ポテトチップスなどの脂質を含む食事が止められない理由はマリファナの使用と同じ理由 (ダイエット・メタボリックシンドロームのカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2011/09/07

ポテトチップスなどの脂質を含む食事が止められない理由はマリファナの使用と同じ理由

ポテトチップスなどの脂肪分が多い食べ物をついつい食べ過ぎてしまった経験はありませんか?。今回、このメカニズムを明らかにする研究が発表されました。発表したのはカリフォルニア大学の研究者ら。

Endocannabinoid signal in the gut controls dietary fat intake(腸管の末梢のカンナビノイド信号が脂質の摂取をコントロールする). Proc Natl Acad Sci U S A. 2011. PMID:21730161

 研究者らによるとポテトチップスなどの脂質を食べると腸でマリファナ(大麻)と同じ作用を持つカンナビノイドと呼ばれる物質が作られるそうです。カンナビノイドもマリファナと同じ作用を持ち人体に恍惚感を感じさせ、もっと脂質を食べたくなると予想されます。これは今のように食生活が豊かになる以前、カロリーの豊富な脂質を多く摂取出来るように人体に備わっていた機能のなごりだと予想されます。

また、面白いことに、腸でカンナビノイドが作られるのは、脂質が口に入ってすぐ始まることが分かりました。脂質が腸に到達しても無いのにどのような仕組みなのでしょうか。

 研究者らは、これらの発見をラットを使って解明しています。実験ではラットの胃袋を縛り食べたものが腸に行かないようにして脂質、タンパク質、糖質等を食べさせる実験を行いました。すると脂質を食べさせた時のみ、腸管でカンナビノイドが作られました。仕組みを解析すると、舌に脂質を認識する仕組みがあり、神経系を通じて腸管に命令を出し、そこでカンナビノイドが作られ始めるようです。そして、ここで作られたカンナビノイドが脳を刺激し恍惚感を感じさせ、もっと食事をするように促されます。

 元気を出したい時は、肥満にならない程度の少量の脂質を口に含むと良いかもしれません。ひとかけらのチョコレートなど効果的でしょう。ただし恍惚感に影響されて2つ目、3つ目と食べると肥満につながってしまうので注意です。

※体内で作り出されるカンナビノイドは2-AGとAnandamideの2種類。脂質を食べることにより腸管の血中濃度が2倍程度(それぞれ20→40nmol/g、10→20 pmol/gになっているようだ)

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム / 59



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2011/10/26肥満はAd-36ウイルスによって感染する
2011/08/01リバウンドしてしまうとしても懲りずにダイエットする事で長生き出来る
2011/07/01「吸収されにくい油」で、むしろ体重が増加しうるという動物実験結果が発表される
2011/02/18ダイエットするには朝食を減らすのが良いとする研究
2011/02/18冬に寒さに晒されなくなった事が先進国での肥満増加に関わっている
2010/12/21たくさん食べる人は空腹時に運動することが重要
2010/04/03朝、高脂肪食を食べると平気だが、朝、炭水化物ばかりを食べて、夜脂肪をとると、肥満、糖尿病になる
2010/05/10COX2は白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える作用がある


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)2356access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)1790access
バファリン4分の1錠を毎日飲むとガンで死ぬリスクが低下する(ガン・腫瘍)1092access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)968access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)966access

すべて見る