抗老化ホルモンとして知られるKlotho(クロト―)を投与した老サルの記憶能力が1回の微量注射(10μg/kg)で2週間改善(2023年7月)
カテゴリー:#知能改善・天才になる方法(記事数:64)

↑B

2023.07.06

抗老化ホルモンとして知られるKlotho(クロト―)を投与した老サルの記憶能力が1回の微量注射(10μg/kg)で2週間改善(2023年7月)


出典:Longevity factor klotho enhances cognition in aged nonhuman primates. Nature Aging (2023)

投与したホルモン自体は血液中濃度が上昇し若い時と同じレベルになるものの2〜3日で元のレベルに下がりますが、その効果は投与4時間後にはすぐ見られ、投与から2週間後でも見られています。

簡単な記憶テスト(NML)よりも複雑な記憶テスト(HML)の方が効果が大きく出ていますね。

サルに気分を聞くのは難しいですが人間に投与すると意識レベルが上がったような感覚があるのかな?

Category:#知能改善・天才になる方法

 Keyword:Klotho/6 クロト―/3




コメント

いいっすね!=38
001 [08/20 10:43]もな:老化した脳を若返らせる血液因子が特定される、別々の研究チームがひとつの答えにたどりつき3本の論文を同時公開■https://gigazine.net/news/20230818-blood.... (17)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
Klotho
クロト―


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る