見えない色を見えるように練習する方法 (カテゴリー:目・視覚)


2010/12/16

見えない色を見えるように練習する方法

 人間の目は、「赤」、「青」、「緑」、「明るさ」の4種類の光受容体の集合体です。ただ、人間の目はエネルギー節約のために、それぞれの光受容体の信号を直接利用するのでは無く、それぞれの光受容体からの信号の「差」を使っているそうです。たとえば、例えば真っ赤なところを見ている時は、他の光受容体はサボっているって感じ。トレーニングするには、真っ赤なところをじっと見て、赤の光受容体が疲れ切ったところで、別の色を見ると、赤の受容体に影響されないで他の色が見れるそうです。
う〜ん、これは役に立つのか?(^−^;

 ちなみに最近の研究で、ヒトによって色々な受容体を持つヒトがいて、赤の光受容体に関して、「真っ赤」を認識する受容体を持つヒト、「橙色」を認識する受容体を持つヒト、両方持っているヒト。がいるらしいです。赤色受容体はX染色体に乗っているので、染色体XXである女性が両方持っている可能性があるとのこと。

 それぞれの受容体の量比もヒトそれぞれでとんでもなく個人差があり、本当に極端にどれかの色の光受容体が少ないヒトが「色盲」と呼ばれるだけで、それ以外のヒトも、成長過程で社会的に「実際に受ける光刺激」と「色の名前」の関連づけが行われるから一見誰もが同じような世界を見ているように振る舞うようになるけど、ヒトごとに色からどのような刺激を受けているかは大きく違うとのこと。奇抜な色の服を着ているヒトは別に変わり者なわけじゃないかもしれませんよ。

Category:目・視覚



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2010/09/13近視に関連する原因遺伝子を特定。
2008/03/17人工の眼で視力を回復する
2008/03/21緑藻の遺伝子を使って、失明したラットの視力を回復
2008/02/08ES細胞から効率よく視神経を作製


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4126access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)2350access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)2309access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)1664access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)1607access

すべて見る