存のワクチンがかなり効きにくい改良デルタ株「Delta 4+」の作製に成功。(感染症)101access
●2008.09.04:子どもの脳に悪影響か ビスフェノールAで米報告(知能改善・天才になる方法)101access
●2008.02.15:精子と腫瘍は同じメカニズムで免疫細胞からの攻撃を回避している?(ガン・腫瘍)101access
●2021.06.20:睡眠不足のカフェイン摂取は単純作業のパフォーマンス回復のみが見られ、複雑な仕事の能率が上がらない。との研究結果(未分類)100access
●2020.09.11:老化細胞を除去するCAR-T治療法でマウスの若返りに成功(老化細胞除去)100access
●2020.03.19:日本新薬が記憶力改善機能が確認出来た「バコパサポニン」配合のサプリメントを発売開始(サプリメント)100access
●2019.09.30:新たなダイエット戦略、脂肪細胞の「脂質代謝回転率(Adipose lipid turnover)」を上げる(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2018.07.10:有用物質「ポリアミン」が複数の腸内細菌の代謝経路が連携されて作られていることが解明、腸内ポリアミン濃度コントロール技術の確立に期待(腸内細菌)100access
●2017.07.31:「においだけで太っちゃう!!」は本当だった。嗅覚遮断で食事量を減らさなくても脂肪が減少するとの実験結果(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2017.06.09:高齢まで子供が産める薬が作れるかも、「ラパマイシン」を2週間だけ投与し、メスねずみの生殖機能が長く保ち、高齢まで子供が産ませられるとの研究結果(性・生殖)100access
●2017.02.22:iPhoneに接続して使える自分で精子の量・動きをチェック出来るキット「Seem(シーム)」7538円送料込み(性・生殖)100access
●2016.12.14:3種類の低分子化合物を加えるだけで成熟肝細胞から増殖・再分化可能な肝前駆細胞(CLiPs)を作り出せる(肝臓の治療・再生)100access
●2016.01.07:癌治療薬として研究されている薬物「ABT263(Navitoclax)」は老化した血液細胞のみに自殺を誘導し、血液の状態を若返らせる事が出来る。(アンチエイジング・老化抑制)100access
●2015.05.26:眼球埋め込み型コンタクトレンズOcumetic Bionic Lensレンズ発表。視力3.0を一生継続可能(目・視覚)100access
●2013.07.16:母乳の量が十分でない女性が増えている理由が解明される。(子育て)100access
●2012.04.18:血液の遺伝子診断で現在の社会的ランクを80%の正確さで予測出来る。アカゲザルを用いた研究(診断技術)100access
●2012.02.06:マッサージの効果を科学的に解明。細胞レベルの炎症低減すると共にトレーニング効率を高める作用も(運動・エクササイズ)100access
●2009.07.24:オメガ6油を多く含むエサを2週間与えたマウスはオメガ3油を与えたマウスよりも速い速度で走った(サプリメント)100access
●2003.01.30:酒の弱い人はアルツハイマーになる可能性が1.6倍(asahi)(遺伝子診断・遺伝子多系)100access
●2021.09.18:アメリカCDCが3種のワクチンの感染防御率、抗体価の比較を発表。(感染症)99access
●2021.08.20:NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)サプリメントの服用量を1日250mgに増やしました。(ニコチンアミド・NMN)99access
●2019.08.02:子供を作る前に父親が運動すると子供がメタボになりにくい体質になるというシンプルなマウスを使った実験結果(未分類)99access
●2015.06.05:冷凍保存された脳が目覚めても記憶を保持していることが線虫を使った実験で初めて証明される(冬眠・凍結保存・クライオニクス)99access
●2009.11.01:カテキンとは(カテキンがダイエット効果があるのか科学的に確認してみた)99access
●2021.10.21:ブタ臓器の人間への移植にまた1歩。ヒト化ブタ腎臓を脳死患者につないで2日間問題無く動作確認。開発会社の株価爆上げ(臓器移植)98access
●2021.09.22:「中年は若者より代謝が少ないので太る」は間違いの可能性、エネルギー消費は20代から60代までほとんど変化がないとの研究結果(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2021.03.10:アンチエイジング薬開発の米UNITY Biotechnology、創業者2名がCEOをやめ新たなCEOに。社員の3分の1をレイオフ(#アンチエイジングを目指す企業)98access
●2021.02.10:ファイザーの新コロワクチン「Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine」の含まれている液量と使用期限(未分類)98access
●2019.11.22:重篤な外傷を負った患者に10〜15℃の冷却食塩水を流し込んで急速冷却し、治療後に組成する治療が世界で初めて実施へ(冬眠・凍結保存・クライオニクス)98access
●2018.07.02:死んだペットが10万ドルでよみがえる(文字どおり)クローン犬誕生の現場に立ち会った【動画あり】(クローン)98access
●2018.04.24:次の冬のインフルエンザワクチンも昨年の冬同様、製造上の問題により効果が20%しかない(感染症)98access
●2008.03.12:“睡眠不足は肥満のもと”5時間未満だと1・4倍に(yomiuri)(睡眠)98access
●2021.09.17:Natureでコロナウイルスワクチンで初めて実用化されたmRNAワクチンの歴史!(感染症)97access
●2007.09.05:アメリカで初めて認可された処方箋のいらないダイエット薬「Alli」に話題沸騰(ダイエット・メタボリックシンドローム)97access
●2007.05.18:自然な状態で普通の表皮細胞から毛包が出来ることを確認、調べれば初毛剤も開発出来る?(毛髪・毛、育毛)97access
●2021.03.12:老化関連2つの臨床試験まで進んだ薬のパイプラインを持つ米カリフォルニア・リッチモンド拠点のBioAge Labs社(#アンチエイジングを目指す企業)96access
●2020.07.22:アメリカにおける8つのアンチエイジング関連ベンチャー企業株リスト。うち2社の株購入。(#アンチエイジングを目指す企業)96access
●2016.03.23:東京医科歯科大、ホルモンペプチドOP3-4を作りたい部分に注射するだけで好きな部分に骨を作ることに成功(骨・軟骨・関節の治療、再生医療)96access
●2015.07.15:女性が男性より長生きする理由は心疾患の確率。50〜80歳を乗り切ればその後の寿命は男女変わらない(統計(寿命・その他))96access
●2009.07.24:電流刺激で言語能力をアップさせる(知能改善・天才になる方法)96access
●2013.04.25:「ダイエット」による健康の良い効果は「体重減少」の結果では無く「空腹を感じること自身」の効果のようだ(ダイエット・メタボリックシンドローム)95access
●2011.08.18:周囲に肥満の人がいると肥満になりやすくなることが統計調査で証明された。(未分類)95access
●2011.04.04:アルコール摂取量と死亡率に関しての21年間の追跡調査、イギリスの男性の場合(統計(寿命・その他))95access
●2007.10.02:ジクロロ酢酸(DCA)の臨床試験が始まったそうです。(NewScientist)(ガン・腫瘍)95access
●2021.08.18:コロナに感染して症状が重かった人、平均してIQが7低下。(感染症)94access
●2020.04.07:N95とか高効率フィルターのマスクを付けるだけで腹式呼吸になって1日200-400kcal余分に消費出来るらしい(ダイエット・メタボリックシンドローム)94access
●2018.08.29:レム睡眠、ノンレム睡眠に関する遺伝子が特定される。夢を見ないマウスの作製に成功(精神)94access
●2018.04.02:すい臓癌の発症にも細菌感染が関与との研究結果?(感染による腫瘍形成)94access
●2012.10.31:アメリカにおける子宮頸ガン予防ワクチン投与状況と投与による10代少女の性活動変化(性・生殖)94access
●2008.02.08:ES細胞から効率よく視神経を作製(目・視覚)94access
●2005.02.27:韓国の科学者、移植用のブタ改造中(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)94access
●2002.06.07:精子の幹細胞を維持する仕組みが分かった(成体幹細胞)94access
●2012.12.26:お腹の調子を良く出来る遺伝子組み換え乳酸菌入りのヨーグルトが実現するかも(サプリメント)93access
●2014.12.24:Nature Medicineの選ぶ2014年の研究の進歩(1年間のまとめ記事)92access
●2014.10.16:コーセー、iPS技術を使い67歳の肌を37歳に若返らせる事に成功。「でも美容目的じゃなくて研究目的だからねっ!」(幹細胞)92access
●2014.09.01:人体冷凍保存にも応用可能?3-O-メチル-D-グルコースで満たした臓器を過冷却現象で低温保存し3日間後に移植する事に成功(臓器移植)92access
●2004.03.11:「女性の卵子の数は決まっている」は過ち、卵子幹細胞の存在をマウスで発見(成体幹細胞)92access
Generate at2022.01.13 21:57