カテゴリー:腸内細菌 TW↑B



2017/03/02放置して固くなったパンに含まれる結晶化デンプン「レジスタントスターチ」が腸内細菌に健康物質を作らせる
2017/01/31自閉症の子供への健康な腸内細菌移植で行動が改善 /49
2016/12/26パーキンソン病も多発性硬化症(MS)も発症に腸内細菌が関与か? /191
2015/11/25抗生物質を1回投与されただけで1年間にわたり継続して腸内細菌の多様性が低下しうる /214
2015/06/25サプリメントも売っているキノコ「霊芝(れいし)」が太りやすい体質を改善してくれる? /652
2015/02/13肥満になりやすさに関連していると報告されている腸内細菌に感染する新種のウイルスが発見される。二人に一人が感染済み /1
2013/08/19腸内の善玉菌を増やすためには「食事の種類」よりも「摂取カロリー」の方が重要 /2
2013/07/09自閉症発症と腸内細菌の状態の密接な関係 /11
2013/06/05ヨーグルトなどに含まれる微生物が人間の思考に影響を与えている /5
2012/12/05太りやすさは腸内細菌の種類で変化する /2


2017/03/02

放置して固くなったパンに含まれる結晶化デンプン「レジスタントスターチ」が腸内細菌に健康物質を作らせる

結晶化したデンプンは吸収されないのでノーカロリーな上、大腸までそのまま到達し、腸内細菌のエサとなるそうです。そしてこれを分解した腸内細菌は様々な健康に良いとされる物質を作り出すとか。作り出された物質は大腸から吸収されて私たちの身体に作用します。

報告によると常温よりも冷蔵庫の中で1週間保管した場合に最もレジスタントスターチが増えるそうです。カピカピごはんにも含まれているそうですよ。

↑BTW


 Keyword:【腸内細菌/103】
           記事ごとのページ・コメント欄

2017/01/31

自閉症の子供への健康な腸内細菌移植で行動が改善

米国オハイオ州立大学の医師らの研究です。7〜16歳の子供18人に健康な人の腸内細菌を移植したところ、自閉症特有の行動の問題も改善が見られたとのことです。

今回は少数の研究であるため今後、より大人数での試験を計画するとのことです。

自閉症の原因が悪い腸内細菌のせいではないかとの研究があります。

また、自閉症の原因の半分は遺伝ですが、もう半分は環境であるとの統計研究もあります。
同じ環境で生まれた人は同じ腸内細菌になる可能性も高いため、環境要因はもっと多いのかもしれません。

↑BTW


 Keyword:【自閉症/5】
           記事ごとのページ・コメント欄(49〜)

2016/12/26

パーキンソン病も多発性硬化症(MS)も発症に腸内細菌が関与か?

特定の細菌の存在がこれらの病気を引き起こすことが証明されたわけではありませんが、少なくとも患者の腸内細菌には健常人にない特徴があるようです。

パーキンソン病の研究ではパーキンソン病患者の腸内細菌を移植されたマウスが運動機能障害を起こしやすいことを実験的に証明しています。

 以前から思っていて確信があるのですが、20年後のトイレにはウォシュレットに加えて、遺伝子シークエンサーが搭載され、排泄物中の細菌の状態を毎日教えてくれると思います。

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(191〜)

2015/11/25

抗生物質を1回投与されただけで1年間にわたり継続して腸内細菌の多様性が低下しうる

 腸内細菌の多様性低下が様々な病気の発症に関わっている可能性が報告されています。これは腸内細菌の作り出す各種物質が腸から吸収されて体内のあちこちで役立っているからです。抗生物質を投与されると、健康維持に重要な各種物質を作り出す細菌が死滅し、いわゆる「悪玉菌」のみが生き残る傾向があるようです。

 今回、研究者らは74人のボランティアにプラセボ対照二重盲目テスト(試験が終了するまで、誰が本物の抗生物質を飲んだか分からない状態で行い、思いこみによる効果を排除する試験方法)で実験を行いました。

 試験の結果、抗生物質を1回だけ服用しただけであっても腸内細菌の多様性が失われ1年後でも回復しない場合があることが分かりました。詳しくはclindamycinという抗生物質の場合は4ヶ月間多様性低下が続き、 ciprofloxacinという抗生物質の場合は多様性低下が1年間持続していました。

 子供が熱を出し病院に行くたびに抗生物質を処方されるのでちょっと心配です。

 抗生物質自体の抗菌効果は続いても数日のはずです。ので、一度失われた腸内細菌の多様性を回復されることはなかなか難しいことは明らかなようですが、腸内細菌の多様性を素早く回復させる方法は無いものでしょうか。

↑BTW


 Keyword:【抗生物質/8】
           記事ごとのページ・コメント欄(214〜)

2015/06/25

サプリメントも売っているキノコ「霊芝(れいし)」が太りやすい体質を改善してくれる?

 霊芝(Ganoderma lucidum)は健康食品として知られサプリメントも売られていますが、身体に取り込まれて作用しているのではなく腸内細菌を調整する作用が重要であることが分かりました。

 研究者らはマウスに高脂肪食と霊芝を与える実験を行いました。高脂肪食のみを食べたマウスでは体重が20g近く増えたのに対し、霊芝を併せて食べさせたマウスでは体重増加が抑えられました(最もよく効いたマウスで体重増加が12g程度に抑えされた。

 霊芝を食べさせたマウスの糞を分析したところ、グラム陰性菌であるバクテロイデス(bacteroidetes)とグラム陽性菌であるフィルミクテス(firmicutes)の比率が高脂肪食を食べることにより3:7から5:5に変わっていましたが、この変化が霊芝を食べることにより抑制されていました。また、面白いことに霊芝を食べさせたマウスの糞を高脂肪食を食べているマウスの腸内に移入したところ霊芝を食べるのと同様に体重増加が抑えられました。霊芝は高脂肪食による腸内細菌の変化を抑制することで体重増加を抑えていると考えられます。

 これらの作用を示す霊芝の成分は分子量が非常に大きく体内に入っていない成分とのことですので、作用は霊芝が直接身体に作用しているわけではなく腸内細菌を介して起こっているようです。

 近年、太りやすさと腸内細菌の関係が多く報告されています(太りやすい人は太りやすくなる腸内細菌が多く住み着いている)。霊芝のサプリメントは腸内細菌を理由とした太りやすい体質を改善してくれるかもしれません。

ちょっと霊芝のサプリメント買ってくるー


【DHC直販サプリメント】β-D-グルカン含有。生活習慣によって滞りがちなめぐりにアプローチ!霊芝(れいし) 30日分(楽天市場、3000円以上で送料無料)

↑BTW


 Keyword:【脂肪/17】
           記事ごとのページ・コメント欄(652〜)

2015/02/13

肥満になりやすさに関連していると報告されている腸内細菌に感染する新種のウイルスが発見される。二人に一人が感染済み

 大腸菌に感染するウイルスを「ファージ」といいます。今回、腸内細菌の中で最も一般的な細菌の種類「Bacteriodetes」に感染するファージ(crAssphageと命名)が発見されました。このファージは2人に1人の腸内に住み着いて腸内細菌に感染しているそうです。

 また腸内細菌「Bacteriodetes」は肥満との関係が報告されており、この発見をした研究者は今後、このファージと肥満との関係を調べていくそうです。

 近年、腸内細菌が健康に大きな影響を与えていることが報告されていますが、腸内細菌に感染するファージの関与もあるかもしれません。

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(1〜)

2013/08/19

腸内の善玉菌を増やすためには「食事の種類」よりも「摂取カロリー」の方が重要

 腸内細菌は人体に大きな影響を与え、乳酸菌などの善玉菌が多いと寿命が延び、反対に有害物質であるLPSなどを多く作る悪玉菌が多いと寿命が短くなることが動物実験により証明されています。腸内で作られたLPSは吸収されて人体の様々な臓器に悪影響を及ぼします。

 腸内の善玉菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか?ヨーグルトと食べる?肉を減らす?中国の上海Jiao Tong大学のLiping Zhaoらはマウスを使った実験を行い、カロリー制限により効率的に善玉菌を増やすことが出来ることを報告しています。

(省略されています。全文を読む

↑BTW


 Keyword:【乳酸菌/7】 【LPS/3】 【タンパク質/55】
           記事ごとのページ・コメント欄(2〜)

2013/07/09

自閉症発症と腸内細菌の状態の密接な関係

 世界中で自閉症患者が増加傾向にありパンデミック状態と言えます。現在では児童の50人に一人が自閉症であると言われていますが、いったい何が増加の原因なのでしょうか。

 自閉症には遺伝的な要因もあり、自閉症を発症しやすい家系も存在しますが、近年の研究で自閉症腸内細菌の密接な関係が明らかになっています。昔から自閉症患者の大部分が胃腸障害を併発するため、関係が疑われていましたが、近年の高速遺伝子解析技術により腸内細菌の種類の詳細な解析が可能となり研究が進みつつあります。

(省略されています。全文を読む

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄(11〜)

2013/06/05

ヨーグルトなどに含まれる微生物が人間の思考に影響を与えている

 「腸」「脳」によって働きを制御されていますが、逆に「脳」「腸」によって制御されているようです。人間のボランティアを使った実験で腸内細菌の状態が人間の思考や感覚に影響を与えることが報告されました。

 この研究はアメリカUCLAの研究者Mayerらのグループにより報告されました。研究者らは健康な18〜55歳の女性36名に協力してもらい次のような実験を行いました。

 女性らを3つのグループに分け、第1グループには様々な微生物(プロバイオティクス)を含むヨーグルトを1日2回食べてもらいました。第2グループには微生物を取り除いたヨーグルトを食べてもらいました。第3グループにはヨーグルトを食べてもらいませんでした。

(省略されています。全文を読む

↑BTW


 Keyword:【ヨーグルト/11】
           記事ごとのページ・コメント欄(5〜)

2012/12/05

太りやすさは腸内細菌の種類で変化する

 太りやすい人と、太りにくい人がいる事に異論がある人はいないでしょう。また、同じ人でも以前より太りやすくなったりすることもあります。これれらは生まれ持った体質の違いや年齢に伴う体質の変化の影響もあるとは思いますが、どうやら腸内細菌の種類が太りやすさに影響していることが分かってきました。

 アメリカ・ワシントン大学の研究者が太ったマウスと痩せたマウスを集め、それぞれのマウスの腸内細菌の種類を調べました(文献1、2)。マウスや人の腸内には実に1000種類以上の多様な細菌が住んでいますが、それらは大きくわけてB類(Bacteroidetes,バクテロイデス)かF類(Firmicutes,ファーミキューテス)の2種類に分類出来ます。この比率を調べました。

(省略されています。全文を読む

↑BTW


 Keyword:【母乳/62】
           記事ごとのページ・コメント欄(2〜)




Cation!!注意:このページには動物実験などで得られた研究段階の情報が含まれています。これらはなんら、人間に適用した時の効果を保証するものではなく、これらの情報を元にとった行動によりいかなる不利益を被っても管理人は一切責任を負いません。このページの話はあくまで「情報」としてとらえてください。