Amrit不老不死研究所のキーワード分類ページトップページに戻る↑B

ES細胞



----------このキーワードを使っている記事----------
1998/11/01:ヒトのES細胞を樹立した
2013/12/11:医学界No1の学術誌Nature Medicineが選ぶ2013年の医学の重要な進歩8つ
2008/08/21:ES細胞から大量の赤血球を生成、輸血用血液の無限供給も可能か(AFPBB)
2008/02/08:マウスES細胞から赤血球を大量生産(sankei.msn)
2007/09/12:ヒトのES細胞からインスリンを分泌するすい島(すい臓)様の固まりを作ることが出来た

1998/11/01

ヒトのES細胞を樹立した
ヒトのES細胞を樹立した

正常な核型を持ちヒトの胚盤胞を由来とする、多能性を持った細胞株を樹立した。この細胞は高いテロメラーゼ活性を持ち、ES細胞としての細胞表面マーカーを示していた。この細胞は4〜5ヶ月間、分化させないまま培養した後、三胚葉の細胞に分化する事が可能であった。具体的には胃の上皮細胞、軟骨細胞、骨細胞、筋肉細胞、神経細胞になることが出来た。この細胞はヒトの発生段階の研究、創薬の研究、移植医療に有用だろう

Category:幹細胞

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄



2013/12/11

医学界No1の学術誌Nature Medicineが選ぶ2013年の医学の重要な進歩8つ
医学界No1の学術誌Nature Medicineが選ぶ2013年の医学の重要な進歩8つ

 医学界No.1の権威ある学術雑誌Nature Medicineが今年の重要な医学の進歩を8つの分野について紹介しています。

 8つの分野は「再生医療」「免疫学」「マラリアワクチン」「若返りホルモン」「新たな鎮痛メカニズム」「ゲノム書き換え技術」「癌細胞の悪性化メカニズム」「糖尿病治療ホルモン」です。

Nature Medicneは毎年この手の発表をしており、2012年、2011年の内容は下記で紹介しています。


(省略されています。全文を読む

Category:1年間のまとめ記事

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄



2008/08/21

ES細胞から大量の赤血球を生成、輸血用血液の無限供給も可能か(AFPBB)(/.jp)(ACT社プレスリリース)
[[ES細胞]]から大量の[[赤血球]]を生成、輸血用血液の無限供給も可能か(AFPBB)

Biological properties and enucleation of red blood cells from human embryonic stem cells(Blood 2008)

Advanced Cell Technology(ACT)社の研究者らがBloodに発表。

6wellプレートから10^10〜10^11個の赤血球を作れるそうだ。

Category:血液・人工血液

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄



2008/02/08

マウスES細胞から赤血球を大量生産(sankei.msn)
マウス[[ES細胞]]から[[赤血球]]を大量生産(sankei.msn)

理化学研究所の中村幸夫らのグループが成功、発表はPLoS ONE

Establishment of Mouse Embryonic Stem Cell-Derived Erythroid Progenitor Cell Lines Able to Produce Functional Red Blood Cells
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0001544

研究グループはES細胞から赤血球を生み出す3種類の前駆細胞を作製、この細胞をマウスに移植すると赤血球が作られた。この細胞を重度の貧血マウスに移植した場合では、治療を行わないマウスが8匹中1匹しか生き残らないのに対し、この細胞を移植したマウスでは7匹が生き残り、治療効果が認められた。

ただし、今回作った赤血球は通常内はずの細胞核が9割の赤血球に残っており、まだ不完全と言える。この核は放射線を当てて取り除くことも出来るそうだ。

Category:血液・人工血液

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄



2007/09/12

ヒトのES細胞からインスリンを分泌するすい島(すい臓)様の固まりを作ることが出来た
ヒトの[[ES細胞]]から[[インスリン]]を分泌するすい島(すい臓)様の固まりを作ることが出来た

発表したのはアメリカのGeronという会社の研究者。
作り出した固まりはグルコース(糖分)の濃度に応じてインスリンを産生する機能を持っていました。

研究者はこの固まりを血清無しの培地で36日間で作り出します。
その他に加えたのはSodium Butyrate、 Activin A 、これらの添加によりCXCR4とSox17、Foxa2などを発現する内胚葉塊になり、そこからPdx1発現すい臓細胞に分化するそうです。

Category:人工すい臓・糖尿病

↑BTW


           記事ごとのページ・コメント欄