最近3か月
●2021.01.07:鼻毛と「※個人の感想です」(サプリメント)1593access
●2020.10.30:玉ねぎスゴ!少ないケルセチンでも飲み続ければマウスで老化細胞が除去されるとの研究結果(サプリメント)1305access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)1240access
●2020.12.18:2020年12月版:今飲んでいる老化抑制サプリ7つの種類と量と費用、今後追加したい薬3つ(サプリメント)1205access
●2020.11.24:長寿遺伝子活性化サプリメントはどれが良いのか?:NMN vs NaR vs Nam(ビタミンB3)(サプリメント)773access
●2020.12.07:うっかり120歳まで生きる事になっても金銭的に困らないように株価がこれから数百倍になりそうな老化治療薬を開発している米国企業の株を購入(アンチエイジングを目指す企業)571access
●2020.11.30:書籍「ライフスパン(LIFESPAN)老いなき世界」(デビッド・A・シンクレア)(2020年コンテンツ36)(統計(寿命・その他))500access
●2020.11.17:日本にも供給される米モデルナ社、臨床試験でコロナワクチンの有効性94.5%と発表(感染症)459access
●2020.12.09:人工視覚インプラントで飛躍的前進、1024の電極を脳の4か所に挿入し網膜を使用せず前例ない高解像度での脳の画像認識を実現(生物ー機械インターフェイス)366access
●2020.12.24:従来の成分ワクチンがmRNAワクチンに完全敗北。サノフィ/GSKのワクチンの実用化は来年後半に(感染症)299access
●2020.12.23:病院で処方されるアレルギー・ぜんそくの薬「モンテルカスト」は人間においても老化に伴う神経変性疾患を緩和しうると確認される。(知能改善・天才になる方法)270access
●2020.09.15:玉ねぎスゲー。老化細胞除去薬(DasatinibとQuercetin)で処理した臓器は移植成功率が向上。原因は老化細胞の出す遊離ミトコンドリアDNA量の低下(老化細胞除去)265access
●2020.12.25:不老長寿サプリメントのスタートアップ「NOVOS社」が販売する2種類のサプリメントの中身。白髪回復成分も?(サプリメント)241access
●2020.11.08:失明した人に視覚を取り戻す、人工視覚システム「Gennaris」が治験準備中(目・視覚)236access
●2020.11.06:ワクチンで老化細胞を減らす世界初の成果。CD153を標的としたペプチドワクチンでの老化T細胞除去に阪大研究者がマウスで成功(老化細胞除去)233access
●2020.10.26:最新型第4世代ダヴィンチシステムの発売から見る、ロボット手術の現状について(治療技術)230access
●2012.07.12:自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)215access
●2013.10.25:嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)213access
●2021.01.06:ケルセチンを従来より多く含む玉ねぎ「ケルたま」の種や苗が購入可能(サプリメント)200access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)200access
●2021.01.19:iPS細胞を作るのと同じ方法を用いて網膜細胞をリプログラムにより若返らせて視力回復にマウスで成功(アンチエイジング・老化抑制)181access
●2020.10.13:現在知られている9種類の老化細胞除去薬(Senolytics)(老化細胞除去)180access
●2020.11.18:老化・アンチエイジングを実現しそうな薬を開発している企業リスト(2020年11月17日版)(リンク)176access
●2020.11.11:米ユニティーバイオテクノロジーが同社2種類目となる老化細胞除去薬UBX1325の臨床試験スタートを発表(老化細胞除去)176access
●2015.10.30:病院で処方されるアレルギー・ぜんそくの薬「モンテルカスト」で高齢ねずみの脳の若返りが起きると報告(知能改善・天才になる方法)173access
●2011.09.27:1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)151access
●2020.08.19:米ユニティー・バイオテクノロジー(UNITY Biotechnology)社の老化細胞除去薬UBX0101が変形関節症治療の臨床試験で薬効を示せず、株価が半分以下に(アンチエイジングを目指す企業)147access
●2019.11.13:生物学的実年齢(DNAメチル化頻度)を若返らせることに成功。市販の3医薬を1年間投与して2.5年若返る(アンチエイジング・老化抑制)147access
●2021.01.14:老齢マウスの注射によるゲノム編集によるKAT7(ヒストンアセチル化酵素7)除去で老化が遅延することを確認(ゲノム編集・デザイナーズベイビー)144access
●2018.01.19:インフルエンザに効く?明治ヨーグルトR1に関するこれまでの12研究論文を疑いの目でチェック(サプリメント)143access
●2020.09.02:知能発達途中の学生(8-10歳)に脳のワーキングメモリー拡大に効果のあるNバック課題(N-back task)をやらせた研究結果(知能改善・天才になる方法)142access
●2020.03.19:日本新薬が記憶力改善機能が確認出来た「バコパサポニン」配合のサプリメントを発売開始(サプリメント)134access
●2017.11.01:不老長寿技術を開発するベンチャーにのみに投資するファンド「Longevity Fund」(アンチエイジングを目指す企業)133access
●2016.01.07:癌治療薬として研究されている薬物「ABT263(Navitoclax)」は老化した血液細胞のみに自殺を誘導し、血液の状態を若返らせる事が出来る。(アンチエイジング・老化抑制)133access
●2020.09.28:玉ねぎ成分ケルセチンのみでも血管の老化細胞除去は可能かも。(老化細胞除去)131access
●2012.03.13:血圧を下げる薬「プラゾシン」にはPTSDに伴う悪夢を解消しうる別の作用がある。(精神)129access
●2015.05.19:バファリン(アスピリン)を飲むと癌が予防出来る理由(ガン・腫瘍)127access
●2012.06.18:高齢の父親から生まれた人ほど細胞分裂の回数券「テロメア」が長い傾向。長生き出来るかも(性・生殖)127access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)123access
●2020.09.11:老化細胞を除去するCAR-T治療法でマウスの若返りに成功(老化細胞除去)122access
●2012.04.11:ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)122access
●2019.06.20:老化とともに血液中の量が減少する酵素「eNAMPT」を注射してマウスの寿命を延ばすことに成功(アンチエイジング・老化抑制)120access
●2020.10.05:HPVワクチン接種で子宮頸がんを88%減少させる統計的直接効果がやっと報告される、ちな日本の接種率は1%未満(感染による腫瘍形成)119access
●2012.08.15:嫌な事があった日は徹夜すると嫌な気分が緩和しトラウマになりにくい。という研究結果(睡眠)119access
●2020.10.22:プラスチックボトルを加熱するとミルクにマイクロプラスチックが大量に溶けだす(子育て)118access
●2020.01.21:BMIよりも腹囲を使った新指標「RFM」の方がメタボ度を正確に算出出来る(ダイエット・メタボリックシンドローム)116access
●2019.11.28:飲酒しないのに脂肪肝になった患者(NAFLD)の61%の腸内からアルコール多産生細菌が発見される(腸内細菌)116access
●2019.03.04:50歳以上の3662人を調査:学歴・財産量とは関係無くテレビを多く見る人ほど暗記力が低くスムーズに話せない(生活習慣)116access
●2013.06.05:ヨーグルトなどに含まれる微生物が人間の思考に影響を与えている(腸内細菌)116access
●2019.04.05:老化した脳への抗CD22抗体投与で認知能力が改善する結果(アンチエイジング・老化抑制)115access
●2016.11.02:ワクチン接種は午前中に受けると効果4倍。マウスを用いた実験で交感神経の活動との相関関係が明らかに(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)115access
●2016.06.10:運動が脳に良いのも断食が身体に良いのも同じ仕組みかもしれない。脂肪を分解した時に出来る分解産物DBHB(βヒドロキシ酪酸)が作用(運動・エクササイズ)115access
●2013.12.05:日光を浴びる時間と近視に強い相関関係。子供に日光を多く浴びさせれば近視の進行を抑制出来る。(目・視覚)115access
●2012.05.23:筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)115access
●2018.12.18:1億円かけて禁断の遺伝子治療を行い20歳若返った女性が今晩9時からTV出演(ゲノム編集・デザイナーズベイビー)114access
●2010.01.08:ゼニカルでどれぐらい食事中の脂肪吸収が抑えられるかを調べた研究(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)114access
●2020.05.21:50日間の感染予防対策/30日間の制限無しを繰り返す方法で死亡者を抑えることが出来る(ケンブリッジ大学によるシミュレーション)(感染症)113access
●2020.05.07:脳に電極を埋め込んだ失明者、四肢まひの患者、パーキンソン病患者を描くドキュメンタリー映画「I am Human」(生物ー機械インターフェイス)113access
●2019.08.26:若返り技術の会社に投資するJuvenescence社が2回目の資金獲得で約100億円を獲得(アンチエイジングを目指す企業)113access
●2014.06.19:ぜんそくは細菌が引き起こす?健康な人とぜんそくの人では肺に住み着いている細菌の種類が違う。(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)113access
●2019.01.30:朝起きられない事に関係する237の遺伝子を発見(遺伝子診断・遺伝子多系)112access
●2018.04.17:アメリカで「明るさ自動調光機能」搭載のコンタクトレンズ「ACUVUE OASYS with Transitions」承認(目・視覚)112access
●2017.07.05:豆乳やヤギ乳を飲んでいる子供より、牛乳を飲んでいる子供の方が統計的に身長が高い(子育て)112access
●2014.10.28:中外製薬が国内初のダウン症治療薬の臨床試験を開始(知能改善・天才になる方法)112access
●2013.02.04:晴れの日は曇りの日より2倍高い確率で道行く女性から電話番号を聞き出せる。ただしイケメンに限るかもしれない(性・生殖)112access
●2012.01.18:将来、膨大な数の認知症患者が世界経済に危機をもたらす可能性。治療の可能性(脳・中枢神経・神経)112access
●2019.12.05:コーヒーに含まれるカフェインの効き目を維持するには(1)熱いうちに飲む、(2)ほどほどの砂糖を入れる(サプリメント)111access
●2019.09.11:過冷却装置でヒトの肝臓を27時間保存することに成功(冬眠・凍結保存・クライオニクス)111access
●2015.10.20:イギリス科学誌ネイチャーと日本抗加齢医学会がアンチエイジングに関する専門誌「npj Aging and Mechanisms of Disease」創刊、編集長は慶応大教授(アンチエイジング・老化抑制)111access
●2015.03.20:ロシアの富豪が出資する脳の情報をコンピューター上にアップロードして永遠に生きるプロジェクト「2045イニシアティブ」(生物ー機械インターフェイス)111access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)111access
●2009.01.30:女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)111access
●2020.09.20:老いなき世界「人生のゴール」は無意味になる 「成長」から「持続」へと変化する人生の価値観(未分類)110access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)110access
●2012.09.19:授乳中の母親の食生活が子供の体質・太りやすさに長く影響を与える(ダイエット・メタボリックシンドローム)110access
●2012.03.31:前立腺ガンの原因の一部が「感染」である証拠が揃いつつある。包茎手術が前立腺ガンのリスクを減らす可能性と理由。(感染による腫瘍形成)110access
●2011.10.05:展開の早いTV番組は短時間の視聴でも子供の直後の行動に悪影響(知能改善・天才になる方法)110access
●2019.02.25:デジタルヘルス時代の幕開け、Hygieia社の糖尿病患者向けインスリン投与量アドバイスアプリがアメリカFDAで承認、臨床試験で健康上のメリットがあることも確認される(生活習慣)109access
●2017.02.09:米国予防医学委員会(USPSTF)、妊娠前の葉酸サプリメントで新生児の神経管異常頻度を半分に出来ると推奨(子育て)109access
●2016.09.05:アメリカ、政府自ら病院を5つ星でランキングしたデータを提供(未分類)109access
●2015.11.16:次世代HPV(子宮頸ガン)ワクチン「VGX-3100」は癌一歩手前の病変を回復可能(感染による腫瘍形成)109access
●2015.03.25:遺伝子組換した腸内細菌入りの水を1回飲ませるだけで長期間にわたり肥満を予防する実験にマウスで成功(ダイエット・メタボリックシンドローム)109access
●2015.01.19:2050年には80歳以下で癌で亡くなる人はいなくなるだろうとの予想(ガン・腫瘍)109access
●2013.01.28:脳の活動状態を見ながら行う最先端の脳トレ「ニューロフィードバック」により特定の脳機能を強化したり精神疾患の治療が可能(知能改善・天才になる方法)109access
●2002.12.27:科研製薬の「フィブラストスプレー」を全ての大学病院が採用(創傷治癒)109access
●2020.09.02:たった40分のビデオ撮影で、本人のAIが生成できる「Deep AI Copy」「Shallow Copy」新しい「終活」のかたち(未分類)108access
●2016.05.27:BMIは25を超えている方が死亡リスクが低い(ダイエット・メタボリックシンドローム)108access
●2019.06.25:腸内細菌の作り出す「プロピオン酸」が運動能力を高めうるが、自閉症の原因にもなりうる?(腸内細菌)107access
●2018.10.22:魚摂取の頻度と大動脈疾患での死亡リスクの研究、魚は月1回食べればOK?(生活習慣)107access
●2017.07.28:不老長寿薬開発の新候補!脳内視床下部から放出されるエキソソーム・miRNA(htNSC-derived exosomes)が無くなることが全身老化のトリガーだった。(アンチエイジング・老化抑制)107access
●2016.11.24:35歳以降に出産した女性は年をとってからも頭が冴えているとの調査結果(性・生殖)107access
●2016.01.28:米国DARPAが脳内100万個の神経とコンピューターを接続する小型モジュール開発プロジェクトの提案を募集。70億円まで資金提供。(生物ー機械インターフェイス)107access
●2011.06.09:精子を使用せず、卵子のみから発生させたマウスは体の大きさ3分の2で、寿命1.3倍(性・生殖)107access
●2010.10.31:青色LEDの光で感情をコントロール出来る(精神)107access
●2010.03.25:スリムな女性が体重を維持するには1日1時間の適度な運動で十分だが、過体重の女性が体重を落とすには運動のほかに食べ物の量も減らす必要がある(ダイエット・メタボリックシンドローム)107access
●2019.07.26:Googleのコンピューター科学者はなぜ我が子をオープンソース化したのか?(未分類)106access
●2016.08.23:青色光は目を覚まさせ、緑色光は眠たくさせる事を証明した実験報告(睡眠)106access
●2015.06.05:糖尿病の薬「メトホルミン」が「免疫疲弊」を解消し、癌治療効果を大幅に高める可能性が報告される(ガン・腫瘍)106access
●2010.09.13:近視に関連する原因遺伝子を特定。(目・視覚)106access
●2009.12.24:糖尿病治療薬であるが、ダイエット効果も期待される薬「GLP?1アナログ」薬(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)106access
Generate at2021.01.22 16:02