最近1か月
●2022.06.02:老齢サルにフィセチン(100mg/kg)とダサチニブ(5mg/kg)を2日間投与するだけで皮膚の老化細胞減少がする(#セノリティクス・老化細胞除去薬)521access
●2022.05.22:自腹2万円!質量分析装置(MS)で6ブランドのNMNサプリメントの有効成分量をチェックしてみた(ニコチンアミド・NMN)507access
●2022.06.01:今度こそホントに本当にヒトゲノムを完全解読?(遺伝子・バイオインフォマティクス)312access
●2022.05.16:若いマウスの脳液を老齢脳に注入するとグリア細胞再生が促進され記憶力が回復するのはFGF17が原因のようだ(知能改善・天才になる方法)149access
●2020.09.28:玉ねぎ成分ケルセチンのみでも血管の老化細胞除去は可能かも。(#セノリティクス・老化細胞除去薬)113access
●2021.07.08:抗老化薬開発の米スタートアップ企業UNITY Bioの2つ目の開発薬UBX1325が、Phase I臨床試験で良好な治療効果を示す(#アンチエイジングを目指す企業)111access
●2022.06.14:郵送するだけの腸内細菌解析サービス「マイキンソー(Mykinso)」1回11000円(#腸内細菌)109access
●2021.08.20:NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)サプリメントの服用量を1日250mgに増やしました。(ニコチンアミド・NMN)108access
●2014.10.07:世界で初めて子宮移植を受けた女性が出産に成功。詳細情報(臓器移植)108access
●2021.12.08:世界初の「老眼治療薬」がアメリカで承認。緑内障治療薬と同じ成分で点眼後15分から効果で持続時間6時間(未分類)106access
●2021.08.17:これは悲惨。コロナ禍中に生まれた子供は、コロナ感染関係無く平均知能指標が20%低いとの研究結果(#感染症 #新型コロナ)106access
●2021.01.19:iPS細胞を作るのと同じ方法を用いて網膜細胞をリプログラムにより若返らせて視力回復にマウスで成功(#アンチエイジング・老化抑制技術)106access
●2019.08.26:若返り技術の会社に投資するJuvenescence社が2回目の資金獲得で約100億円を獲得(#アンチエイジングを目指す企業)106access
●2019.02.14:老化した細胞のみを殺す「セノリティクス(Senolytic)薬」の開発とその効果(#セノリティクス・老化細胞除去薬)105access
●2020.07.16:Insilico Medicine社が老化研究に特化した「Deep Longevity社」を分社化(#アンチエイジングを目指す企業)104access
●2022.03.30:水溶性ビタミンEアナログ「トロロックス(Trolox、6-hydroxy-2,5,7,8-tetramethylchroman-2-carboxylic acid)」が気になる(未分類)103access
●2022.01.12:献血は身体によい?高齢者の血液を薄めるだけで若返り効果。老化は血中の必要な成分が減るのでは無く悪いものが溜まっていく?(血液・人工血液)103access
●2020.05.25:日経BP緊急オンラインZOOMセミナー、シリコンバレーから中継「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)征圧への道」(#感染症 #新型コロナ)103access
●2021.07.13:理化学研究所と筑波大学の研究グループが、脳内の「Q神経」を刺激し冬眠しないマウスを冬眠状態にすることに成功。人間での実現は2030年以降?(未分類)102access
●2017.04.14:タッチスクリーン機器を乳幼児に使わせると睡眠時間はどれぐらい減るか(子育て)102access
●2016.08.08:運動でダイエットしようとする人が絶対に知っておくべき情報満載の臨床試験結果、脂肪は1分間に何グラム燃えている?サプリメントのシネフリン凄いかも(ダイエット・メタボリックシンドローム)102access
●2007.01.05:睡眠が断片化され、レム睡眠が充分にとれないと記憶に問題が起こる(睡眠)102access
●2021.09.02:ASCII.jp:永遠の命は20年以内に実現?――ふぇちゅいん/Amrit不老不死研究所(未分類)101access
●2020.12.24:従来の成分ワクチンがmRNAワクチンに完全敗北。サノフィ/GSKのワクチンの実用化は来年後半に(#感染症 #新型コロナ)101access
●2020.04.14:ニューヨークで最近2週間に出産した無症状の211人を検査したら29人(14%)が新型コロナ陽性だった(#感染症 #新型コロナ)101access
●2019.04.05:老化した脳への抗CD22抗体投与で認知能力が改善する結果(#アンチエイジング・老化抑制技術)101access
●2011.09.27:1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)101access
●2008.12.19:Science誌が選ぶ2008年の科学ベスト10(1年間のまとめ記事)101access
●2020.10.22:プラスチックボトルを加熱するとミルクにマイクロプラスチックが大量に溶けだす(子育て)100access
●2016.03.23:東京医科歯科大、ホルモンペプチドOP3-4を作りたい部分に注射するだけで好きな部分に骨を作ることに成功(骨・軟骨・関節の治療、再生医療)100access
●2013.06.05:他人や他動物の細胞を一時的に移植し外傷性脊髄損傷患者の神経を再生させる治療方法(幹細胞)100access
●2013.01.04:飲み過ぎは脳のシナプス接続をつなぎ変え不安への感受性を増加させる(生活習慣)100access
●2011.12.13:チューインガムは認知力を高める効果がある。しかしテストのスコアを上げるには噛むタイミングが重要(知能改善・天才になる方法)100access
●2011.06.16:一夜漬け学習で記憶が定着しないメカニズムの一部が解明される?。一夜漬け学習と反復学習の記憶では脳内の記憶場所が異なる。(知能改善・天才になる方法)100access
●2009.07.24:ラパマイシン(Rapamycin)でマウスの寿命が延びる(#アンチエイジング・老化抑制技術)100access
●2008.09.05:特定の遺伝子が結婚生活に影響を及ぼす?(/.jp)(遺伝子診断・遺伝子多系)100access
●2008.05.09:皮下脂肪と内臓脂肪は本質的に種類が違う?(sciencedaily)(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2008.03.21:脂肪細胞の形成を刺激するのはTRAP(酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ)(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2007.11.06:J-TECがやけど治療用の培養人工皮膚を保険適用申請(皮膚)100access
●2007.01.23:アメリカのガンによる死者が2年連続で減少。禁煙や治療技術の向上が原因(sankei)(ガン・腫瘍)100access
●2006.09.07:小林製薬の「肥満改善薬」が大ヒット(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2003.05.02:ES細胞を卵子に分化に成功?(幹細胞)100access
●2000.09.29:6世代にも及ぶクローンマウスを作成した(クローン)100access
●2021.08.27:筋トレが無酸素運動なのに脂肪燃焼するメカニズムが解明。筋肉より放出されたマイクロRNA(miR-1)が脂肪細胞に吸収され脂肪燃焼開始(ダイエット・メタボリックシンドローム)99access
●2020.11.08:失明した人に視覚を取り戻す、人工視覚システム「Gennaris」が治験準備中(目・視覚)99access
●2020.10.05:HPVワクチン接種で子宮頸がんを88%減少させる統計的直接効果がやっと報告される、ちな日本の接種率は1%未満(感染による腫瘍形成)99access
●2019.08.09:JINSが慶應大学ベンチャーと組んで「近視の進行を止める」眼鏡の開発に着手。2020年臨床試験開始。(目・視覚)99access
●2018.07.12:エーザイのアルツハイマー「治療」用アミロイドβ抗体「BAN2401」、Ph-II試験で効果確認、株価上昇!(脳・中枢神経・神経)99access
●2017.08.25:脳内のマイクロRNA「miR-7」「miR-671」を除去する機能が低下すると、不要情報を遮断することが出来なくなり、神経精神活動に影響が出る。(精神)99access
●2011.08.01:リバウンドしてしまうとしても懲りずにダイエットする事で長生き出来る(ダイエット・メタボリックシンドローム)99access
●2004.04.10:BMPが発毛に関わる仕組みを分子レベルで解明(毛髪・毛、育毛)99access
●2001.12.11:肝臓の細胞が膵臓や小腸の細胞に変化した(肝幹細胞が膵臓や小腸にも分化、筑波大が確認(読売新聞))(成体幹細胞)99access
●2018.01.23:ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を用いて中国ではすでに86人の遺伝子改変が行われたことが判明(ゲノム編集・デザイナーズベイビー)98access
●2016.05.27:BMIは25を超えている方が死亡リスクが低い(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2009.12.24:確実に体重が減る事が実証されたダイエット薬「ゼニカル(Xenical)」(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)98access
●2003.03.10:末梢血中の単球を様々な細胞に分化させる事に成功(成体幹細胞)98access
●2021.09.13:新型コロナで死んだ人の25%はIFN-α2に対する自己抗体を持っており18%は自己抗体が中和活性を持っていた。これにより免疫がうまく働かず死に至った可能性(#感染症 #新型コロナ)97access
●2020.05.07:脳に電極を埋め込んだ失明者、四肢まひの患者、パーキンソン病患者を描くドキュメンタリー映画「I am Human」(生物ー機械インターフェイス)97access
●2019.01.25:腹部に埋め込み、充電不要で電気刺激により空腹感を感じなくさせる減量を助ける小型インプラントデバイス(ダイエット・メタボリックシンドローム)97access
●2018.04.06:トラウマや恐怖の対象、嫌な出来事を「嫌な思いをせずに」脳を慣れさせて平気にするfMRIを用いた治療方法が開発される(精神)97access
●2015.03.13:母乳で育てるメリットは4歳以降は無し?原因不明のデメリットも(子育て)97access
●2014.12.02:バイオと情報科学の融合による技術的特異点「シンギュラリティ」に関する講演会に参加(未分類)97access
●2014.11.06:肺ガンを早期発見するためにCT検査を行うコストパフォーマンス(診断技術)97access
●2010.10.26:中年以降に放射線を浴びて癌になる確率は、これまで考えられていたより高い(ガン・腫瘍)97access
●2007.05.16:高脂血症薬、睡眠障害に効果? マウス、早寝早起きに(睡眠)97access
●2007.04.24:花粉症緩和米の安全性評価試験結果が発表される(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)97access
●2022.02.13:DHA、EPA等のω3オイルが脳内の血管細胞でSIRT1経路を活性化させNMNのようにNAD+濃度を上昇させる(サプリメント)96access
●2021.03.04:NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)の原材料は卸売り価格で1kgが35〜60万円(ニコチンアミド・NMN)96access
●2020.02.14:日本のHPV(子宮頸がん)ワクチンの「ためらい」により何人が死ぬか、今年再開したら何人救えるかを分析したオーストラリア研究者の報告(2020年2月10日発行)(感染による腫瘍形成)96access
●2018.03.13:健康寿命の男女差は小さい、男72.14歳、女74.79歳(統計(寿命・その他))96access
●2016.12.26:オブジーボの先、全てのガンを治すのに必要ながん免疫療法に必要な4つの構成要素(ガン・腫瘍)96access
●2016.12.20:ついに若返りの医療が始まるか!?、絶妙にコントロール(2日やって5日休む)してマウスにiPS細胞誘導を行うことで、老化現象を抑制し、寿命を延ばすことに成功(#アンチエイジング・老化抑制技術)96access
●2016.02.02:夜更かしを3日間しただけで体内の周期的な遺伝子発現がメチャクチャになる(睡眠)96access
●2015.12.04:大塚製薬とProteus社がデジタルチップ入りの躁うつ病治療薬をアメリカで承認申請(生物ー機械インターフェイス)96access
●2013.02.18:子供が健康を保つには毎日7分間の「激しい運動」が必要。「軽い運動」は効果無し。(子育て)96access
●2012.02.29:血液中のDHAやEPA量が低い高齢者は脳の縮小化が大きい(知能改善・天才になる方法)96access
●2007.11.18:アルツハイマーはウイルス感染が原因で起こる?(感染による腫瘍形成)96access
●2005.02.22:ブタの胚をマウス体内に移植し、様々な臓器を作ることに成功(pnas)(幹細胞)96access
●2021.07.29:Synchron社の血管ステント型の脳コンピューター接続デバイス「Stentrode」にFDAが臨床試験許可。重度の麻痺を持つ患者対象。(生物ー機械インターフェイス)95access
●2021.06.04:サーチュインタンパクSIRT6を過剰発現させたマウスで寿命を23%延ばすことに研究者が成功(未分類)95access
●2010.09.13:ヒトの脂肪細胞が分泌する20の新しいペプチドを発見(ダイエット・メタボリックシンドローム)95access
●2007.11.07:アガリクスの「安全性」臨床試験が開始される(ガン・腫瘍)95access
●2004.11.06:ナノテクの未来「2030年には人間の脳細胞はナノロボットに支配される?」(生物ー機械インターフェイス)95access
●2017.08.22:ブタの臓器で人間を救う時代まであと2年?、移植の障害となっていたブタ内在性ウイルス(PERV)をゲノム編集で除去したブタが作られる(臓器移植)94access
●2013.03.13:EPO、IL4RA、MMP9遺伝子を調べれば花粉症を発症しやすい体質かどうかを知ることが出来る(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)94access
Generate at2022.06.24 14:00