米国のアンチエイジング薬開発のスタートアップRubedo Life Sciencesがヒト試験開始のため4000万ドルを調達。FOXO4-p53の複合体形成を阻害する独自のペプチドSenolytics?
カテゴリー:#アンチエイジングを目指す企業(記事数:27)

↑B
[Twitterの該当記事にコメントを付ける]
2024.04.25

米国のアンチエイジング薬開発のスタートアップRubedo Life Sciencesがヒト試験開始のため4000万ドルを調達。FOXO4-p53の複合体形成を阻害する独自のペプチドSenolytics?



開発中の薬のコードネームはRLS-1469、セノリティクスらしい。FOXO4-p53の複合体に結合する独自のペプチドを薬にしたようです。このペプチドがFOXO4に結合することによりp53との複合体形成を阻害し、p53が核内移行しアポトーシスを起こすと。

Category:#アンチエイジングを目指す企業

 Keyword:p53/65




コメント

いいっすね!=7

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[Twitterの該当記事にコメントを付ける] [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
p53


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る