高齢マウスの心臓→摘出して老化細胞除去薬(Senolytics)で処理→移植→若いマウスの心臓のように良好に動作
カテゴリー:#Senolytics #老化細胞除去薬(記事数:28)

↑B

2023.10.27

高齢マウスの心臓→摘出して老化細胞除去薬(Senolytics)で処理→移植→若いマウスの心臓のように良好に動作

老化細胞除去薬としては定番のダサチニブとケルセチンを利用。処理濃度や処理時間等の情報はネットに公開されている情報には無いみたいです。

処理時間は短時間だと思うで、自分の各種臓器をいったん摘出して元のように移植するという手法で若返り可能でしょうか?

European Society for Organ Transplantation (ESOT) Congress 2023で発表

同じハーバード医科大学のStefan G. Tulliusの研究チームが継続的に論文出してますね。
研究室のWebページ

Category:#Senolytics #老化細胞除去薬

 Keyword:ケルセチン/88




コメント

いいっすね!=11
001 [10.27 21:53]Amadeus:私は定期的にダサチニブ+ケルセチン+フィセチンを飲んでます。私の心臓は生きがいいかもしれないです。 (4)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
ケルセチン


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る