精子を使用せず、卵子のみから発生させたマウスは体の大きさ3分の2で、寿命1.3倍 (カテゴリー:性・生殖(記事数:40))


2011/06/09

精子を使用せず、卵子のみから発生させたマウスは体の大きさ3分の2で、寿命1.3倍

研究は東京農大の河野友宏教授と佐賀大の川原学准教授ら。
ほ乳類には精子、卵子のどちらから受け継いだかによって遺伝子をON/OFFされているインプリント遺伝子がある。
この研究者らは、卵子内の遺伝子を「精子型」に機能させる方法を確立し最初のマウス「かぐや」を2004年に発表し、研究を続けていた。

Category:性・生殖



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=11

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


精子

■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)16108access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16033access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)13027access

すべて見る