最近3か月
●2020.02.05:目に良いとされる成分「ルテイン」は臨床試験でかなり明確な効果が実証されているが「ブルーベリーエキス」では必要量に足り無さそう。(目・視覚)1358access
●2020.01.29:飲酒量が多いほどコロナウイルス(新型でない)などへの感染が起きにくいことを示したイギリスの学術論文のデータ(感染症)657access
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)624access
●2019.12.06:ピルを飲んでいる女性は脳の視床下部が小さい傾向(性・生殖)543access
●2019.12.20:究極のガチャ、ノバルティスが2億円の脊髄性筋委縮症の薬「ソルゲンスマ」を抽選で100名様にプレゼント(製薬会社・ビジネス)445access
●2019.11.28:飲酒しないのに脂肪肝になった患者(NAFLD)の61%の腸内からアルコール多産生細菌が発見される(腸内細菌)440access
●2019.12.05:コーヒーに含まれるカフェインの効き目を維持するには(1)熱いうちに飲む、(2)ほどほどの砂糖を入れる(サプリメント)427access
●2020.01.21:BMIよりも腹囲を使った新指標「RFM」の方がメタボ度を正確に算出出来る(ダイエット・メタボリックシンドローム)370access
●2020.01.17:ダウン症治療薬が色々な戦略で治療薬の開発が進められている。(知能改善・天才になる方法)339access
●2019.11.26:「低身長症の治療薬」が登場するも当事者からは賛否両論(治療技術)337access
●2020.02.13:かなりガチな科学的男女産み分け方法が発見される。TLR7/TLR8アゴニスト薬物を膣内にちゅ〜っと入れていたせば男の子?(性・生殖)330access
●2020.01.27:2020年1月24日発行の中国新型コロナウイルスの学術レポート。3名の患者の経過と検出のためのPCRプライマーの配列など(感染症)322access
●2020.01.14:ひきこもり(hikikomori)が日本発の英単語になっていた!、研究者が4つの定量的判別基準を発表(精神)290access
●2019.11.22:重篤な外傷を負った患者に10〜15℃の冷却食塩水を流し込んで急速冷却し、治療後に組成する治療が世界で初めて実施へ(冬眠・凍結保存・クライオニクス)275access
●2015.10.30:病院で処方されるアレルギー・ぜんそくの薬「モンテルカスト」で高齢ねずみの脳の若返りが起きると報告(知能改善・天才になる方法)243access
●2020.01.07:Nature Biotechnologyが選ぶ2019年のバイオテクノロジー的最新トピックス10(1年間のまとめ記事)212access
●2019.11.18:子供の近視を遅らせるマルチフォーカルコンタクトレンズ「MiSight」が米国で承認(目・視覚)189access
●2014.04.23:睡眠薬「マイスリー」(薬物名:ゾルピデム)を飲み昼寝をすると言語記憶が向上する(睡眠)186access
●2015.10.13:ダウン症で知的障害が起きるメカニズムが解明。妊娠時から治療することにより知的障害を緩和出来る可能性(遺伝子診断・遺伝子多系)166access
●2019.11.11:MRIの中でエロエロして断面撮影した素晴らしい研究(画像アリ)(性・生殖)160access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)154access
●2019.02.14:老化した細胞のみを殺す「Senolytic薬」の開発とその効果(アンチエイジング・老化抑制)150access
●2019.11.13:生物学的実年齢(DNAメチル化頻度)を若返らせることに成功。市販の3医薬を1年間投与して2.5年若返る(アンチエイジング・老化抑制)146access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)144access
●2017.07.31:「においだけで太っちゃう!!」は本当だった。嗅覚遮断で食事量を減らさなくても脂肪が減少するとの実験結果(ダイエット・メタボリックシンドローム)132access
●2018.03.23:アステラスの2週間に一度注射するタイプのスギ花粉症治療DNAワクチン「ASP4070」が年内にも承認に向けた最終試験開始(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)131access
●2014.09.09:ガンによく効くらしい世界初の抗PD-1抗体医薬(免疫制御型)「小野薬品オプジーボ(Opdivo,nivolumab)」が日本承認。年間医療費1500万円(保険適用あり)(ガン・腫瘍)126access
●2019.05.17:パンや菓子などに使われる保存料「プロピオン酸」が1gで糖尿病・肥満の原因になるとの研究結果が発表(ダイエット・メタボリックシンドローム)124access
●2007.08.20:糖尿病治療薬「メトホルミン(metformin)」がガン細胞を死滅させることが出来る(ガン・腫瘍)124access
●2011.08.26:効果が科学的に確認されている天然成分の媚薬まとめ(性・生殖)122access
●2019.03.04:50歳以上の3662人を調査:学歴・財産量とは関係無くテレビを多く見る人ほど暗記力が低くスムーズに話せない(生活習慣)121access
●2019.11.15:米eGenesis社、ゲノム編集でヒトに近づけたブタ腎臓移植の臨床開発へ109億円調達(臓器移植)120access
●2019.06.20:老化とともに血液中の量が減少する酵素「eNAMPT」を注射してマウスの寿命を延ばすことに成功(アンチエイジング・老化抑制)119access
●2012.08.02:遺伝子「ACTN3」を調べることで上達する見込みの高いスポーツを選ぶことが可能に(遺伝子診断・遺伝子多系)118access
●2014.12.16:ノエビア、皮膚に伸縮刺激を与えるだけでコラーゲン・エラスチンの分泌量が増えシワが防げる事を明らかに(皮膚)118access
●2012.07.12:自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)118access
●2018.04.06:トラウマや恐怖の対象、嫌な出来事を「嫌な思いをせずに」脳を慣れさせて平気にするfMRIを用いた治療方法が開発される(精神)118access
●2016.09.02:虫歯菌を減らす効果のあると言われるM18菌を含む歯磨き粉は効果があるのか、臨床試験結果(歯・歯周病・口の中の健康)117access
●2013.07.05:オメガ3油のサプリメントを毎日食べればテロメアを長いまま保てる(サプリメント)117access
●2016.04.15:なぜ「ゲイ遺伝子」は人類の歴史の中で淘汰されなかったか(性・生殖)116access
●2018.05.30:「ビタミンB6」サプリメントで夢の量を増やすことが出来るが、「ビタミンB類」ではダメとの研究結果。(サプリメント)115access
●2019.09.06:ベジタリアンは心臓疾患のリスクが低下するが、脳卒中のリスクが20%アップ、最強なのは・・・・(未分類)115access
●2019.09.02:「同性愛者を生み出す特定の遺伝子は存在しない」という研究結果(性・生殖)114access
●2016.12.26:オブジーボの先、全てのガンを治すのに必要ながん免疫療法に必要な4つの構成要素(ガン・腫瘍)114access
●2013.07.24:アメリカで子宮頸ガン予防ワクチン(HPVワクチン)導入4年でティーンエイジャー女性のウイルス感染が56%減少(ガン・腫瘍)114access
●2003.03.12:94歳の骨髄細胞を若返らせ、心臓の細胞を作ることに成功(アンチエイジング・老化抑制)114access
●2016.04.01:4月8日からNHK地上波でディスカバリーチャネル製作の「モーガン・フリーマン時空を超えて」第1回は「不老不死は実現するのか」放送開始(未分類)112access
●2007.03.29:携帯電話の使用が男性の生殖能力を衰えさせているかもしれない(電磁波の影響)112access
●2016.01.21:がんになった人の10年後の生存率、部位別、ステージ別一覧(ガン・腫瘍)111access
●2016.11.08:UroGen Pharmaの投与後に体温でゲル化する投与可能ゲル技術「RTGel」(基礎研究)111access
●2018.03.13:健康寿命の男女差は小さい、男72.14歳、女74.79歳(統計(寿命・その他))110access
●2013.11.07:風邪薬に含まれるイブプロフェンは風邪を長引かせ悪化させる可能性があるとの研究結果(感染症)110access
●2015.04.24:中国の研究者がヒト受精卵の遺伝子編集実験を発表。先天性疾患の治療を目指す(遺伝子・バイオインフォマティクス)110access
●2014.03.28:ガン細胞の「私を食べないで」シグナルCD47をマスクする新しい治療方法開発(ガン・腫瘍)110access
●2011.11.19:バカなハエほど長生きする。寿命と知能の関係(知能改善・天才になる方法)109access
●2015.03.15:1日750回×1週間の視覚トレーニングで老眼を治すことが可能であることが実証される。若者の視力も向上(目・視覚)109access
●2015.10.22:老眼(presbyopia)を治療する目薬の臨床試験がスタート(目・視覚)108access
●2016.12.20:ついに若返りの医療が始まるか!?、絶妙にコントロール(2日やって5日休む)してマウスにiPS細胞誘導を行うことで、老化現象を抑制し、寿命を延ばすことに成功(アンチエイジング・老化抑制)108access
●2016.01.07:癌治療薬として研究されている薬物「ABT263(Navitoclax)」は老化した血液細胞のみに自殺を誘導し、血液の状態を若返らせる事が出来る。(アンチエイジング・老化抑制)108access
●2007.01.05:睡眠が断片化され、レム睡眠が充分にとれないと記憶に問題が起こる(睡眠)107access
●2013.01.08:男性はストレスを受けると太り気味の女性でもOKになる。環境が好きなタイプに影響を与える。(性・生殖)107access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)106access
●2017.05.24:葉酸はDNAのメチル化促進に働く。母体と同様に男性の葉酸摂取量も生まれてくる子供の神経・精神疾患発生率に影響。(性・生殖)106access
●2018.07.30:成功なるか?iPS由来細胞移植によるパーキンソン病治療臨床試験が8月1日スタート(脳・中枢神経・神経)106access
●2016.12.19:うつ病患者などが「どれぐらい死にたいと思っているか」等を血液検査で測定可能に(精神)105access
●2018.07.09:最先端の人体改造技術!カフェインをトリガーにしてインスリン分泌を促すホルモンを作り出す細胞を作成可能(未分類)105access
●2016.11.15:シューズの重さが100g増加するとランニングのエネルギー消費は1%増加、3000mのタイムもぴったり1%悪くなる(運動・エクササイズ)105access
●2016.08.19:1日にお茶1リットル飲めば、運動しなくても空腹時の脂肪燃焼量が1時間あたり約0.8グラム増加、年間2.5kgの脂肪燃焼に相当(ダイエット・メタボリックシンドローム)105access
●2016.07.11:ママの妊娠前のメタボな食生活は筋肉中ミトコンドリアにより3世代先の子孫まで「太りやすさ」として伝わる(ダイエット・メタボリックシンドローム)105access
●2017.10.27:母乳を出すかどうかのスイッチシステム(AURKAとPLK-1)が解明される。(子育て)104access
●2016.11.17:超低温の部屋で2分過ごすだけで800キロカロリー消費する?クライオセラピーとは(ダイエット・メタボリックシンドローム)104access
●2019.08.19:自分で出来る延命ライフハック?健康なう〇この移植でマウスの寿命と健康寿命を延ばす実験結果。Verrucomicrobia(細菌の名前)の多さが健康のポイント。(腸内細菌)104access
●2017.10.25:文部科学省、ブタなどの動物を使い人間の臓器を作る基礎研究を2018年度から容認の方向へ(臓器移植)103access
●2011.03.09:ドーパミンD4レセプターの遺伝子を調べれば浮気しやすいかどうか判別出来る。(遺伝子診断・遺伝子多系)103access
●2017.03.07:最強のコンビネーション?がん免疫治療抗体抗PD-1抗体(オブジーボ・ニボルマブ)が抗CTLA-4抗体(ヤーボイ・イピリムマブ)と相乗して効く仕組み(ガン・腫瘍)103access
●2016.01.05:睡眠の質が悪いと癌が増殖する(ガン・腫瘍)103access
●2017.08.22:ブタの臓器で人間を救う時代まであと2年?、移植の障害となっていたブタ内在性ウイルス(PERV)をゲノム編集で除去したブタが作られる(臓器移植)102access
●2014.12.02:バイオと情報科学の融合による技術的特異点「シンギュラリティ」に関する講演会に参加(未分類)102access
●2019.04.17:不安が強いと意欲行動に集中出来ないメカニズムを慶応大医学部の研究者が科学的解明。海馬の一部をセロトニンで抑制するのがカギ(知能改善・天才になる方法)102access
●2018.02.05:乳がんは愛知がんセンターの治療が大変優秀!個人のデータサイエンティストが、国立がん研究センター公表の統計データから分析して公表。(遺伝子・バイオインフォマティクス)102access
●2017.03.24:ザクロに含まれる物質「エラジタンニン(ellagitannin)/エラグ酸」が線虫の寿命を延ばし、ねずみの筋肉機能を向上させる。この物質の医薬も開発中(アンチエイジング・老化抑制)102access
●2013.09.06:老化に伴い記憶力低下の原因となるタンパク"RbAp48"と免疫力低下の原因となるタンパク"DUSP6"が発見される。(アンチエイジング・老化抑制)102access
●2000.04.28:老化した細胞からクローンを作り、テロメアをのばし寿命を延長した。(アンチエイジング・老化抑制)101access
●2012.09.12:ネズミの心臓細胞とシリコンシートで作った人工クラゲ(動画)(筋肉・人工筋肉)100access
●2016.05.02:写真あり、ついに毛を作る器官を細胞から作ることに成功。10年後実用化目標(毛髪・毛、育毛)100access
●2007.03.20:ライオンが、母乳中の「ラクトフェリン」の内臓脂肪抑制効果を人間でも確認(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2017.06.08:中国Nanjing(南京)社が開発中のCAR-T療法「LCAR-B38M」が難治性骨髄癌を再発した患者に驚異的な治療効果。アメリカ癌学会(ASCO)で発表(ガン・腫瘍)100access
●2018.11.30:MITメディアラボ×NHK×東芝によるの「Expansion Microscopy」を利用した脳のシナプス構造をまるごと情報化・映像化プロジェクト(脳・中枢神経・神経)100access
●2017.08.18:アレルギー・自己免疫疾患緩和用に寄生虫サプリメントが開発され、ドイツで販売して良いかどうか当局の審査中(サプリメント)99access
●2006.12.21:コーセーが日焼け止め新素材、UV−Aを効果的に防止しつつ、青白く見えない(皮膚)99access
●2018.03.12:「光心拍センサー」と「圧力センサー」を重ねて設置すればスマホで血圧が測定可能(未分類)99access
●2013.04.09:体内時計が狂うと食欲が増えるのにエネルギー消費が減り最も効率的に太ってしまうことが動物実験で証明される(ダイエット・メタボリックシンドローム)99access
●2000.08.04:クローン動物は通常の動物と寿命が変わりなかった(science)(クローン)99access
●2017.12.13:子宮頸ガン(HPVワクチン)の男性、女性への臨床効果、科学的エビデンスまとめ(感染による腫瘍形成)99access
●2016.11.05:コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減との研究結果(ガン・腫瘍)99access
●2009.12.24:ゼニカル(Xenical)の効果を確認した臨床試験(その1)(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)98access
●2008.08.21:ヒ素暴露が糖尿病発症リスクを増加させる可能性(人工すい臓・糖尿病)98access
●2015.01.05:バイオ分野でのスーパーコンピューター利用を討論する泊まり込みの合宿「バイオコンピューティング研究会:ウインタースクール2015」開催(遺伝子・バイオインフォマティクス)98access
●2007.01.11:FDAがファイザー開発の犬用の抗肥満薬を初の認可(日経)(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2003.09.29:日焼け止めは皮膚に活性酸素を発生させるUVAを十分に防がず、皮膚の老化とメラノーマを増やしているかもしれない(ガン・腫瘍)98access