これまでに実施されたNMN(ニコチンアミド)の臨床試験のまとめレビュー(2023年11月報告)
カテゴリー:ニコチンアミド・NMN(記事数:15)

↑B

2024.02.01

これまでに実施されたNMN(ニコチンアミド)の臨床試験のまとめレビュー(2023年11月報告)

下記の図は論文に掲載されているもので、左側にマウス動物実験から得られている効果の一覧、右側が臨床試験において人間で効果が確認された作用の一覧になっています。

出典:The Safety and Antiaging Effects of Nicotinamide Mononucleotide in Human Clinical Trials: an Updateより

★マウスで確認された効果

★臨床試験で確認された効果
  • 安全性:基本的に安全
  • 睡眠:改善無し
  • 生理的能力:加齢に伴う筋肉の機能不全からの保護、身体機能の向上
  • 眼:効果は見られてない
  • 聴力:高齢者での聴覚の改善
  • 認知能力:効果は見られていない
  • 糖尿病:筋肉のインスリン抵抗性の改善
  • テロメア:テレメアの延長作用
う〜ん。。。。。改めて非常に効果がショボいような気がする。
俺の理解が間違ってなければ、NMN投与でマウスの寿命は変わらないんだよね。健康寿命が延びれば平均寿命に影響は与えると思うんだけど。。。。

マカとビタミンBで得られる効果程度じゃないか?

Category:ニコチンアミド・NMN

 Keyword:平均寿命/27 ビタミンB/15 テロメア/59 精子/25 インスリン/81 睡眠/159 筋肉/168 ミトコンドリア/72 糖尿病/104




コメント

いいっすね!=9
001 [02/04 16:06]@YahooBB:当たり前だけど、マウスと人間はやっぱ違うんだな。結果として動物実験の限界がわかる比較になってる? (5)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
平均寿命
糖尿病
ミトコンドリア
テロメア
ビタミンB
筋肉
NMN
インスリン
(insulin)
.wikipedia
睡眠
精子
脂肪


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る