最近3か月
●2016.06.22:夏と冬でカロリー消費はどれぐらい違うのかを酸素消費量から正確に分析した研究(ダイエット・メタボリックシンドローム)1406access
●2020.06.01:ダニ・スギ花粉症の舌下免疫療法をやって2年目経過した人のレビュー(治療技術)692access
●2020.05.02:中国・武漢での病院周辺の空気中に含まれるコロナウイルスRNAが検出されるという研究報告(感染症)632access
●2020.05.22:カリフォルニアの住民でさえ半分の人は新型コロナウイルスに反応する抗体を保有している(未分類)622access
●2015.10.30:病院で処方されるアレルギー・ぜんそくの薬「モンテルカスト」で高齢ねずみの脳の若返りが起きると報告(知能改善・天才になる方法)595access
●2012.07.12:自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)499access
●2020.05.15:新型コロナ患者のLDH、CRP、ALT、NEU(好中球)数値で10日後の生死を90%の精度で予測可能!(感染症)487access
●2020.05.21:50日間の感染予防対策/30日間の制限無しを繰り返す方法で死亡者を抑えることが出来る(ケンブリッジ大学によるシミュレーション)(感染症)475access
●2020.05.25:国内7大学、全ゲノム解析など実施し、新型コロナの重症化因子特定へ(感染症)406access
●2020.05.15:イギリスにおける新型コロナに感染した妊婦427人の経過まとめ。妊婦にとって新型コロナ感染はハイリスクではない。(感染症)299access
●2020.05.07:脳に電極を埋め込んだ失明者、四肢まひの患者、パーキンソン病患者を描くドキュメンタリー映画「I am Human」(生物ー機械インターフェイス)270access
●2016.11.17:超低温の部屋で2分過ごすだけで800キロカロリー消費する?クライオセラピーとは(ダイエット・メタボリックシンドローム)265access
●2013.11.07:風邪薬に含まれるイブプロフェンは風邪を長引かせ悪化させる可能性があるとの研究結果(感染症)259access
●2014.11.07:27の感情の持続時間が判明。ストレス3時間、嫉妬15時間、喜び35時間、悲しみ120時間など(精神)249access
●2020.07.22:アメリカにおける8つのアンチエイジング関連ベンチャー企業株リスト。うち2社の株購入。(アンチエイジングを目指す企業)233access
●2007.09.19:加齢に伴う胸腺の退化はグレリンやレプチンの減少が原因のようだ(アンチエイジング・老化抑制)218access
●2019.07.02:寿命を延ばす最先端の技術に関する12の着眼点(2019年版)(1年間のまとめ記事)208access
●2020.05.25:日経BP緊急オンラインZOOMセミナー、シリコンバレーから中継「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)征圧への道」(感染症)206access
●2020.07.16:生理痛を緩和する鎮痛薬入りタンポンがDaye社から登場(性・生殖)205access
●2011.09.27:1日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか(ダイエット・メタボリックシンドローム)152access
●2019.11.13:生物学的実年齢(DNAメチル化頻度)を若返らせることに成功。市販の3医薬を1年間投与して2.5年若返る(アンチエイジング・老化抑制)146access
●2014.04.23:睡眠薬「マイスリー」(薬物名:ゾルピデム)を飲み昼寝をすると言語記憶が向上する(睡眠)146access
●2020.04.09:新型コロナウイルスが何度も感染する理由?感染から回復しても3分の1は非常に弱い抗体しかついておらず、まったく抗体が無い人も(回復者175人の調査)(感染症)144access
●2020.02.21:「風邪をひかなくなるワクチン」を目指す研究(感染症)143access
●2013.02.28:妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)135access
●2012.09.26:バファリン4分の1錠を毎日飲むとガンで死ぬリスクが低下する(ガン・腫瘍)131access
●2019.02.22:細胞を投与して治療する時代の幕開け!ノバルティスの癌治療細胞医療「キムリア」日本承認。アメリカで1回5000万円の治療(ガン・腫瘍)130access
●2020.03.18:新型肺炎にはイブプロフェン(EVEとか)ではなくアセトアミノフェン(ノーシンとか)が良いとのWHO発表、バファリンもアウト(感染症)129access
●2020.01.21:BMIよりも腹囲を使った新指標「RFM」の方がメタボ度を正確に算出出来る(ダイエット・メタボリックシンドローム)127access
●2019.02.14:老化した細胞のみを殺す「Senolytic薬」の開発とその効果(アンチエイジング・老化抑制)127access
●2020.03.24:ニューヨークで新型コロナ回復者の血液を重症患者に投与する臨床試験開始(感染症)123access
●2019.11.11:MRIの中でエロエロして断面撮影した素晴らしい研究(画像アリ)(性・生殖)123access
●2015.12.02:医薬業界で噂の「糖尿病薬メトホルミンが寿命を延ばす」が本当かどうか調べる大規模臨床試験が始まる(アンチエイジング・老化抑制)123access
●2013.10.25:嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)123access
●2011.11.08:体内の老化細胞を取り除く技術を確立すれば高齢でも若々しく健康体になることが証明される。(アンチエイジング・老化抑制)122access
●2016.03.07:学術雑誌Nature Medicineで「老化抑制」という「副作用」が知られる薬まとめ(アンチエイジング・老化抑制)120access
●2012.08.28:2日に1個の卵を食べるだけで動脈硬化になる可能性が上昇するようだ(生活習慣)120access
●2017.11.10:今日の収穫:アシュワガンダの3年物の根っこ(サプリメント)119access
●2020.03.31:ボランティアに新型コロナウイルスを投与する試験でワクチン開発期間を劇的に短縮出来る(感染症)118access
●2020.02.13:かなりガチな科学的男女産み分け方法が発見される。TLR7/TLR8アゴニスト薬物を膣内にちゅ〜っと入れていたせば男の子?(性・生殖)118access
●2018.03.23:アステラスの2週間に一度注射するタイプのスギ花粉症治療DNAワクチン「ASP4070」が年内にも承認に向けた最終試験開始(免疫・アレルギー・自己免疫疾患)118access
●2016.08.08:運動でダイエットしようとする人が絶対に知っておくべき情報満載の臨床試験結果、脂肪は1分間に何グラム燃えている?サプリメントのシネフリン凄いかも(ダイエット・メタボリックシンドローム)117access
●2019.04.17:高齢者の短期記憶を頭部に電極を貼り付けるタイプの電気刺激で20代まで改善することに成功。ただし効果は25分の刺激で1時間だけ(脳・中枢神経・神経)116access
●2019.11.22:重篤な外傷を負った患者に10〜15℃の冷却食塩水を流し込んで急速冷却し、治療後に組成する治療が世界で初めて実施へ(冬眠・凍結保存・クライオニクス)115access
●2016.11.01:Amazon CEOらが投資したアンチイジングのスタートアップ企業「Unity Biotechnology」の中身(アンチエイジングを目指す企業)115access
●2015.10.05:マラソンなどで1万人に1人程度起こる運動中突然死(致死性不整脈)の原因の1つはIRX3遺伝子の変異(運動・エクササイズ)114access
●2019.12.20:究極のガチャ、ノバルティスが2億円の脊髄性筋委縮症の薬「ソルゲンスマ」を抽選で100名様にプレゼント(製薬会社・ビジネス)113access
●2007.11.05:遺伝子操作で驚異的な持久力と寿命を持つマウスを作り出すことに成功(人体改造)113access
●2019.09.30:新たなダイエット戦略、脂肪細胞の「脂質代謝回転率(Adipose lipid turnover)」を上げる(ダイエット・メタボリックシンドローム)112access
●2019.08.02:ハーバード大学教授George Church氏の考える超人類を生み出すために書き換える7つの遺伝子リスト(未分類)111access
●2017.03.01:DNAをズタズタに砕く「CRISPR/Cas3」を抗生物質が効かない細菌退治に使う試み(遺伝子・バイオインフォマティクス)109access
●2017.04.26:週2回必ず飲み会に参加しつつカロリーサイクリングダイエットで1回の食事量を減らさず3ヶ月間で体重を3kg減らした記録(ダイエット・メタボリックシンドローム)108access
●2014.09.29:ウコンの効果は黒こしょうに含まれるピペリンを同時に摂取することにより20倍に増強する(サプリメント)108access
●2012.12.14:医学分野の最も有名な学術雑誌「Nature Medicine」が選ぶ2012年の重要な研究成果(1年間のまとめ記事)107access
●2012.12.05:太りやすさは腸内細菌の種類で変化する(腸内細菌)107access
●2019.02.26:男兄弟が多いほど末の子がゲイになるメカニズムが解明、原因は母親の抗NLGN4Y抗体(性・生殖)106access
●2016.10.20:カルシウムはサプリメントで摂取するとむしろ有害、骨に届かず血管に蓄積(サプリメント)106access
●2016.07.08:ゲノム編集技術CRISPR/Cas9を用いた「ジーンドライブ(Gene Drive)」技術が開発される。子孫全ての目的遺伝子を効率的に改変可能に、環境改変の強力なツール(ゲノム編集・デザイナーズベイビー)106access
●2015.01.19:アメリカで糖尿病薬「リラグルチド」が「肥満治療用途」でも承認。販売元は今年から営業500人を動員して売り込み(ダイエット・メタボリックシンドローム)105access
●2011.09.07:ポテトチップスなどの脂質を含む食事が止められない理由はマリファナの使用と同じ理由(ダイエット・メタボリックシンドローム)105access
●2009.12.24:はじめに:世の中にはダイエットに効くという怪しいモノが多数ある(効果の実証されたダイエット薬「ゼニカル」とコンビニで買える黒烏龍茶)105access
●2019.01.25:腹部に埋め込み、充電不要で電気刺激により空腹感を感じなくさせる減量を助ける小型インプラントデバイス(ダイエット・メタボリックシンドローム)104access
●2020.04.14:ニューヨークで最近2週間に出産した無症状の211人を検査したら29人(14%)が新型コロナ陽性だった(感染症)102access
●2019.12.06:ピルを飲んでいる女性は脳の視床下部が小さい傾向(性・生殖)102access
●2019.07.17:人工子宮の概念が示されて50年、ついに完全子宮外胎児生命維持システム(TEFLS)完成(性・生殖)102access
●2017.02.17:プライミューン社、自分で採取して郵送するタイプのHPV(ヒトパピローマウイルス)検査サービス開始(感染による腫瘍形成)102access
●2016.03.24:そのハゲは毛根が悪いんじゃない、お前が悪いんだ!。老齢マウスの毛根を若いマウスに移植すると元気にフサフサに(毛髪・毛、育毛)102access
●2015.07.29:犬やクモが怖い子供35人で実施したD-シクロセリンの臨床試験で恐怖記憶消去効果が証明される(精神)102access
●2015.01.30:ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは普通のブロッコリーでも十分に摂取できそう(食物)102access
●2013.11.14:来年(2014年)ぐらいから患者が恩恵を受けられそうな医学における新薬・新技術10(未分類)102access
●2017.05.23:高齢の町医者は危険?米国で7万件の入院記録を調べたところ高齢の医師が対応したほど死亡率が高いことが判明(未分類)101access
●2017.01.17:若い血液に「若返り物質」が含まれているのではなく、年老いた血液に「老化促進物質」が含まれている(アンチエイジング・老化抑制)101access
●2015.09.15:ランナーズハイの正体が解明、血中のホルモン「レプチン」減少がテンションを上げる(運動・エクササイズ)101access
●2011.09.12:fMRIによる解析で、異なる女性器部位への刺激が脳で別刺激として認識され、乳首への刺激が性器への刺激として認識されていることが判明した(性・生殖)101access
●2019.06.17:効果が実証されつつある他人の「うんこ」移植治療、研究過程で難病を治す「癒しのうんこ」、他人を殺す「殺人うんこ」を出す能力者の存在が明らかに(腸内細菌)100access
●2018.03.22:Amazon CEOらが出資するUNITY Biotechnology社が60億円調達し、今年中に老化細胞除去治療薬UBX0101の人間への投与試験を開始(アンチエイジングを目指す企業)100access
●2017.09.01:史上最大の薬害事件?ノンカロリー人工甘味料は逆に太りやすく、高血圧、糖尿病、心臓病、各種メタボ病リスクを上昇させる。(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2017.07.31:「においだけで太っちゃう!!」は本当だった。嗅覚遮断で食事量を減らさなくても脂肪が減少するとの実験結果(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2016.05.27:24時間働けますか!睡眠不足でも記憶力低下を防ぐ実験にマウスで成功(睡眠)100access
●2015.01.05:バイオ分野でのスーパーコンピューター利用を討論する泊まり込みの合宿「バイオコンピューティング研究会:ウインタースクール2015」開催(遺伝子・バイオインフォマティクス)100access
●2013.12.11:医学界No1の学術誌Nature Medicineが選ぶ2013年の医学の重要な進歩8つ(1年間のまとめ記事)100access
●2012.01.01:女性は低い声の男性に最も影響を受けやすく、言った事も記憶に残りやすい。(性・生殖)100access
●2010.05.10:COX2は白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える作用がある(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2009.07.24:電流刺激を使って学習能力を向上させるヘッドギア(脳・中枢神経・神経)100access
●2008.08.21:ヒ素暴露が糖尿病発症リスクを増加させる可能性(人工すい臓・糖尿病)100access
●2008.03.21:朝食を食べる人は、朝食を抜く人よりも肥満が少ない(ダイエット・メタボリックシンドローム)100access
●2008.02.15:京大チーム、がん化しにくいiPS細胞を肝臓や胃から作製(幹細胞)100access
●2004.01.14:ガン細胞は創傷治癒の時と同じ状態にある(ガン・腫瘍)100access
●2003.09.29:日焼け止めは皮膚に活性酸素を発生させるUVAを十分に防がず、皮膚の老化とメラノーマを増やしているかもしれない(ガン・腫瘍)100access
●2020.03.13:アルツハイマー病治療薬の副作用を利用して歯を自然再生させる臨床試験の結果報告(歯・歯周病・口の中の健康)99access
●2019.03.13:死者からの子宮移植での出産に世界で初成功、生体子宮移植での出産はもう10例超え(性・生殖)99access
●2018.04.17:大気汚染のせい?中国で10人に1人が治療方法が無く死に至ることもある肺の病気「COPD」にかかっている可能性(未分類)99access
●2000.12.15:再生能力の強いマウスと通常マウスの傷の治癒時のタンパク発現の差を比較し再生に関わる遺伝子を解明する(創傷治癒)99access
●2019.04.22:禁煙に早産を防ぐ効果が確認されるも、それだけでは防げない(米国で2011年〜2017年に出産した2500万人を調査)(子育て)98access
●2017.08.25:脳内のマイクロRNA「miR-7」「miR-671」を除去する機能が低下すると、不要情報を遮断することが出来なくなり、神経精神活動に影響が出る。(精神)98access
●2017.04.10:海水から作る食卓塩には健康への影響が懸念される微小なマイクロプラスチック粒子が含まれている(食物)98access
●2015.03.25:遺伝子組換した腸内細菌入りの水を1回飲ませるだけで長期間にわたり肥満を予防する実験にマウスで成功(ダイエット・メタボリックシンドローム)98access
●2009.01.30:女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)98access
●2005.11.07:子供の寿命は父親から遺伝するとスウェーデンの研究チームが分析(統計(寿命・その他))98access
●2005.03.07:カルシウムを摂取するために牛乳を飲むのは間違い?(medilexicon)(生活習慣)98access
Generate at2020.07.28 18:49