最近3か月
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)1816access
●2020.10.07:新型コロナでは肺がヒアルロン酸で埋め尽くされて呼吸が出来なくなって死んでいる(感染症)632access
●2020.09.15:玉ねぎスゲー。老化細胞除去薬(DasatinibとQuercetin)で処理した臓器は移植成功率が向上。原因は老化細胞の出す遊離ミトコンドリアDNA量の低下(老化細胞除去)599access
●2020.09.02:知能発達途中の学生(8-10歳)に脳のワーキングメモリー拡大に効果のあるNバック課題(N-back task)をやらせた研究結果(知能改善・天才になる方法)577access
●2020.10.01:Natureで新型コロナの重篤化と関係する遺伝子群が報告、ネアンデルタール人由来(感染症)508access
●2020.09.25:善玉腸内細菌にエサあげて増やすぞ!ポリフェノールサプリメントの種類変えました。(サプリメント)508access
●2012.07.12:自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)426access
●2015.10.30:病院で処方されるアレルギー・ぜんそくの薬「モンテルカスト」で高齢ねずみの脳の若返りが起きると報告(知能改善・天才になる方法)364access
●2020.09.03:日本の平均余命が過去最高を更新‐男81.41歳、女87.45歳(統計(寿命・その他))363access
●2020.10.22:プラスチックボトルを加熱するとミルクにマイクロプラスチックが大量に溶けだす(子育て)361access
●2020.08.19:米ユニティー・バイオテクノロジー(UNITY Biotechnology)社の老化細胞除去薬UBX0101が変形関節症治療の臨床試験で薬効を示せず、株価が半分以下に(アンチエイジングを目指す企業)336access
●2020.09.28:玉ねぎ成分ケルセチンのみでも血管の老化細胞除去は可能かも。(老化細胞除去)331access
●2020.09.24:玉ねぎ成分ケルセチンは単独で老化細胞除去効果があるか?(老化細胞除去)301access
●2020.09.11:老化細胞を除去するCAR-T治療法でマウスの若返りに成功(老化細胞除去)297access
●2020.10.05:HPVワクチン接種で子宮頸がんを88%減少させる統計的直接効果がやっと報告される、ちな日本の接種率は1%未満(感染による腫瘍形成)292access
●2020.10.13:現在知られている9種類の老化細胞除去薬(Senolytics)(老化細胞除去)283access
●2020.09.02:たった40分のビデオ撮影で、本人のAIが生成できる「Deep AI Copy」「Shallow Copy」新しい「終活」のかたち(未分類)280access
●2020.09.20:老いなき世界「人生のゴール」は無意味になる 「成長」から「持続」へと変化する人生の価値観(未分類)269access
●2020.10.26:最新型第4世代ダヴィンチシステムの発売から見る、ロボット手術の現状について(治療技術)173access
●2020.08.29:イーロン・マスク「頭のFitbit」こと脳埋込みAIチップ「Link」発表。自動手術ロボV2も(生物ー機械インターフェイス)153access
●2011.08.22:ヨーグルトで寿命が伸びる事が動物実験で初めて確認される、腸内のポリアミン濃度がポイント(アンチエイジング・老化抑制)139access
●2020.06.01:ダニ・スギ花粉症の舌下免疫療法をやって2年目経過した人のレビュー(治療技術)138access
●2020.07.22:アメリカにおける8つのアンチエイジング関連ベンチャー企業株リスト。うち2社の株購入。(アンチエイジングを目指す企業)135access
●2020.07.28:延命・アンチエイジングに関するアメリカのスタートアップ企業まとめ(2020.08.28)(アンチエイジングを目指す企業)131access
●2020.03.13:アルツハイマー病治療薬の副作用を利用して歯を自然再生させる臨床試験の結果報告(歯・歯周病・口の中の健康)131access
●2016.11.17:超低温の部屋で2分過ごすだけで800キロカロリー消費する?クライオセラピーとは(ダイエット・メタボリックシンドローム)131access
●2020.05.15:新型コロナ患者のLDH、CRP、ALT、NEU(好中球)数値で10日後の生死を90%の精度で予測可能!(感染症)129access
●2019.02.20:2019年2月Nature Commun発表/アシタバの葉に含まれるポリフェノール(フラボノイド)にあらゆる生物に効く最強のアンチエイジング作用(アンチエイジング・老化抑制)128access
●2020.10.20:Google設立の老化研究を行う会社Calicoが癌治療薬「ABBV-CLS-579」の臨床試験を開始(アンチエイジングを目指す企業)126access
●2019.06.17:効果が実証されつつある他人の「うんこ」移植治療、研究過程で難病を治す「癒しのうんこ」、他人を殺す「殺人うんこ」を出す能力者の存在が明らかに(腸内細菌)125access
●2020.05.15:イギリスにおける新型コロナに感染した妊婦427人の経過まとめ。妊婦にとって新型コロナ感染はハイリスクではない。(感染症)122access
●2017.09.14:老化してるのは卵子じゃなくて子宮だった。老齢マウスの胎児を若いマウスの子宮に移植するとリスク無く育つ(性・生殖)122access
●2012.08.02:遺伝子「ACTN3」を調べることで上達する見込みの高いスポーツを選ぶことが可能に(遺伝子診断・遺伝子多系)122access
●2019.04.09:老化してもケガをしてもツルツルの肌までもう少し?生体内リプログラミングで皮膚を綺麗に直せる4遺伝子(DGTM)の決定研究(皮膚)120access
●2019.04.18:米イェール大によるブタの全脳を死後4時間後に人工血液などを駆使して再動作せる実験(生命維持システム)119access
●2019.09.11:女性が男性よりも勉学の能力が高いのは「能力の持続性」が原因?(性・生殖)118access
●2019.03.13:死者からの子宮移植での出産に世界で初成功、生体子宮移植での出産はもう10例超え(性・生殖)118access
●2017.01.26:1日おきに朝ご飯、晩ご飯を抜く「カロリーサイクリング」で8週間で4kg痩せる。その他は高脂肪な食事でもOK(ダイエット・メタボリックシンドローム)118access
●2011.07.25:ワインに含まれる老化抑制物質「レスベラトロール(Resveratrol)」これまでの研究まとめ(3)(アンチエイジング・老化抑制)118access
●2011.07.15:ワインに含まれる老化抑制物質「レスベラトロール(Resveratrol)」これまでの研究まとめ(1)(アンチエイジング・老化抑制)118access
●2020.07.16:Insilico Medicine社が老化研究に特化した「Deep Longevity社」を分社化(アンチエイジングを目指す企業)117access
●2020.02.28:FOXO4ペプチドを1日おきに注射して老化した細胞のみを自殺させマウスを若返らせる(老化細胞除去)117access
●2019.04.22:禁煙に早産を防ぐ効果が確認されるも、それだけでは防げない(米国で2011年〜2017年に出産した2500万人を調査)(子育て)117access
●2017.09.01:史上最大の薬害事件?ノンカロリー人工甘味料は逆に太りやすく、高血圧、糖尿病、心臓病、各種メタボ病リスクを上昇させる。(ダイエット・メタボリックシンドローム)117access
●2013.12.11:医学界No1の学術誌Nature Medicineが選ぶ2013年の医学の重要な進歩8つ(1年間のまとめ記事)117access
●2020.02.05:目に良いとされる成分「ルテイン」は臨床試験でかなり明確な効果が実証されているが「ブルーベリーエキス」では必要量に足り無さそう。(目・視覚)115access
●2018.02.05:癌に直接投与することで全身の癌細胞を駆逐できる新世代のワクチン免疫治療法。CpGと抗OX40抗体を投与。(ガン・腫瘍)115access
●2017.08.25:脳内のマイクロRNA「miR-7」「miR-671」を除去する機能が低下すると、不要情報を遮断することが出来なくなり、神経精神活動に影響が出る。(精神)115access
●2018.01.25:テロメアを修復して細胞を若返らせる手法、実験に今年も成功。今すぐ出来るテロメアの伸ばし方(アンチエイジング・老化抑制)114access
●2020.04.07:N95とか高効率フィルターのマスクを付けるだけで腹式呼吸になって1日200-400kcal余分に消費出来るらしい(ダイエット・メタボリックシンドローム)113access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)113access
●2019.09.04:心臓マッサージの最適条件は深さ4.7cm、毎分107回(未分類)111access
●2019.04.12:目指せ猿の惑星!中国の研究者がヒトの知能に関わる遺伝子「MCPH1」をサルに遺伝子導入し、脳の発達がヒトに近づき知能が向上する研究を発表(人体改造)111access
●2017.01.27:攻殻機動隊2の世界がすぐそこに、人間の細胞含むブタ胎児の作製成功…臓器作りへ(臓器移植)111access
●2016.05.27:24時間働けますか!睡眠不足でも記憶力低下を防ぐ実験にマウスで成功(睡眠)110access
●2019.02.22:癌治療薬の最終兵器「オプジーボ」の効き方が筋肉量によって3倍異なることが判明(ガン・腫瘍)109access
●2018.04.17:大気汚染のせい?中国で10人に1人が治療方法が無く死に至ることもある肺の病気「COPD」にかかっている可能性(未分類)109access
●2018.03.27:新システムCRISPR/CasRxで生体内のRNAを分解・編集可能に、ウイルスへの搭載も可能(治療技術)109access
●2020.03.06:皮膚を若く保つのに必要な特殊なコラーゲン「COL17A1」のメカニズム解明と、このコラーゲンの量の低下を防ぐ2種類の物質(Y27632やアポシニン)の発見(皮膚)108access
●2017.07.25:高学歴ほど病気リスクが低いとの統計分析結果、収入は関係無し(統計(寿命・その他))108access
●2015.06.25:サプリメントも売っているキノコ「霊芝(れいし)」が太りやすい体質を改善してくれる?(腸内細菌)108access
●2018.06.05:Nature Medicineで進行性末期乳がんを完治させた最新のコンビネーション免疫療法の事例が発表される(ガン・腫瘍)107access
●2017.06.22:高齢女性の卵子でも子供を産める。ミトコンドリアに問題がある卵子に本人の別細胞から取り出したミトコンドリアを注入し体外受精する「オーグメント療法」で国内で始めて出産に成功(性・生殖)107access
●2017.04.10:海水から作る食卓塩には健康への影響が懸念される微小なマイクロプラスチック粒子が含まれている(食物)107access
●2016.08.30:改変CRISPR/Cas9で狙った遺伝子を脱メチル化する技術が開発される(治療技術)107access
●2016.04.15:なぜ「ゲイ遺伝子」は人類の歴史の中で淘汰されなかったか(性・生殖)107access
●2014.04.08:ジャンクフードなどの精製された食物は同じカロリーでも太りやすく、また「やる気」が低下するという動物実験結果(ダイエット・メタボリックシンドローム)107access
●2015.04.03:ラットに電子チップを埋め込み「第六感」的感覚を与えることに成功(生物ー機械インターフェイス)106access
●2013.11.07:風邪薬に含まれるイブプロフェンは風邪を長引かせ悪化させる可能性があるとの研究結果(感染症)106access
●2020.02.14:日本のHPV(子宮頸がん)ワクチンの「ためらい」により何人が死ぬか、今年再開したら何人救えるかを分析したオーストラリア研究者の報告(2020年2月10日発行)(感染による腫瘍形成)104access
●2020.01.17:ダウン症治療薬が色々な戦略で治療薬の開発が進められている。(知能改善・天才になる方法)104access
●2016.11.29:Nature記事:移植した脳神経細胞が大人の神経回路に取り込まれ機能していることが確認(脳・中枢神経・神経)104access
●2013.07.09:自閉症発症と腸内細菌の状態の密接な関係(腸内細菌)104access
●2020.10.26:米の四肢まひ患者、右手の動きを「回復」 史上初(未分類)103access
●2013.08.01:幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)103access
●2010.11.07:怒りにより物欲が高まる(未分類)103access
●2005.11.07:子供の寿命は父親から遺伝するとスウェーデンの研究チームが分析(統計(寿命・その他))103access
●2019.02.14:老化した細胞のみを殺す「Senolytic薬」の開発とその効果(老化細胞除去)102access
●2017.11.29:世界初!イギリスでバイアグラが処方箋無しで薬局で購入可能に(性・生殖)102access
●2011.09.27:1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)102access
●2019.11.26:「低身長症の治療薬」が登場するも当事者からは賛否両論(治療技術)101access
●2016.03.18:これが次世代がん治療薬「免疫チェックポイント調整抗体医薬」のパワーだ。(ガン・腫瘍)101access
●2013.10.25:嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)101access
●2012.06.18:高齢の父親から生まれた人ほど細胞分裂の回数券「テロメア」が長い傾向。長生き出来るかも(性・生殖)101access
●2008.03.21:朝食を食べる人は、朝食を抜く人よりも肥満が少ない(ダイエット・メタボリックシンドローム)101access
●2008.02.15:京大チーム、がん化しにくいiPS細胞を肝臓や胃から作製(幹細胞)101access
●2000.12.15:再生能力の強いマウスと通常マウスの傷の治癒時のタンパク発現の差を比較し再生に関わる遺伝子を解明する(創傷治癒)101access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)100access
●2019.04.05:老化した脳への抗CD22抗体投与で認知能力が改善する結果(アンチエイジング・老化抑制)100access
●2016.11.02:ワクチン接種は午前中に受けると効果4倍。マウスを用いた実験で交感神経の活動との相関関係が明らかに(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)100access
●2016.09.05:アメリカ、政府自ら病院を5つ星でランキングしたデータを提供(未分類)100access
●2015.10.20:イギリス科学誌ネイチャーと日本抗加齢医学会がアンチエイジングに関する専門誌「npj Aging and Mechanisms of Disease」創刊、編集長は慶応大教授(アンチエイジング・老化抑制)100access
●2015.03.25:遺伝子組換した腸内細菌入りの水を1回飲ませるだけで長期間にわたり肥満を予防する実験にマウスで成功(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2012.04.11:ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)100access
●2012.03.31:前立腺ガンの原因の一部が「感染」である証拠が揃いつつある。包茎手術が前立腺ガンのリスクを減らす可能性と理由。(感染による腫瘍形成)100access
●2010.01.08:ゼニカルでどれぐらい食事中の脂肪吸収が抑えられるかを調べた研究(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)100access
●2009.10.19:HPVウイルスが乳ガンにも関わっている可能性〜in situ PCRによる解析〜(感染による腫瘍形成)100access
●2009.01.30:女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)100access
●2005.03.07:カルシウムを摂取するために牛乳を飲むのは間違い?(medilexicon)(生活習慣)100access
●2020.03.19:日本新薬が記憶力改善機能が確認出来た「バコパサポニン」配合のサプリメントを発売開始(サプリメント)99access
Generate at2020.10.28 15:53