妊娠中に母親がピーナッツを食べると、生まれた子供がピーナッツアレルギーになる可能性が高まるという報告(CNN) (カテゴリー:免疫・アレルギー・自己免疫疾患)


2010/11/03

妊娠中に母親がピーナッツを食べると、生まれた子供がピーナッツアレルギーになる可能性が高まるという報告(CNN)

アメリカ、マウントシナイ医科大の医師らがJACIに発表。母親が妊娠中にピーナッツをたくさん食べた場合ほど、子供が陽性を示す率が高まることが分かった。(ただし、アレルギーテストのみで実際に子供がピーナッツアレルギーを示すかどうかは分からない)

この研究結果には賛否両論あるようです。

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患

 Keyword:【妊娠/10】 【アレルギー/8】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/11/17骨髄移植でHIV治療が可能
2008/11/13花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功(yomiuri)
2007/05/23Toll-like receptor:TLR様受容体
2007/05/23獲得免疫の仕組み
2007/05/23樹状細胞(dendritic cell)
2007/04/25ADCC活性
2007/05/23CD34抗原
2007/05/23レギュラトリーT細胞(regulatory T cell)
2007/04/24花粉症緩和米の安全性評価試験結果が発表される


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

iPS細胞を効率的に作製するための方法に関する研究進捗(2006-2011)(幹細胞)479access
女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)465access
気まぐれな運動はかえって太る〜運動によりやせるためには男性で週32km以上、女性で16km以上必要(運動・エクササイズ)416access
p16(INK4a)タンパクが加齢に伴う老化を引き起こす(アンチエイジング・老化抑制)361access
赤ちゃんにとって最初の1年間の母親の影響は非常に大きい(子育て)359access

すべて見る


アレルギー

妊娠