クロストリジウム属(Clostridia)の細菌が腸管で働き食物アレルギーを防いでいる。
カテゴリー:免疫・アレルギー・自己免疫疾患(記事数:31)

↑B

2014.08.28

クロストリジウム属(Clostridia)の細菌が腸管で働き食物アレルギーを防いでいる。
Identify a bacterial community that protects against sensitization

 クロストリジウム属(Clostridia)という細菌が腸管内で免疫反応を起こし、免疫反応により生じるサイトカインIL-22により腸管の透過性が低下、アレルギー物質が体内に入りにくくなるそうです。同じアレルギーの予防はIL-22の投与によっても可能でした。

 研究者は将来的にはこの細菌を含む機能性食物を開発し食物アレルギーを防ぐことが出来るのではないかと考えています。

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患

 Keyword:IL-22/2 腸内細菌/120 アレルギー/28




コメント

いいっすね!=6

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
腸内細菌
アレルギー
IL-22


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る