Coloplast社が、魚の皮で出来た皮膚治療パッチを開発するKerecis社を13億ドルで買収
カテゴリー:未分類(記事数:160)

↑B
[Twitterの該当記事にコメントを付ける]
2023.12.07

Coloplast社が、魚の皮で出来た皮膚治療パッチを開発するKerecis社を13億ドルで買収

ばんそうこう的な気軽なものではなく一時しのぎの人工皮膚的に使うようです。

魚の皮は人間の皮膚に構造がよく似ていて、また文化的、宗教的問題も無く、ウイルス感染も無いというウリらしいです。

既に162例のダブルブラインド臨床試験を完了。人間の皮膚と比較し遜色ない治療成績があるそうです。

主に糖尿病性の皮膚潰瘍の患者で開発が進められているみたい。
ばんそうこう代わりに鮭の皮とか貼ったら早く治ったりするんだろうか。

Category:未分類




コメント

いいっすね!=21
001 [12/07 18:37]b@OCN:何の魚の皮でも良いわけじゃ無いでしょうよ。記事中はタラとかいてあるね。ブタだと潜在的な病気の感染を防ぐために色々高度な処理が必要だけど、タラだと人との間に感染する病気は知られてないから手順を省けるとか書いてある。…鍋食いたくなってきたな、 (9)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[Twitterの該当記事にコメントを付ける] [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
糖尿病


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る