最近1か月
●2012.06.08:睡眠不足は脳神経の発達を促す。寝る子は育つがバカになる?(知能改善・天才になる方法)141access
●2020.12.07:うっかり120歳まで生きる事になっても金銭的に困らないように株価がこれから数百倍になりそうな老化治療薬を開発している米国企業の株を購入(#アンチエイジングを目指す企業)125access
●2022.09.13:Nature Medicineの2022年公開のSenolytics薬(老化細胞除去薬)レビュー論文、現在の臨床試験一覧とか、メカニズム一覧とか(#セノリティクス・老化細胞除去薬)124access
●2021.12.17:脳の若返り可能な分子メカニズムが発見される。Plagl2強制発現+Dyrk1aのノックダウンで老化神経幹細胞が若返り3か月以上増殖して多数のニューロンを産生(脳・中枢神経・神経)116access
●2022.06.27:MNMを飲む代わりに体内のNAD+の合成量を増やすというアンチエイジング方法(未分類)109access
●2021.08.22:人間の脳のオルガノイド培養したら「目」ができた、光にも反応も意識無いから大丈夫(幹細胞)109access
●2016.01.28:米国DARPAが脳内100万個の神経とコンピューターを接続する小型モジュール開発プロジェクトの提案を募集。70億円まで資金提供。(生物ー機械インターフェイス)109access
●2012.08.15:嫌な事があった日は徹夜すると嫌な気分が緩和しトラウマになりにくい。という研究結果(睡眠)108access
●2019.04.17:高齢者の短期記憶を頭部に電極を貼り付けるタイプの電気刺激で20代まで改善することに成功。ただし効果は25分の刺激で1時間だけ(脳・中枢神経・神経)107access
●2013.01.08:男性はストレスを受けると太り気味の女性でもOKになる。環境が好きなタイプに影響を与える。(性・生殖)107access
●2019.11.11:MRIの中でエロエロして断面撮影した素晴らしい研究(画像アリ)(性・生殖)106access
●2017.11.01:不老長寿技術を開発するベンチャーにのみに投資するファンド「Longevity Fund」(#アンチエイジングを目指す企業)106access
●2012.02.14:トマトダイエットに必要なトマト量の計算と、1粒でトマト4個分と同じ効果を持つサプリメント(ダイエット・メタボリックシンドローム)106access
●2010.10.22:育毛薬「プロペシア(Propecia)※薬効名フェナステリド(Finasteride)」はEDを起こすリスクがある(毛髪・毛、育毛)106access
●2021.12.02:モデルナ(Moderna)、ビオンテック(BioNTech)のmRNA創薬パイプライン(開発の進捗ラインナップ)にはどんなものがあるか?(製薬会社・ビジネス)105access
●2017.08.22:ブタの臓器で人間を救う時代まであと2年?、移植の障害となっていたブタ内在性ウイルス(PERV)をゲノム編集で除去したブタが作られる(臓器移植)105access
●2022.01.21:2021年に発表されたケルセチンを服用するプラセボ対照試験の結果、新型コロナ患者への良い影響も(サプリメント)104access
●2021.07.08:ファイザーワクチン接種後の戦闘力の変化(#感染症 #新型コロナ)104access
●2020.01.14:ひきこもり(hikikomori)が日本発の英単語になっていた!、研究者が4つの定量的判別基準を発表(精神)104access
●2019.11.28:飲酒しないのに脂肪肝になった患者(NAFLD)の61%の腸内からアルコール多産生細菌が発見される(#腸内細菌)104access
●2011.07.08:通常使用の携帯電話電磁波はどうにか脳の記憶・学習に影響を与えないレベル(電磁波の影響)104access
●2010.11.03:運動する人は運動しない人よりも2倍風邪をひきやすい(運動・エクササイズ)104access
●2016.08.30:改変CRISPR/Cas9で狙った遺伝子を脱メチル化する技術が開発される(治療技術)103access
●2015.03.13:母乳で育てるメリットは4歳以降は無し?原因不明のデメリットも(子育て)103access
●2015.01.30:ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは普通のブロッコリーでも十分に摂取できそう(食物)102access
●2010.11.07:肝臓の分泌するセレノプロテインPが血糖値上昇傾向を高め、]]インスリン]]抵抗性の原因となっている(yomiuri)(人工すい臓・糖尿病)102access
●2010.06.14:プラスチック抗体で血中の毒素除去に成功(治療技術)102access
●2007.11.18:アルツハイマーはウイルス感染が原因で起こる?(感染による腫瘍形成)102access
●2021.06.11:業界最高峰の学術誌Nature Medicineで新型コロナの集団免疫獲得に必要な接種率に関する報告。20%でおk。日本はあと1か月程度で達成出来る見込み。(#感染症 #新型コロナ)101access
●2020.08.19:米ユニティー・バイオテクノロジー(UNITY Biotechnology)社の老化細胞除去薬UBX0101が変形関節症治療の臨床試験で薬効を示せず、株価が半分以下に(#アンチエイジングを目指す企業)101access
●2018.07.09:ヒトの10倍のゲノムを持ち優れた再生能力を持つウーパールーパーを分析し、人間の再生医療に役立てる研究(基礎研究)101access
●2017.03.01:DNAをズタズタに砕く「CRISPR/Cas3」を抗生物質が効かない細菌退治に使う試み(遺伝子・バイオインフォマティクス)101access
●2014.08.28:クロストリジウム属(Clostridia)の細菌が腸管で働き食物アレルギーを防いでいる。(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)101access
●2013.03.13:EPO、IL4RA、MMP9遺伝子を調べれば花粉症を発症しやすい体質かどうかを知ることが出来る(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)101access
●2004.06.22:タバコを吸うと寿命が10年縮む(BBC)(生活習慣)101access
●2018.05.30:「ビタミンB6」サプリメントで夢の量を増やすことが出来るが、「ビタミンB類」ではダメとの研究結果。(サプリメント)100access
●2017.04.25:マウスで寿命延長効果が報告されているFGF-21が脂肪肝の薬(コードネームBMS-986036)として順調に開発中(#アンチエイジング・老化抑制技術)100access
●2017.03.07:最強のコンビネーション?がん免疫治療抗体抗PD-1抗体(オブジーボ・ニボルマブ)が抗CTLA-4抗体(ヤーボイ・イピリムマブ)と相乗して効く仕組み(ガン・腫瘍)100access
●2016.08.23:青色光は目を覚まさせ、緑色光は眠たくさせる事を証明した実験報告(睡眠)100access
●2015.02.25:貼るBluetooth体温計TempTraqがアメリカで当局の販売承認待ち。赤ちゃんの体温をスマホで24時間監視可能(子育て)100access
●2012.11.12:大量の飲酒をしてしまうのはビアグラスの形が原因かもしれない(生活習慣)100access
●2010.09.13:ヒトの脂肪細胞が分泌する20の新しいペプチドを発見(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2009.09.03:なぜ酒飲みは朝が苦手なのか?体内時計を狂わせるアルコールの効果が明らかに(未分類)100access
●2008.12.03:女性におけるアルコール消費量と心房性細動のリスクの関係(未分類)100access
●2006.10.27:みかんは本当にダイエットに有効?(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2003.03.12:94歳の骨髄細胞を若返らせ、心臓の細胞を作ることに成功(#アンチエイジング・老化抑制技術)100access
●2022.05.22:自腹2万円!質量分析装置(MS)で6ブランドのNMNサプリメントの有効成分量をチェックしてみた(ニコチンアミド・NMN)99access
●2022.01.26:女性が「開拓される」は本当だった。fMRIで使用するほど肥大する脳領域を特定(性・生殖)99access
●2022.01.13:間もなくやってくる「多死社会」を前に、日本がスイスから学ぶべきこと(未分類)99access
●2017.01.17:若い血液に「若返り物質」が含まれているのではなく、年老いた血液に「老化促進物質」が含まれている(#アンチエイジング・老化抑制技術)99access
●2016.11.08:UroGen Pharmaの投与後に体温でゲル化する投与可能ゲル技術「RTGel」(基礎研究)99access
●2011.07.01:「吸収されにくい油」で、むしろ体重が増加しうるという動物実験結果が発表される(ダイエット・メタボリックシンドローム)99access
●2006.07.24:ベイラー(Baylor)大学の研究者がマイクロバブルでインスリン遺伝子をすい臓細胞に導入する技術を開発(人工すい臓・糖尿病)99access
●2003.03.10:末梢血中の単球を様々な細胞に分化させる事に成功(成体幹細胞)99access
●2020.09.25:善玉腸内細菌にエサあげて増やすぞ!ポリフェノールサプリメントの種類変えました。(サプリメント)98access
●2019.03.13:死者からの子宮移植での出産に世界で初成功、生体子宮移植での出産はもう10例超え(性・生殖)98access
●2019.02.22:癌治療薬の最終兵器「オプジーボ」の効き方が筋肉量によって3倍異なることが判明(ガン・腫瘍)98access
●2018.02.05:乳がんは愛知がんセンターの治療が大変優秀!個人のデータサイエンティストが、国立がん研究センター公表の統計データから分析して公表。(遺伝子・バイオインフォマティクス)98access
●2017.12.01:ジョンソン&ジョンソンのHIVワクチンのPh2b試験がゲイツ財団の助成などを受けてアフリカの女性2600人参加でスタート(#感染症 #新型コロナ)98access
●2015.12.31:ニューズウィーク日本語版の「健康寿命の先端科学」20ページの特集電子書籍270円(未分類)98access
●2015.02.13:肥満になりやすさに関連していると報告されている腸内細菌に感染する新種のウイルスが発見される。二人に一人が感染済み(#腸内細菌)98access
●2008.11.17:癌耐性遺伝子+テロメア延長酵素のダブル遺伝子導入改変マウスで全身の老化症状が遅延して、寿命が延長する(#アンチエイジング・老化抑制技術)98access
●2008.03.04:「酒飲んで嫌なこと忘れよう」は× 酒で嫌な記憶増幅(ameba)(未分類)98access
●2000.04.28:老化した細胞からクローンを作り、テロメアをのばし寿命を延長した。(#アンチエイジング・老化抑制技術)98access
●2022.09.05:若いマウスに老化マウスの血液を入れると全身の老化が起こる現象もSenolyticsで抑止出来るとする2022年最新論文(Nature metabolism)(#アンチエイジング・老化抑制技術)97access
●2021.12.16:NMNサプリメントを激安の国内メーカー「リプサ」製に変更。1日250mg分が75円〜83円(サプリメント)97access
●2021.10.04:モデルナの新型コロナワクチン投与6か月後の戦闘力の変化。抗体価は100万→10万程度に低下(#感染症 #新型コロナ)97access
●2021.02.26:NMNを食品から大量にとるのは困難そう(ニコチンアミド・NMN)97access
●2020.11.24:長寿遺伝子活性化サプリメントはどれが良いのか?:NMN vs NaR vs Nam(ビタミンB3)(ニコチンアミド・NMN)97access
●2020.01.21:BMIよりも腹囲を使った新指標「RFM」の方がメタボ度を正確に算出出来る(ダイエット・メタボリックシンドローム)97access
●2019.02.22:細胞を投与して治療する時代の幕開け!ノバルティスの癌治療細胞医療「キムリア」日本承認。アメリカで1回5000万円の治療(ガン・腫瘍)97access
●2017.10.27:母乳を出すかどうかのスイッチシステム(AURKAとPLK-1)が解明される。(子育て)97access
●2017.03.24:子供の頃に「指しゃぶり」「爪かみ」をした子供は一部のアレルギーになりにくいとの統計分析結果(子育て)97access
●2015.04.03:ラットに電子チップを埋め込み「第六感」的感覚を与えることに成功(生物ー機械インターフェイス)97access
●2012.09.15:目に入る青色光の量で覚醒と眠気をコントロール可能。寝る前2時間のiPadで睡眠ホルモン「メラトニン」が20%減少(睡眠)97access
●2012.08.21:幼児が頻繁に具合が悪くなる理由が解明される。TGFβの働き過ぎ(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)97access
●2012.01.11:Nature Medicineの選ぶ2011年の主要な基礎医学の進歩8つ(1年間のまとめ記事)97access
●2010.12.09:レーザーと過酸化水素溶液で3分以内に虫歯菌、歯周病菌を全滅させる技術が開発される(#歯の健康テクノロジー)97access
●2007.11.07:アガリクスの「安全性」臨床試験が開始される(ガン・腫瘍)97access
●2017.11.15:大塚製薬の3mmの超小型センサーの入った「デジタル錠剤」が世界初承認(製薬会社・ビジネス)96access
●2016.11.02:ワクチン接種は午前中に受けると効果4倍。マウスを用いた実験で交感神経の活動との相関関係が明らかに(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)96access
●2014.01.30:ペットを飼っている家の子供がアレルギーや喘息になりにくいのは微生物を含んだホコリが口から入り腸の微生物を豊かにするため(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)96access
Generate at2022.09.30 23:00