肝臓の分泌するセレノプロテインPが血糖値上昇傾向を高め、]]インスリン]]抵抗性の原因となっている(yomiuri) (カテゴリー:人工すい臓・糖尿病)


2010/11/07

肝臓の分泌するセレノプロテインPが血糖値上昇傾向を高め、]]インスリン]]抵抗性の原因となっている(yomiuri)

新たな糖尿病治療薬の可能性になりえるとのこと

Category:人工すい臓・糖尿病



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
1970/01/01
2008/08/21ヒ素暴露が糖尿病発症リスクを増加させる可能性
2008/09/29ヒト皮膚細胞から作ったiPS細胞からインスリン産生細胞を作り出した
2008/04/24ゴーヤーから複数の有効成分を発見
2008/03/21膵臓は4E-BP1を使って糖尿病を防いでいる
2007/10/31ブタのES細胞は免疫抑制剤無しで糖尿病のサルを治療しうる
1970/01/01


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16637access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)6121access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)5920access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)4389access
太りやすさは腸内細菌の種類で変化する(ダイエット・メタボリックシンドローム)4079access

すべて見る