Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

育毛



----------このキーワードを使っている記事----------
2010/10/22:育毛薬「プロペシア(Propecia)※薬効名フェナステリド(Finasteride)」はEDを起こすリスクがある
2008/09/02:大正製薬の育毛剤「リアップ」の5%製剤を了承
2007/05/23:皮膚に塗って毛幹細胞にBMP関連遺伝子を導入し育毛を行うことに成功
2003/07/21:ライオンが毛根細胞の増殖を促進する新育毛剤を医薬部外品として認可させ年内にも発売の予定
2003/01/24:花王、毛母細胞の増殖を促進する育毛剤(nikkei)

2010/10/22

育毛薬「プロペシア(Propecia)※薬効名フェナステリド(Finasteride)」はEDを起こすリスクがある
育毛薬「プロペシア(Propecia)※薬効名フェナステリド(Finasteride)」はEDを起こすリスクがある

プラセボとの比較を行っている12の研究のデータ(合計3927名の男性データ)を合わせて検討したところ、毎日使う事でマイルドな育毛効果は確認されたが、勃起不全のリスクが上昇していることも確認された。その比率は80人の1人の割合。

Category:毛髪・毛、育毛

↑BTW


   記事ごとのページ



2008/09/02

大正製薬の育毛剤「リアップ」の5%製剤を了承
大正製薬の[[育毛]]剤「リアップ」の5%製剤を了承

海外でロゲインという名前で売られていたものが国内でも販売開始するようです。

Category:毛髪・毛、育毛

↑BTW


   記事ごとのページ



2007/05/23

皮膚に塗って毛幹細胞にBMP関連遺伝子を導入し育毛を行うことに成功
皮膚に塗って毛幹細胞にBMP関連遺伝子を導入し[[育毛]]を行うことに成功

発表したのは北大の原島秀吉先生らのグループ
毛は成長し、皮膚表面に移動し、休止基を迎えるというサイクルを繰り返している。今回、研究者らは毛の成長サイクルに関わるBMPの受容体の遺伝子caBmpr1a(constitutively active bone morphogenetic proitein type IA receptor)を研究者らが開発した脂溶性の膜につつんだウイルス模倣した粒子状構造体MEND(multifunctional envelope-type nano device)に包みマウス皮膚に塗布した。すると通常では成長した後、皮膚表面に移行するサイクルを繰り返すはずの毛包が長期間にわたり停止し、毛周期が遅れることが確認された。
このことは毛包が毛を生やしている期間を延ばすことを意味し、増毛技術といえる。

Octaarginine-modified multifunctional envelope-type nanoparticles for gene delivery.
Gene Ther. 2007 Apr;14(8):682-9. Epub 2007 Feb 1 PMID: 17268535

Category:毛髪・毛、育毛

↑BTW


   記事ごとのページ



2003/07/21

ライオンが毛根細胞の増殖を促進する新育毛剤を医薬部外品として認可させ年内にも発売の予定
ライオンが毛根細胞の増殖を促進する新[[育毛]]剤を医薬部外品として認可させ年内にも発売の予定

ライオンは以前から「6−ベンジルアミノプリン」という物質が育毛に効果がある事を突き止めており、効能をはっきりうたえる医薬品として発売する道もあったが、日一日と髪の毛が気になる人のために医薬部外品として早期発売を目指したそうです。

日本で医薬品として開発するほどバカらしいことは無いですからね。

6−ベンジルアミノプリンはBMPephrin等の遺伝子発現を増加させることも確認されています。

Category:毛髪・毛、育毛



2003/01/24

花王、毛母細胞の増殖を促進する育毛剤(nikkei)
花王、毛母細胞の増殖を促進する[[育毛]]剤(nikkei)

新成分「t−フラバノン」を含む。これは高い育毛能力を持つ西洋オトギリ草の成分をまねて高い育毛能を持つようにした物質。
健康な毛母細胞は4−7年成長して生え替わって行く。髪が薄くなるのは成長期間が短くなるためであり、この成分は毛母細胞の成長を促し、髪を健康な状態に近づける

Category:毛髪・毛、育毛